2016年12月31日

歯医者の不養生

人並みに歯医者嫌いのわたくしではありますが、嫌いで済まされないほど、口の中が情けないありさまになってきました。そして過去の治療に関して、二次カリエスのほかにも憂うべき事項が出てきたのです。

勇気を奮って、某歯科を受診しようと決めました。
ネットで評判を見ると、かなり低め。

もっとも、ネットの口コミが当てにならないとは承知しています。
口コミ運営サイト自体にいかがわしさが漂うとかはさておき、無知な患者たちに歯科医の腕前なんて判断困難です。せいぜい、受付の感じがいい、歯科衛生士が美人、先生が優しい、日曜もやってる、駐車場がある・・・。中には、待合室に好きなコミックが全巻そろってる、なんてことで高評価しちゃう人も。

にしても、そこの受付は失礼なものでした。
予約に際して名前を訊かれたので、「ルノです」(仮)と答えたら、「えーと、ルノですね」と、何か書き込んでいるもよう。少し経って「あ、ルノさまですね」と言い直し。

受付は手のすいたスタッフが適宜おこなっているようです。
経営上はそのほうが合理的です。受付担当者を常駐させておけば、事務処理はスムーズでしょうが、人件費も余分にかかるから。

まあまあ。気持ちを抑えて、初診の日。
診療椅子に座ると、やや若い男性が来て、口の中をのぞきました。私が「問診票にも書いたように、金属アレルギーが心配なんですけど」と訴えますと、何もせずに無表情で「少々お待ちを」と、引っ込みました。

ほどなく現れた中年男性・・・満面の笑みを浮かべ、もみ手をせんばかりのポーズが見え見えの院長先生でした。
そして、口の中の金属がいかに全身に悪影響を与えるかというような話を、とうとうと述べ立てるのです。うちはメタルフリー治療のみやっておりまして、患者さんにも、オールセラミックにして、アトピーや肩こりや耳鳴りが治った人がいっぱいいますよ。痩せたり、シミ、シワ、白髪が少なくなることもあるし、云々。私がシミシワ白髪だらけのデブとでも言いたげな。

なんとわかりやすい構図でしょ。

あの若造が「院長院長、銀歯だらけの客が来て、金属アレルギーを心配してますよ。ボロ服着てるけど、手首のロレックスはホンモノっぽいしぃ」などとご注進に及び、院長は「銀歯30本をセラミックに替えれば、1本10万として300万。これでCTのローンや飲み屋のツケを払って・・・ムヒヒヒ」と頭の中でソロバンはじいたのか(ほとんどモーソー)。

私が「ええ、でも、あの・・・」と、モゴモゴしていると、ますます熱っぽく顔を寄せてきまして、う、むっ。このセンセ、口臭つおーい。かつて歯科医の口臭でひどい目に遭った記憶が蘇ったのでありました。

口臭意識が低かった昔と違い、「口臭外来」を設ける歯科もあるのに、まだまだ無頓着な歯医者が多いんですね。
そういえば別のところで、コホコホと咳をしていてマスクから嫌なにおいの息がもれてくる衛生士に出会ったことがあります。一時的な症状だとしても、風邪をうつされないかとひやひやしました。

お口のプロでさえこうならば、一般人たるわたくしなんかすごくヤバいかもと、身を引き締めさせる効果はあるのですが、ちゃんと指摘してくれる人ってなかなかいないので、とりあえずの対策はせっせと歯磨きするくらい。

その院長先生は、患者に対してはにこやかなのに、部下を不機嫌に怒鳴りつけたりする、やけにむら気な人であることが、そこにいた40分程度で見て取れたのです。
これじゃあ、「院長、今日は仁丹お忘れでは?」なんて、冗談めかしても言えないだろうなと、同情してしまいました。

きっと単純な性格で、人間は悪くないようです。ここを選んだのは、メタルフリーを標榜していたからで、セラミックに関する技術には長けているに違いない、思い切って任せてみようか。と思案半ば。

すると、レントゲン画像を示しながら、「このさし歯は芯が長いから、取り外すとき歯が折れるおそれがある」とか、口の中を見て「ここの詰め物が半分外れている」などと、妙に不安を煽ることばっかり言うのです。むろんそこは外れてなどいません。
どうやら歯科医としての能力も危うい印象。

ようやく私が「それで、金属アレルギーの検査はしていただけるんでしょうか」と尋ねると、そっけなく「そんなの、どこの皮膚科でもやってるでしょ」

金属は危ないと言いながら、検査体制さえ整えていないなんて。
何しに来たかわからん。と内心ぼやきながら、その歯科医院を後にしたのでした。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:39 | 口内荒廃
2016年12月13日

男の襟足

女性のうなじや襟足は、そこはかとないお色気が発現する部位として好ましく感じる男性が多いようですが、はてさて男性の襟足は、女性にとってどうなんでしょう。

五木寛之といえば、「めったにシャンプーしない人」として有名です。
この人の小説には没興味ですが、先日エッセイを読んだら、30年前に書いた「年頭の誓い」とやらのひとつが『月に一度は洗髪をしよう』というものでして、ずいぶん年季が入っているんだな〜と、感嘆しました。

「癌は放置せよ」の近藤誠が五木寛之の指導のもと、シャンプーしない訓練にチャレンジして、1か月で挫折。以後は週に1度洗っているとか。
ボディは基本的にお湯で流すのみだが、週一シャンプーでは首の後ろの汚れがひどく、そこだけ石けんを使わざるを得ないらしい。

シャンプーしないから襟足が汚れるなんて、がん患者が死ぬのは抗がん剤のせい、と同じくらい短絡的な論理じゃないのかね。

はっきり言います、男ってのは襟足がキタナイ生き物だー。

「勝手に決めつけるなよ。オレはいつもきれいにしてるぞ」
お怒りの殿方もいらっしゃいましょうが、洗う洗わないの問題ではなく、首から出てくる物質が女性とは違ってるんじゃないかって気がします。

会社勤めをしていたころの話です。単身赴任の部長が、「白洋舎に出したワイシャツの襟汚れがちっとも落ちてないから、文句言って洗い直させた」と憤懣やるかたないようす。
「1週間くらい着まくってから出したんじゃないですか」とおちょくったら、「失礼なっ。1日着たらクリーニングするようにしている」と、ますます憤慨してしまいました。
その人は、いかにも脂ギッシュなおじさん、ではなく、色白でどちらかというと清潔そうな印象だったので、見かけによらないもんだと記憶に残っています。

ときたま古着屋でメンズ衣料を買います。
等身大人形に着せたこともあり、自分で着用することもしばしば。

服を選ぶ際のチェック事項は、おおざっぱに、デザイン(形、色、柄、素材)、サイズ、価格ですが、古着では「状態」が加わります。色あせ、縮み、毛玉、擦り切れ、傷み具合など。

私の場合、まず価格。次いでデザイン。
サイズにはあんまりこだわりません。SでもLでも着ちゃいます。(どーゆー体型してんだ?)
使用感はわりと歓迎。パリッとした新品よりも、気分的に落ち着くものです。

それでパパッと衝動買いし、家に帰ってからしまったなあと思うことが何度かありました。

全体にまあまあ良い状態でも、襟がひどいってケースが多いのです。

綿麻混の襟つきカーディガンは、襟の折り目の汚れを落とそうと、ブラシに洗剤つけてこすったけど、無駄でした。汚れではなく、繊維の変質・変色だったのです。しかたなく、その部分をうんとけば立てて、目立たなくして着ています。ブランド品だし、ほかはきれいなので、残念。まあ、価格相応ですけど。

これはかなり使用感ありのイミテーションスエードのジャケット。安いし、アウターだからいいや、と購入決断。

茶色のジャケット

よく見たら襟はボロボロ。どういうふうに着たら、ここまで損傷するの? 首筋から腐食性のガスでも湧いてるんじゃないかしら。

8個あるポケットの中を掃除機で吸い、ダウン入りライナーとフードは取り外し、いっしょに洗濯機にブチ込んで、普通にお洗濯。
完全に乾いたあと、襟にファー布をまつりつけ、表側をすっぽり覆いました。
雰囲気をそろえるために、フードも同じファーで縁取り。スエードは針が通りにくい上、へたすると中からダウンが飛び出るので、慎重に縫う必要があり、やや手間取りました。
薄くなった袖口も、裏側に折って縫いました。

見ばえが向上し、暖かさも増した感じ。昨今は暖冬傾向だから、防寒は重要ではないんですけど。

ファーつきジャケット

男性諸氏には気に障ることも書きましたが、なにとぞご寛容に。
もしほんとうに男性の首から独特のものが分泌されるとしたら、もともとは女性を惹きつけるためだった可能性があります。ならば男性の襟足に魅了される女性がいても不思議はないかもね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:30 | コメント(0) | トラバ(0) | 下着・ファッション
2016年11月30日

歯医者くさい

歯医者さん大好き、毎日でも行きたい。なんて人はこの世に存在しないんじゃないでしょうか。
とは言い過ぎにしても、私も極度の歯科恐怖症。

昔の詰め物が外れたときは、やむを得ず、近所の歯科へ行きました。外れた金属を持参したら、お年寄の先生が、エアをシュッシュッして、再接着してくれました。

そのときは簡単に済んで良かったと安心したのです。
あとになって、蒼ざめたのでした。何十年前かの古い金属だから、その下では「二次う蝕」が進行していたはずなのです。確認もせずにつけ直すだけとは、なんたるヤブ医者。

その後加速度的に悪化しているのではとおびえつつ、どの歯だったのか、もはや覚えていません。
それくらいたくさんの虫歯治療跡があるのです。

新しい虫歯ができているのか、二次う蝕がどの程度はびこっているのか、自分では全く判断できないのですが、長年放置してきたのは、痛みがないから。
そういえばこれまでの人生で、歯が痛くて困った経験がないのです。

私の世代は「むし歯は早期発見早期治療」の洗礼を受けてきたので、最近なら経過観察で済ませるごく初期の変色であっても、小学校指定の歯医者に行かされ、ガリガリ削って詰め物をされました。

早めの処置が多かったせいか、歯医者でも痛い思いをした記憶はほとんどありません。

一方で、適切な歯磨き指導など全く行われず、結局虫歯だらけ。
詰め物は次第に大きいものに替えられ、いくつかは被せものに昇格し、抜髄も3本。それでも痛まずにやり過ごせたのは、じょうぶな歯茎と鈍感な神経のおかげかしら。
親知らずは4本とも抜いたけど、腫れも出血も軽微で、出された鎮痛剤も飲まず、すぐに快癒しました。

なのに、なぜ歯科恐怖?

そりゃあ、印象が悪い。

「印象」って言葉、このごろの歯医者では、あまり聞きませんね。患者にわかりにくいからでしょう。「型取り」などと説明しているようです。U字型のトレイに粘土みたいなものを入れ、歯列にかぱっとはめて、固まったらうにうに取り外すっての。

十代の終わりころ、矯正歯科に通って、何度か印象採型をされました。それがもう苦痛で苦痛で。すぐにオエッとなる体質なのです。
すぐに固まる材料ではあるけど、口を開けたまま吐き気をこらえていると、永遠の長さに感じられ、涙がボロボロ流れます。

あるとき、特に気分が悪くて、舌が勝手に動いてトレイを押しやろうとするのです。はめるのに何度も失敗した中年の男性歯科医がいらだち、「このくらい我慢しなきゃダメじゃないか。さあ、落ち着いて、鼻で大きく息を吸って」と言いながら、全身の力でトレイを押し込んだのでした。観念して鼻呼吸したとたん、うぎゃー!
医者の顔がすぐそばにあり、ものすごい口臭をまともに吸い込んでしまったのです。

オエッどころか、ゲロゲロ。

たいそう悲惨な結果になり、ずっとトラウマとして残ったようですが、具体的なことは思い出せません。脳の防御作用、かも。
当時マスクなんてしてる歯医者はいなかったなあ。あれほどの悪臭では、どうせ無駄だろうが。

結論:くさい歯医者は犯罪だっ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:43 | コメント(2) | トラバ(0) | 口内荒廃