2017年03月31日

サポセン怠慢

国内某大手メーカーのパソコンを、3年半ほど使用しています。
しょっちゅう異音を発したり、うなったりするし、処理が妙に遅くなることもあり、そろそろ買い替え時かとも思うけど、今までのところ深刻な故障には見舞われていません。

それでも、サポートセンターに頼ったことが3度あります。

どんな商品であれ、サポセンへの用事はトラブル発生時だから、フリーダイヤルでも24時間対応でも、電話は億劫なもの。
電話嫌いの私が勇気を奮ってコールするには、些細な件ばかりだったって気もする半面、メーカーの対応も不適切でした。

国内メーカーの製品にはたいてい、メーカー提供のアプリがうんざりするほどたくさん入っています。
その中には、時の経過や状況変化によって、プログラムの修正が必要なケースがあります。そういうとき、アップデートをしろという表示が出るんですよね。
内容をチェックすると、どうせ使わないソフトばかりだから放置するのですが、警告ポップアップがうるさくてしかたない。
やむなく手をかけてダウンロードし正常にインストールできたものの、なぜか毎日毎日メッセージが出ます。ちゃんと済ませたのにぃとぼやきつつ、再度アップデート。
それでもまだ警告が消えないのです。鬱陶しいったらありゃしない。

業を煮やしてサポセンに相談しました。
すると、アップデート後には、アプリ画面の端っこにある「更新」ボタンを押さないといけないのだ、と。
それならそうと、注意書きを載せといたっていいでしょもん。

ともあれアップデートは終了したのですが、どういうわけだかその後1度も、その種のメーカーアップデートは行われていません。

それより少し前、使い始めて間もないころ、バッテリの駆動時間がかなり短いことに気づきました。
パンフレットでは5.5時間となっていたのに、ACアダプタを抜いて使っていると、3時間も経たないうちにバッテリ切れの警告が出るのです。バッテリリフレッシュという作業(これもメーカーアプリのひとつ)を行い、バッテリの状態を良好にしておいても、やはり2時間余りでアウト。

不良品かしらと、サポセンに尋ねてみたら、画面の明るさや使用中のソフトの種類などで誤差が出るのだという説明。
私は標準よりも暗くしているし、重いソフトも使いません。誤差というなら、6時間になったっていいはず。
2時間が誤差の範囲とは、ずさんではありませんか。この会社では2、3時間の遅刻も誤差の範囲と許容してもらえるのかね。

納得できないと言うと、しばらく沈黙のあと、では点検に出していただき、バッテリに問題があれば交換します、と。
どうもその口ぶりでは、交換しても5時間以上になる見込みはなさそうだったので、話を打ち切りました。
点検に出ている間、パソコンを使えないのは不便です。
考えたら、どうせ室内で使うだけだし、持ち運ぶには重すぎるから、バッテリなんて不要です。性能表示に虚偽があったのは事実としても、それで困るわけではありません。

このパソコン、OSはWindows8でしたが、あの悪名高い強制アップデートに負け、とうとう8.1にさせられてしまいました。

特段の支障はなく、普通に過ごしておりましたが、ある日、前述の「バッテリリフレッシュ」を要求するメッセージ。
バッテリの性能を保持するために、3か月に1度行うことが奨励されているのですが、1回の処理に7時間から十数時間かかるから、面倒なのです。
どうせ使わないバッテリだからとほっとけば、メッセージがしつこい。バッテリが劣化するとパソコンに影響するらしいし、渋々やり始めました。

すると、突然異常終了。しかもその理由として「ユーザーがスリープ状態にしたから処理できませんでした」というような文面が。
ふざけんなよ、こちとらスリープにした覚えなんてないぞ。そもそもこのソフトの稼働中には、スリープにできない仕様になっているじゃないか。それをユーザーのせいにするなんて。

2、3度試みて無駄だったので、サポセンに苦情。
相手が言うには、マイクロソフトが勝手に8.1にしちゃったのが原因で、当社ではどうしようもない、と逃げの姿勢。
放置してくださいとのことでした。

ならばこの先ずっと、リフレッシュしろしろしろという警告に耐えないといけないのか。

それにしても、ユーザーに罪をなすりつけるあのメッセージにムカッときた人は多かろうし、ウェブでは非難ごうごうかもしれぬと検索したら・・・ごうごうではないにしろ、困った人々が知恵袋や教えてGooに投稿しているのを見かけました。
なるほど、サポセンよりも巷の知恵者のほうが当てになるというのが、まともな認識なのですね。

さらに調べると、なんだ、メーカーからちゃんと修正プログラムが出ているではないか。
サポートがそれを知らないとは、なんたる怠慢。

自力で修正可能とはいえ、設定を確認し、現行ソフトを削除し、ダウンロード、インストール、再起動・・・と、作業は面倒です。
だいたいね、こういう修正こそ、メーカーアップデートで最優先に行うべきでしょうが。会社あげて怠慢の極み。

どうにか正常稼働するようになり、年に2回ほど実行しています。つまり警告から3か月は無視してガマン。
終了するといつも「バッテリは良好です」と結果表示。2時間しかもたないバッテリが良好かどうかはともかく。

その後Windows10への強制移行は全力を挙げて阻止し、8.1のまま現在に至ります。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:25 | パソうつ
2017年03月29日

リンゴの呪い

イギリス人は歩きながら考える。
と言ったのが誰なのかは知りませんが、私に言わせれば、イギリス人は歩きながら食べる。

地下鉄がタバコOKだった時代、喫煙車両の床には吸い殻がいっぱい、禁煙車はチョコバーの包み紙だらけ。
地上に出たら、風の強い日には、これまた無数のチョコバー紙が空中乱舞していて、公衆道徳なんぞどこへやら。

スーパーマーケットから出てきた女性が、今買ったばかりの牛乳パック(1リットルくらいの大きさ)を片手でこじ開け、口をつけて歩き始めたのにはビックリ。あれ1本飲み切るつもりだろか。飲み終えたら、紙パックをポイするんだろか。

そんなの遠い昔の話だと思っていたら、歩きスマホが普及しつつある現代でも、状況はあまり変わっていないのかも。

日本人の知らない日本語』(蛇蔵&海野凪子)は、日本語について面白おかしく解説したコミック。日本語だけでなく、日本国を再発見できる、興味深い内容です。
その海外編は、著者たちのヨーロッパ探訪記です。
英国でバナナの皮を踏んで滑った体験を紹介し、ギャグマンガのようなできごとが現実に起きうる国だという意味のことを述べています。そんだけ食べ物の残骸が道に落ちてるってこと。

さて、チョコバー包装紙と並んで目につくのがリンゴの芯でした。

八百屋で買ったリンゴを、Tシャツの裾でちょっとこすってそのままかじりつく・・・いかにもヨーロッパらしい小粋なしぐさですね。

これを日本で真似ようとする勇者は、まずいないでしょう。

向こうは気候が冷涼なせいか、さほど手をかけずともリンゴが育つようです。
温暖多湿のわが国ではそうもいきません。
収穫までに何百回も農薬にさらされたリンゴを、洗わずに皮ごと食べるのは、健康放棄の暴挙。

しかも日本のリンゴは大きすぎ。イギリスで一般的なリンゴは、日本人の胃にも軽く収まる、小ぶりなものでした。

日本ではリンゴは大きければ大きいほうがいい。生産者・販売者たちはそう信じているようです。だから農薬もよけいに必要。
超巨大りんごを開発し、『世界一』と名づけて悦に入るなんて、全くもって日本的。

リンゴが大きいのは、消費者にとってメリットが少ないのです。
1度に1個まるまる食べるのは胃に負担だし、切ったらたちまち茶変。塩水につけても、保存すればどのみち劣化します。
単身世帯ではリンゴなんて買わないんじゃないでしょうか。

リンゴの消費を増やすには、温州みかんほどの大きさで、甘くかわいいリンゴを創出すべきです。

なにしろ私、大きなリンゴでひどい目に遭った経験があるのです。いや、真実はリンゴのサイズではなく、自分の食い意地が張ってたせいだけど。

ある日の夕食後、なんとなく食べ足りなくて、冷蔵庫や戸棚を漁ったら、すぐに食べられるものといえば、実家からもらってきた大きなリンゴか大きなキンカンしか見当たりません。

通常、フルーツは朝か昼、それも食前に食すことにしています。
酸味が強く消化のいい果物を食後に食べると、すでに消化中の食べ物にはばまれて胃にもたれると聞いたことがありましたから。食事の30分前が理想ともいわれますが、私はたいてい直前。

しかしその日の「なんでもいいからもっと食べたい」気分は強力で、キンカンでは満足できそうになかったから、結局リンゴの皮をむき始めました。柿などは食後に食べることもあって、特にどうということはなかったし。
そのリンゴ、正味(可食部分)300グラムくらいあったんじゃないかしら。せめて半分にしておけば良かったのだけど、朝と昼で分けるのならともかく、夜と翌朝では時間があきすぎて不味くなっちゃう。とか言い訳し、ゴーインに完食。

案の定というべきか、しばらくして胸焼けが襲ってきました。胃から酸っぱいものが絶え間なくこみ上げてくるのに、嘔吐やげっぷには至らず、行き場のないかたまりが中途半端にうろうろしている感じ。

水を飲んでも歯磨きしても、おなかをさすっても治まらず、えーい寝ちまえ、寝て起きりゃ別の日だあと、誰かの言葉を引用して寝てしまいました。こんなに気持ち悪い状況でもちゃんと眠れるのが不思議。

あとで調べたら、最悪の選択だったようです。胸焼けがひどいとき横になると、胃酸が逆流しやすくなり、食道にダメージを与えるそうな。ヘタすると、口の中までただれることもあるとか。

そんなことつゆ知らず、翌朝は意外にすっきりと目覚めました。ああ治った治った、さすがはわが鉄胃さま。

もう食後のフルーツはこりごりだいと、朝食前にキンカンをぱくり。もぐもぐ、ごっくん。
ズッキン。
食道を下りていったキンカンのかけらが、胃の入り口付近で引っかかるような感触。とともに痛みが走るのです。キャー、これが逆流性食道炎ってものかしら。
胃は鉄製でも、食道はひよわだったのね。

炎症に酸っぱいキンカンは刺激が強すぎると、半分で放棄(これは茶変しないからね)。ご飯とお味噌汁なら大丈夫だろと、食べ始めたけど、何を食べてもやっぱり痛いのです。
よく噛んで、1度に飲み込む量を少なくし、時間をかけて食事を終えました。

病院には行かず、その後しばらくは、食道をいたわりながらゆっくり食べてやり過ごし、自己治癒力が幸いしたのか、痛みはなくなりました。
すると、喉元過ぎればなんとやらで、いたわりなど忘れ去り・・・。

もともと私は大食の傾向があるのですが、それまではよっぽど暴飲暴食しない限り、胸焼けなんて起こらなかったのです。しかしあれ以降、少し食べ過ぎると胸が詰まるような感じになってしまいます。

それはそれで歓迎すべきじゃないか、食べる量をセーブしなさいってことだよ。
わかってはいるけど、つい食べ過ぎてしまうのが情けないなあ。果物じゃなくて、もっぱらお菓子の食べ過ぎなんですけど。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:44 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
2017年02月28日

白薔薇吐息

口臭を指摘してくれる人がなかなかいないと書きました。家族でも、正直に言ってくれるとは限らないし。正直に言われたらへこみそうだし。

ふと思い立って、空気清浄機のセンサーに、はぁ〜っと息を吹きかけたら、とたんレベルが一段上がり、風速が強まりました。ショック。

タマネギ食べたばかりだからねと慰め、ていねいに歯磨きをして、もう一度ハーしたら、やっぱりレベルが・・・。もっとショック。
きっとミントの香りに反応したんだ。って、おい、往生際悪いぞ。
何度か試したら、はぁ〜だとやばいが、ふーっは無視されるみたい。

『百物語』(杉浦日向子)の中に、あまりぱっとしない侍が、うたたねの最中天女にキスされた話があります。以来常に口中から芳香が漂い、生涯続いたとか。
そういう話が生まれた背景には、口臭に悩まされる人がたくさんいたのだと思われます。
現代ほど歯磨きの習慣がなかったようだし。

とはいえ、口臭の原因は口内だけに限らず、胃や鼻の不調や疾患もかかわるので、歯磨きだけでは防げないケースも。
全身の健康に気を配ることが大切なのですね。

たとえ健康でも、生理的口臭は誰にでもあるといわれます。気にしすぎると、ストレスたまってますます口臭がきつくなるよ。って、やっぱ往生際が悪い。

ところでわが家の空気清浄機、空気の汚れの程度を示すモニターの表示は、緑・黄・赤の3段階ありまして、赤になることはめったにありません。
設置場所はテーブルの中央から80センチほどの距離、台所からは4メートルくらい離れています。

食事を始めると、たいてい黄色になります。くさいものを食べてるつもりはないのに。
台所のオーブンで塩サバを焼くと、換気扇を回していても真っ赤に。先日、白菜漬を切っていたら赤になりました。うーむ、たくあんよりも香りは薄いと思うけど。

テーブルで合成ゴム系ボンドや除光液を使っていたら赤になったこともあります。
生乾きのコロスキンや、蓋を取ったラベンダーオイルのボトルを近づけても赤。揮発性のものはかなり強力みたいです。
むいたデコポンの皮にも黄色く反応。丸ごとだとなんともないけど、柑橘類をむくと皮の外側から油系の香り成分が飛び出すのです。手がべたつくのはそのせい。

デコポンとラベンダー

悪趣味ながら、脱いだソックスを近づけても無反応。ううう、私の口は足よりくさいのか。
汗をふいたハンカチなどは感知しません。

匂いの良し悪しではなく、強さが問題なんでしょうね。

もしも私のもとに天使か何かが降りてきて、口から薔薇の香りが漂うようにしてくれたとしても、やっぱり空気清浄機は反応するはず。って、しつこく往生際が・・・。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 16:45 | コメント(0) | トラバ(0) | 口内荒廃