2016年03月29日

古いセル

ずっと前、フリーセルについて書いたことがあります。

シンプルながらも奥深く、ちょこちょことやっていました。連勝を伸ばそうと、つい時間を忘れて熱中したり・・・。

しかし、2013年夏にパソコンを買い替えてから、中止を余儀なくされました。

なにしろXPからWin8への激変で、慣れるまでがたいへん。というより、あまり慣れたくなくて、電源を入れるのさえ1日数分程度。最低限のことしかしていなかったのです。年を取ると、新しい物事に、脳がついていけないのです。って、同じようなこと、XPを導入した当時もぼやいてなかった?

少し落ち着いたころ、8にもフリーセルが入っていることに気づき、ちらっとトライしたのです。

これがもう、やりにくいったらありゃしない。
グラフィックが無意味に凝っていて、クリックのたびに音が出るし、一度でうんざり。こんりんざい手を出すもんかと、お蔵入りとなりました。

以来、長らくご無沙汰。そのままだったら平穏無事だったんですけどね。

このごろ、魔が差したというか、あの旧式フリーセルを新しいパソコンでもできないかしらと思ったのです。
調べたら、非常に簡単に移行できることがわかりまして・・・。

このページに載っていました。
http://omoituitaoboegaki.blog79.fc2.com/blog-entry-12.html

さっそく実行。私の場合、XPからfreecell.exe とcards.dllを取ってきてペーストしました。
それだけでなつかしの古いフリーセルが再現できました。

それでまた、ちょこちょこやるようになってしまいました。

XP時代から通算すると、かなりの回数遊んだようです。

ニブい私はなかなか奥義を窮めるに至りませんが、心がけるべきは、フリーセルを2つ以上空ける、空白列をひとつ以上設ける、など。カードをフリーセルに置くときは、戻ってくる位置をあらかじめ確認しておくこと。

とはいえ、そうそう思い通りに運ばないのが世の常。私はなにかとみっしり埋めちゃいます。
フリーセル

標準的なゲームの進め方としては、4種のカードのうち赤黒を含む2〜3種を、ホームセルにAから3くらいまでそろえ、下のカードは上げずに整えていき、最後にだーっとなだれのように終了させる、という感じです。

たまーに妙なものに出くわします。こういう上げ方ができる例って、めったにないでしょうね。
フリーセル
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:25 | コメント(0) | トラバ(0) | レトロ
2016年03月28日

モスべた

珍しく、人形が売れました。
雪の舞い散る寒い日のこと。郵便局から送付しての帰り道、橋の上からふと川面を見ると、水が凍っていました。

石を投げれば沈みそうな、みぞれのような凍り方で、北国の人々にはせせら笑われそうですが、この町では何十年ぶりかの珍しい出来事ではなかったかしら。春には子連れのカモが泳ぐ、わりと広い川です。上流の狭い部分ではもっとしっかり凍りついていたはず。

こんな日は早く帰って鍋焼きうどんでも・・・なんてことは思いつきもせず、何か珍しいものでも食べたい気分。
すると、橋のそばのモスバーガーが目に留まりました。

で、入って、買い求めたのでありました。

モスバーガーが珍しいのかって?
私は食べたことがありませんでした。

若いころはマクドナルドによく行ったものだし、ロッテリアにも何度か・・・。だけどモスは高級そうなイメージで、敬遠していたのです。もっとオトナになったら、思う存分モスバーガーを、とかね。
もっとオトナとは、もっとオカネモチってことです。当時は年齢とともに給料が上がり、お金がたまっていくと信じていました。ああ、バブルがなつかしい。
現実には、年を取ればとるほどビンボになっちゃいまして、100円マックにさえ手を出したことがない。

ともあれ、モスを抱いて急いで帰宅しました。

買ったのはいっとうポピュラーそうなモスバーガー1個だけです。
提げポリ袋の中に、紙袋。それを開けると、紙に包まれたモスバーガーと、たたまれた白い紙。つるつるしてあまり水気を吸いそうにないけど、紙ナプキンってやつですね。それが5枚も。
なんだかちっともエコじゃないなあと思いつつ、冷めきらないうちにと食べ始めたのでした。

食べ終わるころ、5枚の紙ナプキンは使命を果たして全滅。
テイクアウトにしてよかった、と安堵しつつ、手と口のまわりを洗い、「モスバーガー 上手な食べ方」を検索したのでした。

こんなん、オトナ向けの食い物じゃ全然ねえやい。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 18:34 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
2016年03月09日

のぼり裏読み

街を歩くと、いたるところで遭遇する布看板・・・幟(のぼり)。
薄い布に文字やマークを染め抜き、棒に取り付けた、旗の一種です。その棒はコンクリートの台に差し込まれていることが多いけど、柵や柱にくくりつける簡易型も。

旗との構造上の違いは、上にも棒があるってことでしょうか。これにより、よじれたり二つ折りになったりすることが少なく、長方形を保ちます。
どちらかというと象徴的存在の旗に対し、のぼりは、見てもらう、読んでもらうという実用性を担っているのです。

裏側は当然裏返しです。鏡像っていうんですか。
確率は半々のはずなのに、なぜか裏側が見えることが多いような気がしませんか?

日本の高い技術力をもってすれば、薄い布でも両面同じ(別々)に印刷するのは不可能ではないだろうに・・・そんなことにおカネをかけるのは、ばかばかしいってことかな。のぼりの魅力はそのチープさだから。
第一、のぼりの裏が見えたからって、気にする人など皆無でしょう。

私だって、気にしたことなんかなかったけどね。

ウォーキングの途中。えっ、ランモって何?

風景

もちろんほんの一瞬のこと。通り過ぎて振り返るまでもなく、読めましたが。

原因は稚拙なレタリングじゃい、などとぼやきつつ、なにしろ転んでもただ起きしない性分ゆえ、これをランモと読んだわが脳のメカニズムを、うだうだ分析してみたのでした。

のぼりが裏返っていることはすぐに判断できるので、上の2文字については、そのつもりで「ラン」と解釈したわけです。
こういうシンプルな文字デザインでは「ン」と「ソ」も紛らわしいことがあるけど、脳内で語彙検索をして「らそ」で始まる単語はめったにないので却下したのかも。ここまで0.02秒としましょうか。

しかしながら、次の文字に移ったとき、それまで裏返しを前提に解読してきたことを忘れ去るほど強烈に、それが「モ」そっくりだったということなのです。
再度検索が行われ、当然のこと「ランモ」という単語は存在しない。ここでやっと違和感。きっと0.42秒以上かかったでしょうね。

朝の9時から化粧品店で「美味しいランチ」だなんて。
それはいいとして、さらに歩きつつ、脳は活発に検索を行い、あるものを連想したのです。

サッチャー錯視。

なんだか似ていませんか。

サッチャー錯視をご存じないかたは、ネット上に事例がわんさとあるはずなので、ご自分の目でご確認ください。
(私も同様のものを作ろうとしたけど、どうもうまくいかなくて・・・)

「確認して帰ってきたぞ。どこが似てるんだ?」

まあつまり、共通点としては、「人は自分の見たいように見る」ということです。
見たものが不自然だったら、自分で都合のよいように、整合性をでっちあげるのです。「ランモ」のどこに整合性が?

目から脳に送られた情報は、取捨選択と修正を加えられ、再構築されます。それが普通です。
あなたと私の脳は違うから、同じものを見ても、決して同じには見えていないのです。

ある意味便利で、そして非常に危うい機能でもあります。

日本人の中途失明原因のトップは緑内障だとか。
視野がだんだん欠けていって、最後には見えなくなるのですが、進行はわりとゆっくり。視力は大切なのに、どうして見えなくなるまで放置するのでしょう。

それが脳補正の怖さなんですね。
多少見えない部分があっても、まわりの状況から適当にそれらしい画像を作って補うのです。
まずは片目だけ起こることが多いから、正常な目がカバーするということも行われます。
だから相当悪化するまで自覚できず、眼科に駆け込んだときは手遅れってことに。

そういうことを聞き、ときどき片目を交互につぶって、視野をチェックしていますが、左右の視界の明るさが明らかに異なることに、このごろ気づきました。それって、ヤバいですよねえ・・・。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 11:55 | コメント(4) | トラバ(0) | おつむてんてん