2016年05月31日

理に落ちず腑に落ちる

「腑に落ちる」という言い回し、今や違和感を持つ人などごく少数だと思います。
と書くからには、私はその少数派。

小説やエッセイ、新聞記事においても、「腑に落ちる」はしばしば目にします。「腑に落ちない」よりも数的に多い気がするほど。

「腑に落ちる」が間違っているかどうかはともかく、昔はそのように言わなかったのは確かです。

その根拠として、わが家の古い辞書の見出しには「腑に落ちない」しか載ってないことを挙げておきます。
「腑に落ちない」が「腑に落ちる」の単なる否定形であるならば、「腑に落ちる」を掲げておけば済むこと。そうでないのは、「腑に落ちる」が正規表現でないからです。

辞書がそうだから・・・では、いささか説得力に欠けましょう。
誰も疑問を抱かない以上、もはや新語としてじゅうぶん行き渡っていると見なしていいのではなかろうか。

そしたら、たまたま読んだ『かなり気がかりな日本語/野口恵子/2004年』という本の『「はやり言葉」考』という章に、『「腑に落ちる」は腑に落ちない居心地の悪さを覚える』という文章を見つけました。同じような疑問を持つ人はちゃんといたんですね。

語彙数と表現力の貧困ゆえ、自分の違和感を的確に言い表せない私と違って、日本語教師たる著者は、きっちり説明をつけています。

簡単に紹介しますと・・・。
食べたものは通常胃腸(臓腑)に収まるのが自然の姿であって、そうでないのは気持ちが悪い、つまり腑に落ちない。
「腑に落ちる」のが自然のなりゆき、大前提であるのに対し、「腑に落ちない」は特殊なケースを指す。
一方「納得できる」「合点がいく」「理解できる」などはそれぞれの否定形と対立関係にない。

世の中に、腑に落ちる事象などない、わざわざ言及するほどのことではない、ということなのです。

それで納得した私ですが、もやもやっとしたものが残りました。

つまるところ、理屈を説かれて「腑に落ちない」の成り立ちがわかっても、「腑に落ちる」がこれだけ世に氾濫する事態は説明がつかない。両者は別問題だということ。
私はそうなった理由を推測するのが好きなんです。

先月の記事で、『世間ではこういうとき「腑に落ちた」というようです』と書きました。こんな回りくどい書き方をせずとも、それを使わなければいいではないか。
ここで認めると、私はそのとき「腑に落ちた」と書きたいキブンになったのです。

私の辞書には、「腑に落ちない」の意味は「納得がいかない」くらいしかありません。
前述の本で引用されている福武国語辞典では「感覚的に認めがたいというニュアンスを含むことが多い」との説明が付加されています。

「納得がいかない」と「腑に落ちない」は言い換え可能ではないのです。

疑問点や気に入らないことについて、理にかなったていねいな説明を受け、最終的に、ああそうなのかとうなずくことができれば、それは「納得がいった」ということです。
理屈ではなく、諄々と諭されて、多少感覚的にではあるが、受け入れることにすれば、それも納得の範囲といえましょう。

それに対して、もともと疑いも嫌悪もなかった事柄(あるミュージシャンが誰かとセッションするみたいな)に関して、ひょんなことからへえーとうなずく発見があった、あるいは、パズルだとも思っていなかったのに、いきなりピースがはまってスッキリした(正解であるかどうかはさておき)とでもいいましょうか、そういう感覚を表すのに、「納得した」では大げさすぎます。

つまり、ほかに適当な言い回しがないことが、「腑に落ちる」を選んでしまう背景にあるようです。

もっとも、単に「納得がいった」と同じ意味で「腑に落ちた」を使っている例も多数あります。

現代日本人は、ソフトであいまいな表現を異常なまでに好むようになりました。
「納得」のように断定的でハードなイメージの熟語よりも、「腑」という一見生々しく不気味だけど、柔らかそうで、正確にはどこを指すのかはっきりしないところにふんわり落とすほうが、気分に合うのでしょう。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:13 | コメント(0) | イチャモン日本語
2016年05月30日

黒猫受難

気がつくと、もう月末。月日の経つのはなんと早いことでしょう。棺桶がどんどん近くなる。この慨嘆も老化の証。

だけど一日の中では、案外ゆっくりなんです。
腹減ったー、そろそろ昼ごはんの支度を・・・。時計を見ると、まだ10時。こんな時間に昼食をとれば、夕方までもたないから、せめて11時まで我慢。するとその1時間の長いこと、長いこと。
こんなに空腹なのは、ひょっとして朝ごはんを食べ忘れたせいじゃないかしら。と、認知機能さえ怪しくなってしまうのでありました。

時間感覚のみならず、日常生活のいろんなシーンで、老いが身にしみることが増えました。老化については昔からいろいろ書いていますが、当時はまだ余裕があって、半分冗談。現在ほど切実ではなかったみたいです。

とりわけ身体面。見かけはすでにあきらめの境地。もはや機能を守るしかないのに、体力の衰えが行動に支障をきたすこともあるのです。
スーパーでは、極力カートを使うようになったし、1度の買い物は自力で背負える量に制限。いちおう行き帰り徒歩なのはエライけど。

ラジオ体操第二の終わりころ、指導員が「はずんだ呼吸を整えて」とか言うでしょ。たかがラジオ体操くらいで、呼吸が乱れるもんか、なぁんてバカにしていたのです。でも最近は、真面目に第一、第二と続けると、最後は息が切れてしまって・・・。

ロコモ防止のため、立って靴下をはきましょう。と聞き、それではと、起き抜けに片足立ちでソックスをはこうとしたら、半分寝ぼけていたせいか、よろけて、手の指の背を、なんと足の爪でひっかいてしまいました。それで血が出るというのもすごいけど、その血が流れず、玉になって盛り上がってきたのです。つついたら揺れるけど、壊れない。
早朝は血液ドロドロという恐怖を目の当たりにした気分です。
だから起きたら水を飲みなさいということなのでしょうが、胃に入った水が血液を薄めるなんて、どうも理解できません。

抜け毛が多く、部屋中拾って回ると書いたこともありますが、髪の毛だけでなく、まつ毛らしきものも見つけます。目のまわりが寂しくなって、目ヂカラ衰退。マスカラやアイラインなんて、怖くて使えません。
そういえば、ハナをかんだら、しばしばハナ毛が混じってるし・・・って、またまた下品な話を。

この老化のデパートたるワタクシに、唯一未入荷なのは、老眼くらいかな。落ちているまつ毛が見えるほどだもの。針の穴に一発で糸が通るのは、業務上ありがたいことです。

いえいえ。近視を長年放ってきたので、老視を感じにくいだけであって、視力はめちゃくちゃ衰えているのです。

夜には黒い布が縫えないとため息をついたのは数年前です。蛍光灯の下では、黒い布の上の黒い糸を判別するのにひと苦労。
そして今では、夜だけでなく、曇りや雨の昼間もだめ。黒のほか、色の濃い布は苦手になりました。

黒猫のぬいぐるみなど、もっとたくさん作りたかったけど、今後は黒一色というのは、避けるようになるかもしれません。

だいぶ前のことですけど、黒猫が捨てられる「事件」が、英国で頻発していると聞きました。
その理由というのが、写真写りが悪いから、だとか。せっかくスマホを買ったからには、ペットを抱いて自撮りしてフェイスブックに載せたいのが人情。すると黒猫って、どうしても細部がつぶれて、ちゃんと写ってくれないんですね。

だからポイ捨て、なんて、あまりに短絡的じゃない。

それに、なぜ英国? 黒の写りが悪いのは、地球上どこでも同じはずなのに。

国民性なんだろうか。
動物愛護を誇る英国だけど、その情熱はほとんどが馬と犬に費やされるらしいし。
欧米では黒猫って不吉なイメージを与えるようですが、イギリスにおいては、黒猫は伝統的にほかの色よりも縁起がいいと言われてきたのです。それなのに、このミニクさはなによっと、かえって怒りの矛先が向いてしまう、とか。

確かに黒いものって、デジカメで撮りにくいんですよね。明るくても暗くてもダメ、フラッシュは不自然。
これまで黒いぬいぐるみを写すとき、どんだけ失敗したことか。まあまあ見られる写真は10枚に1枚もありません。

黒猫ぬいぐるみ
黒猫ぬいぐるみ2

でも、せっかく作ったのを捨てたりはしませんよ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:23 | コメント(0) | トラバ(0) | 人形・ぬいぐるみ