2008年01月27日

こんな姿に誰がした

長らく姿を見せなかったメジロが、最近ペアでやってくるようになりました。
で、時々みかんを置くんですけど、今度のメジロは警戒心が強く、一口食べるごとにあたりをうかがい、近づくとさっと逃げるので、カメラに収める機会がありません。

代用品として、フェルトのぬいぐるみを作ってみました。
全長11センチ、コロコロ太って、実物よりやや大きめです。
メジロ

ベランダには雀もよく来ます。メジロは雀に比べると格段に上品です。集団で押し寄せて騒ぐ雀に対して、いつも2羽というのもつつましくほほえましい。
鳴き声は儚げで耳に快く、黄緑色のボディはみかんのオレンジ色に映えます。
半分に切ったみかんは底が丸くてぐらつきますが、その縁にしっかりつかまってバランスをとりながらせっせと実をつついているようすは、なかなかに可愛らしいものです。

そのみかんの中にしばしばウンチを置いていくのには呆れます。混ざってても平気でついばむんです。上品だなんて遠目だけ。

さて、ウサギが自分のウンチを食べることはよく知られています。
人間の感覚からしたら不快なものですが、当のウサギにとっては、生きていくために欠かせない食行動です。体内で生成したビタミンなどを再摂取するのだとか。食用と非食用はちゃんと産み分け(って、表現がヘンだが)ているのです。
ハムスターにも同様の習性があると聞きました。

この行為、適当な名称がないようです。ペットの本などには「食糞」と書かれています。見るからにイメージ悪いですねえ。一般の辞書には載っていません。
その点英語は素晴らしい。ウサギなどが自分のフンを食べることをrefectionといい、その第一義は『飲食による元気回復(むろん人間の行為)』とあります。ウサギの生理機能を理解したうえで当てはめたことばなのですね。

犬も時として自分のをおもちゃや食べ物にすることがあり、飼い主を困らせるそうです。犬にとっては必須食品では全然ないので、これはすでに問題行動です。ストレスがたまっているのかもしれません。

猫が砂をかけるように、多くの野生動物は排泄物を隠したり、巣から遠いところに運んだりします。主に天敵に見つからないようにするためです。ライオンがゾウのフンの中に転がるのは、草食獣の匂いをまとって獲物を油断させるためらしい。

現代の人間がトイレを独立させ、全く目に触れないように即時片づけてしまうのは、主に清潔さと快適さを求めるからです。あんなもん、テーブルの上に載せときたくはないもんね。匂いはひどいし、色もキレイとはいえない。味は・・・知らん。ピリッときそう。昔はやった「究極の選択」なる戯れ言を思い出しました。

そうやって、汚い、クサイと忌み嫌うが、つい前日には香り高く美味な食べ物だったんです。こんなふうに加工したのは、嫌ってる本人じゃないか。

どうして人間はそれを快いものと認識できないようになっているのでしょう。
例外的にできる人々もいまして、介護の現場では最大級の悩みとなっているし、それ以外の状況ではしばしば異常者扱いされます。

むろん栄養を搾り取って役に立たない(昔は役立てていたけど)カスだから捨てるのであり、何よりも生成の過程で大量の細菌や雑菌が加味されるから危ないという事情があります。昔の人は細菌の存在なんて知らなかったから、本能的に忌避するようにDNAに刷り込まれているのでしょう。

飲めば芳香を放つ(?)健康食品や薬みたいなものも販売されているそうですが、よくなっていかほどのもんや。
平安時代の文学『平中物語』には「マリは香ばしく、いばりは甘くて苦い」という、この世の人ではないような女官が登場するとか。
もし人間がそうなったら、地球の食糧危機は解決しますぞ。なわけないか。

目白 作り方
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:40 | コメント(0) | トラバ(0) | るれろライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10111868
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック