2006年07月23日

ユニットバスの掃除

私が住んでいる建物は築20年近くなります。
ユニットバスの浴槽と壁の隙間を見るたびに、あの奥はどうなってるんだろうと、いささか不気味な思いが胸をよぎるのでした。

いつもシャワーで済ませるので、あまりこまめに掃除をしないのですが、浴室に窓があることが幸いして、怠慢のわりにカビは少ないようです。
それでも放置するとタイルの目地が黒ずんだり、床にピンクのしみ(これもカビ?)ができるので、バス洗剤のほかカビ取り剤やパイプ洗浄剤を使います。

浴槽の外側の壁も湯がかかり、石けんかすが飛んで汚れやすい場所です。たたくとボコボコしてるので、中はがらんどうなのかと思っていたら、それは単なる蓋で、取り外しができることを知りました。
そしてその中はカビの宝庫とゆーか温床だとかで、いくら壁や床をピカピカに磨いても、そこからカビの胞子が漏れ出てすぐに広がるらしいのです。ぞぞっ。

そうと知ってからも、なかなか見る勇気がなくて手つかずだったのですが、ついに決心をつけて外してみました。
簡単な図で説明しますと、緑色の部分が蓋(エプロンというらしい)です。下部に2ヶ所手を入れる窪みがあって、持ち上げて手前に引くと取れます。

浴槽

おそるおそるのぞいたら、浴槽は意外に小さくて隙間が広いんです。外した蓋は確かに周囲が汚れていましたが、全面カビだらけというほどでもなく、内部の床も黒い汚れが広がっていたのは手前だけで、奥のほうには目立った汚れは見えません。やや拍子抜け。

とりあえずカビキラーをシュッシュしまくり、数分後にシャワーで流し、手の届く部分をブラシでこすると、なかなかきれいになりました。
見落としがちなのが、浴槽から出ている排水パイプの下と、浴槽の縁の内側で蓋が引っかかる部分。図のピンク部分が特に汚れやすい場所です。隙間から水が入りやすいんですね。
最後に熱湯をかけて乾燥させてから元のようにはめ込みました。

見えないところまできれいにすると、いい気分です。これでカビの発生頻度が減るといいんだけど。


付記:
2、3ヶ月したら元の木阿弥でした。やはり奥まで手が届かなかったのが問題かなあ・・・。
ユニットバスの掃除を本格的に徹底的にやりたいなら、業者に任せたほうがいいかもしれません。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:46 | コメント(0) | トラバ(0) | DIY・ソーイング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1017154
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック