2006年09月16日

溺れる者は

溺れる者は・・・次に続くフレーズはなんでしょう。

1:息ができない
2:藁をも掴む
3:わらにもすがる
4:笑ってる場合じゃない

時たま『藁にもすがる思い』で質問(や要求)を寄せてくる人がいます。『ワラクズなんかに期待しちゃいないが、とりあえず意見を聞いてやろう』といった不遜さはみじんもなく、真に切羽詰まった様子がうかがえるのですが、ヒネクレ者の私は、どうせわらわはわらじゃよ、とすねたりします。

古い辞書には『藁にも縋る』という言い回しは載っていないようです。
最近の国語辞典では『困難に直面したとき、頼りにならないものにまで救いを求めようとするさま』との解説があります。
これが『溺れる者は藁をも掴む』から派生したのは明白です。といって、『溺れる者は藁にも縋る』とつなげることは少なく、通常は下の句だけ使われます。

その経緯を推理してみました。

ことわざや慣用句は一部省略しても概ね通じます。「ほら、溺れる者はなんとやらって言うじゃないですか」みたいに。でも「藁をも掴みたい心境です」ってのは、なんだかしっくりこないような・・・。まして頼る相手を藁扱いしている場合には、意識の底にそこはかとない後ろめたさがあって、「掴む」のはちょっと乱暴かなとブレーキがかかった結果、「縋る」に置き換えられたのでは? 「縋る」のであれば、「ワラさま、ワラさま、捨てないで〜」と、自分を卑下する印象を伴わせることもできますし。

『藁にもすがる』であれ『溺れる者は藁をも掴む』であれ、相手を藁に例えて頼み事をするのが非礼だという説は、たぶん時代遅れなのでしょうね。今の若いもんは目上の人を会合などに誘うとき「枯れ木も山の賑わいです」などと言うとか。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:49 | コメント(4) | トラバ(1) | イチャモン日本語
この記事へのコメント
まぁぁぁ!!
何ざんしょう。最近の若者がですか。
ナマイキ。未熟児より枯れ木のほうが、よござんしてよ。
Wisdom comes with age.

では。また。
りりーさん  2006年10月05日 16:46
むしろ問題は、『枯れ木』呼ばわりしても、決して馬鹿にしているわけではない、むしろおだてているつもりだってことです。日本語力の問題でしょうね。
Runoさん  2006年10月07日 20:06
あるブログにコメントする必要があり、藁にも...と藁をも...の違いを検索し、結果上位のこちらを知りました。 とても面白く、ブログ初心者には参考になり、他の記事も拝見。 ほんとネットの世界は玉石混交、得をしました。ありがとうございます。
うららさん  2006年12月24日 12:01
うららさん、こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
私の記事は独り善がりだからあまり読まないがいいですよー(汗)。
管理人さん  2006年12月24日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1269809
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック

藁に
Excerpt: 本日は「藁に」をキーワードにしまして、どんな状況で人は切羽詰るのかを探してみようと思います。……あ、藁にもすがる、とか藁にもすがりたい、とか、語尾がいろいろあると思うんで、敢えて今日のキーワードでは「..
Weblog: たのしい検索・ゆかいな検索
Tracked: 2006-09-30 01:31