2008年03月30日

トンボに学ぶ

昨年夏、街を歩いていたら、2匹つながったトンボが、とある会社の前に停まっている車の屋根をしっぽで何度も叩くのを目撃しました。
駅の近くのけっこう交通量の多い場所で、トンボそのものが珍しいのに、つがいとは貴重なチャンス。しかしカメラを取り出したときには、トンボはあきらめて飛び去るところでした。このあたりに産卵に適当な池や沼があるだろうかと、少し心配になりました。

ちょうど昆虫に興味を持ち、関連本など漁っていたころでした。
『トンボの不思議』(新井裕/どうぶつ社)や『トンボのすべて』(井上清・谷幸三/トンボ出版)によれば、トンボは光を反射するフロントガラスやビニールハウスを水面と間違えて産卵を試みることがあるのだとか。あんな大きな目をしていながら、水と固体の区別もつかないんですね。
バカにしちゃいけません。
人類はヘンなものを次々と作り出し、猛スピードで環境を破壊しています。悠長な進化を遂げてきたトンボ(なんたって日本最古の昆虫?)は、異物だらけの環境情報をDNAに焼き付けて次世代に伝える余裕がないのです。

トンボは交尾しながら飛ぶと思い込んでいる人もいるようですが、そんな器用な真似はしません(する必然性もない)。
おつながりで飛ぶのは、交尾を終えたつがいです。オスがメスの首根っこをつかんで、産卵場所までガードします。
なぜならオスは交尾に際して、メスの受け入れ場所にすでにあるかもしれないものを掻き出してから、自分の精子を入れるのです。何も入ってなくてもそのようなしぐさをしてから交尾にかかります。
自分がそうするものだから、メスをそのまま解放するとほかのオスに自分の大事な子だねが捨てられると案じるのです。

メスの奪い合いでオス同士が戦うことは、いろんな動物に見られます。より強いものが子孫を残すための選別だから、それなりに意義はありましょう。
しかしトンボの小賢しいテクニックは、能力の有無や強弱に関係なく、同種他個体の排除に過ぎません。運不運の問題です。実にもったいない。
今オマエが放り捨てたのは、トンボ界の風雲児になるべき超優秀トンボのタネだったかもしれないぞ。

生き物は必ず死にます。
生物に寿命がある理由について、遺伝子がひとつの種(しゅ)を存続させることを第一目的としているからだという説があります。表現がヘタだが、地球人類は大きな一個の生き物であり、一細胞たる私は新陳代謝のためにアポトーシスを義務づけられているってこと。

その観点からいえば、トンボの行為は利己的です。種の保存は二の次で、自分の子孫さえ生き残ればOKと考えているかのようです。
むしろ処女トンボを見分ける能力を身につけて、無駄ダマを減らしたほうがよっぽど種の繁栄に貢献するだろうに。

いろんな事情で子どもを産むことができない人々が、代理出産の解禁を求めています。
実際に産むのは他人でも、生物学的には自分の遺伝子を持つ、正真正銘我が子です。もし自分のタネが採れない時は、親や同胞など血縁者からもらったりしたいようです。

苟もあらゆる生物の頂点に立つ(つもりの)人間が、トンボ並みの本能しか持てないのか。
不妊は不運だったけど、それも試練と受け止めて、代理出産にかかる莫大な費用に愛情を加味して、恵まれない孤児たちに振り向けるほうが、はるかに崇高ではないのか。
・・・なーんて皮肉は申しません。視点を変えれば、人間なのにトンボ程度の願望さえかなわないとはあわれです。

種の保存なんかどうでもいいんです。生物が生きる目的はあくまでも自己保存です。
隣の誰それさんの子孫が繁栄して何が嬉しいんだ。あくまでも自分の血を引く子をなさなければ、人として生まれた甲斐がない。
その証拠に、まま子いじめはどの国にもどの民族にも根深く存在します。他人の子を我が子と同じに愛せないのが人間の真の姿です。

そしてどんなにできの悪い子でも異常犯罪に走った子でも、親としては見捨てることができません。
子どもにとってろくでなしの親であっても、寝たきりで死にかけているとなればほっておけないのが心情です。
それほど人を縛りつける「血」とは不思議なものです。結果としてそれが種を存続させる力となったと思うのです。

もっとも昨今の世では少子化が進んでいます。自己増殖を望まない人間が増えているのです。せっかくもうけた子を虐待し、ときには殺してしまう親も異常に多い。
これは何を意味するのでしょう。自浄作用が働き始めたのかもしれません。

ところでコワい話をひとつ。これを書いている途中「代理出産」という言葉をどうしても思い出せなかったのです。えーと、あれ、代替子宮じゃなくて、人工ナントカでもなくて、ぎぇー、頭まっしろ。今日中に投稿しなきゃと焦り、結局「不妊 他人の子宮」とかで検索しました。・・・単なるど忘れであれと祈るけど、このごろ脳細胞の死滅が高速で進んでいるような気がする。あはあ、脳高速か。
投稿者:ルノ 23:51 | コメント(2) | トラバ(0) | 生老病死
この記事へのコメント
あっこっちにも書けた。
蜻蛉模様の硝子が欲しいなぁ。アールヌーボーなやつ。
traviataさん  2008年03月31日 00:36
ご迷惑をおかけしてすみません。
ブログ提供元によれば『海外から大量のコメントスパム投稿によりサーバ負荷が高まっているのが原因』だそうで、しょっちゅうエラーが発生するのです。困ったもんだ。
トンボはデザイン的にも美しいですね。
ルノさん  2008年03月31日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13361998
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック