2008年05月08日

上げ膳据え膳

竜粕磯による自殺が続発して社会問題となっています。作り方を載せたページはプロバイダ権限で削除するとか。
そんな一時しのぎの策では解決にならんでしょうが。
ほんとうに死にたい人はどんな手段を使ってもやり遂げるものです。人を自殺に追い込む社会構造をどうにかせい。

とはいえ、ちょっと落ち込んでいるだけの人でも、無責任に煽るページを目にすれば、そっか、こんなに簡単なんだと、むらむらと意欲が高まるおそれがあります。そういった衝動を防ぐのに多少なりとも役立つでしょう。

大多数の人間は即物的というか現金というか、目先のものに行動を左右されるのではありませんか?
デパ地下で試食品に手を伸ばすのは気恥ずかしくても、どうぞと差し出されたらぱくっとやっちゃいますでしょ。据え膳食わぬはなんとやら、だしー。ちょと違う?

我が母は包丁を出しっ放しにすることを嫌い、使ったらすぐにしまいなさいと口やかましく言います。コソ泥のつもりで侵入した奴が包丁を目にしたとたん居直り強盗に変身する危険があるのだと。

蛇足ながら母の別の口癖は「親の意見となすびの花は千にひとつの無駄もない」であります。ははっ、母上様、拳拳服膺いたしまする。平伏しつつ、いつも包丁を壁にかけている私。早く乾いて衛生的だもん。

脱線ついでに、「なすび」とは茄子(ナス)のことです。
暑さにはわりと強い茄子ですが、低温や日照不足で花落ちしやすいので、梅雨期にはトマトトーンを散布して落花を防ぎましょう。でないと、ことわざがウソになります。
ワンポイント園芸アドバイスでした。

とある時事メルマガを購読しています。
その中身がなくなってしまいました。以前はブログ記事からひとつを選んでメルマガで配信していたのですが、今ではブログ記事へのリンクをいくつか列記しているだけです。

それで私はその人の記事を全く読まなくなってしまいました。クリックして購読解除ページに行くのも億劫だから放置。
メルマガの構成を変えた裏には、手間を省き、より多くの読者をブログへ誘導して、より多くの記事を読ませたい(+より多くの広告を表示)との魂胆が・・・。結果として、貴重な(?)一読者を失いました。

そんなに読みたいと思わなくても、目の前にあったらつい読んじゃうことってありますよね。
反対に、面白げなタイトルであっても、クリックというアクションを起こしてまで読みたい気分になることはまれです。とりわけメルマガでは、クリックから表示まで時間がかかります。

クリックとは面倒なことなのです、私にとって。いや、多くの人にとって。

ひとつのブログ記事にコメントが集中したので、別に掲示板を立ててすべてのコメントを移した人がいます。より活発な議論を交わしてもらおうとしたのなら、的外れ、どころか逆効果だろうに。同じページにすでにあるコメントを斜め読みして意見を述べたくなることはあっても、わざわざクリックして掲示板に行くのにはエネルギーを要するのですよ。え、よけいなお世話? 失礼しました。

ブログには『続きを読む』という機能があります。
トップページやカテゴリなどの集合ページが重くなるのを防ぎ、スクロールを少なくする効果があります。読者は面白そうな記事のみ選んで読めばいいということで、利便性は大きいと思います。

その『続きを読む』、私は使っておりません。
クリックしてまで読み通したいと思わせる内容には遠いから、やぶへびですもんね。

巷でも『続きを読む』は減ったと感じています。昔は多くのブログが普通に取り入れていたようですが、最近ではかなりの長文でも一挙掲載が主流ではないでしょうか。

ブログによっては、長い記事を強制的にカットして『続きを読む』に回してしまうところもあるそうですが、たぶん損してますよ。
そのページに全文があればなんとなく読んでしまうけど、なければ興味が途切れてしまうものです。

現実には記事に直接来訪する人も多くて、問題視するほどではありませんが。

『続きを読む』が嫌われ始めたのは、なんたら商材のアフィログなどが読者を欺く手法として多用したのが一因とも思われます。
いかにも重要で有意義なことが書かれていそうな煽り文句を並べて興味をそそり、「詳細はこちらでどうぞ」と各ページに飛ばすわけですね。
『続きを読む』に罪はないのに、共犯者みたいな印象を与えてしまい、真面目なブログが敬遠するようになったのです(独断か憶測)。

私のクリック嫌いは、ダイヤルアップ生活が長かったことと関係がありそうです。ここでクリックしたら何円余分にかかると、クリック前にためらう習慣がいまだに抜けないのです。
クリック先にどんなトラップが待ち受けるかしれないから、慎重なのも悪くはないんですけど。
投稿者:ルノ 22:21 | コメント(6) | トラバ(1) | サイト運営
この記事へのコメント
ルノさん、毎度こんにちは!

>竜粕磯
何だ、これはと思いきやなるほど、当て字って奴ですね(笑)。

>人を自殺に追い込む社会構造をどうにかせい。
まさしく仰るとおりです、どちらもいけないことですが今や交通事故死よりも自殺者数の方がずっと多いんですから、もっともっと取り組まなければならない問題と思います。

特に警察官や学校の先生達が〜増えてるようです。きっと真面目がゆえになんでしょうけど〜何だか可愛そうです。逆にテキトーと言いますか、要領のいい人達が幅を利かせているような気がしてなりません(汗)。

常に戦ってるんだから疲れることもあるでしょう。特に現代社会はストレスが溜まりやすい構造ですからねぇ〜このまま放置じゃぁ本当に大問題になりそうだね。

shibaさん  2008年05月08日 23:26
こんにちは。
真面目な人ほど生きにくいという現状は何か間違っていますよね。
モラルは低下するばかりで、学校にも職場にも家庭にも犯罪者がうじゃうじゃいます。彼らの犯罪は「いじめ」「ハラスメント」「DV」「ネグレクト」「滞納」「身勝手」だのと呼ばれて、ちっとも取り締まられないのです。
日本は文明国の中では特に自殺が多い国です。何がこの国を崩壊させているのでしょう。ほんとうに大問題です。
ルノさん  2008年05月09日 21:40
ルノさん、毎度こんにちは!

>真面目な人ほど生きにくいという現状は何か間違っていますよね。
全く仰るとおりです!逆に真面目な人がいじめの対象になってしまったりと〜おかしいです。ですからモラルが低下していってしまうんでしょうね。

「自由」ということを取り違えて考えているのでしょうか。何をしても自由?人に迷惑をかけるのも自由?自分の自由の為なら??元々の自由という考え方が間違っていませんか?と言いたくなります。

>何がこの国を崩壊させているのでしょう。ほんとうに大問題です。
お金というもので生活は豊かになりました。反面心は貧しくなりました。進歩(発展)が早すぎて人間の精神(心)がついていけないのかなぁ〜?難しい問題です。

道路も必要かもしれませんが、こちらの問題の方が深刻なのになぁ。センセイ達の考えはよくわからぬ。
shibaさん  2008年05月11日 00:11
ある本によれば「あらゆる悩みの70パーセントはお金が解決する」らしいです。ほんとかなー。
ルノさん  2008年05月12日 23:18
ルノさん、こんにちは!

うーむ、お金中心の世の中になってしまいましたからねぇ。

でもね「金の切れ目が縁の切れ目」とも言います。お金目当てだけのお付き合いをしていますと、悲しい結末が待ってるのかもしれません。

最後は「お金」ではない気がします、いや、そう思いたいですね。
shibaさん  2008年05月17日 19:40
お金で解決する70%はたいした問題ではないのだと思っていたのですが、こうも不況が深刻になると、お金さえあれば救われる命というのも数多くあるのでしょうね。むなしいことです。
ルノさん  2008年12月09日 16:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14753889
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック

足あと機能とトラックバック
Excerpt: 1ヶ月くらいお休みするつもりだったけど、ぼちぼちと書き始めようと思う。別に私がブログを書くことをやめてしまっても世の中は何も変わらないんだけど。私の代わりはいくらでもいるから。別の誰かが私のようなブロ..
Weblog: 大丈夫。がんばろうね!renewal edition
Tracked: 2008-05-11 22:55