2006年10月28日

肩こり知らず

私は生まれてこのかた、肩こりを経験したことがありません。

「まあ、なんて幸せな人!」と、多くの女性がうらやみ、憎たらしく思うのではないでしょうか。
それくらい肩こりは普遍的な病気、というか、症状です。特に女性は、老も若きも悩みの種。

「外国人は肩こりを理解できない」「肩こりは日本特有の概念だから」「外人が日本に来て『肩こり』という言葉を覚えると肩こりが始まる」といった聞きかじり説をまことしやかに語る人がおりますが、どこの国の人だって肩くらいこるでしょう。
英語ではstiff shouldersとかstiff-neckednessとかいうらしいです。もっとひどいのはfrozen shoulderといい、これは五十肩のことです。
改まった席や堅苦しい状況を『肩がこる』と比喩するように、人目と体裁を気にする日本人はやたらと肩がこりやすい体質(気質)ではあるようで、日本特有は大げさでもそれに近い・・・国民病みたいなものでしょうね。

実は私が肩こりを知らないというのは間違っているようです。
「えー、ホントに肩こりしないのぉ?」と不審がった同僚が私の肩を揉んで「すごくこってるじゃない。よく平気ねえ」と呆れたことが何度もありました。指の関節がはれて整形外科に通ったとき、リハビリ担当者に「肩もこってますね」と言われました。専門家の判断だから間違いないでしょう。
だからって、支障を感じたことはありません。

そもそも肩がこるってどういうこと?
肩の筋肉がこわばって固くなるんですよね。寝違えなどと違って、痛いわけじゃないんですよね。
痛くないのに何がつらいの? 肩なんてもともと固いもんでしょう。おっぱいみたいに柔らかかったら、バッグもかけられない。肩は固くて当たり前と開き直れば、案外楽になりはしないか?

思うに肩こりとは「肩がこったことを苦痛に感じる状態」なのです。不眠症が「眠れない病気」ではなく「よく眠れないと悩む症状」であるのと同様、きわめて主観的な病気なのです。

いくら肩がこっても自覚がない私は、今後も肩こりとは無縁の人生を歩むでしょう。
こーゆー人間って、何かと「無神経だ」「思いやりがない」と陰口たたかれるんですよね。
・・・。
投稿者:ルノ 22:01 | コメント(2) | トラバ(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
肩こりは、痛いですよ。
ひどくなると、ただじっとしていてもジンジンしてきます。
 さん  2007年07月27日 15:36
それはつらいですね。
痛いのは肩こりというより肩痛ですから、ペインクリニックに相談してはいかがでしょう。
管理人さん  2007年07月28日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1595200
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック