2006年11月12日

故障落日

夏ごろ、ミシンと冷蔵庫が故障しました。でも修理は延期してパソコン代に備えると書いたもので、悲しいかなその通りになってしまいました。
その後テレコ電話機も壊れ、さらに先日アイロンが謀叛を起こしました。

もううんざり。故障の話題ばかり取り上げる行為が、故障を呼び寄せているんでしょうか。

アイロンは接触不良みたいで、とりあえずコードに添え木をしてビニールテープでぐるぐる巻きにしてそうっと使っていますが、高温になるものだけに、ちょっと怖い。

で、発端のミシンと冷蔵庫がどうなってるのかといいますと・・・そのままです。

ミシンはショーバイ道具なので、実は予備があります。でも安物で機能も限られているから、あまり使ったことがありませんでした。特に縫い目のピッチが固定されているのが不便で、小さな人形の指先などに支障を来たします。で、このごろは等身大人形など大物ばかり手がけています。弘法は筆を選ばず、紙を選ぶのでした。小さくても大雑把なものだったら、どうにかなりますが。

冷蔵庫は氷もできなくなり、賞味期限内のおあげにカビが生えるに至り、それでも直る可能性があればと、メーカーに電話しました。
やってきた技術員は、5つあるドアのうち3つばかり開けてふんふんと匂いをかぎ、「あ、こりゃ、コンプレッサがいかれてますね。修理代9万円です」
どひー、新品の冷蔵庫が2台買えるじゃないの。
「じゃ、出張点検費2,800円いただきます」
と、1分足らずで2,800円もぎ取っていったのさ。ファンヒーターでの損失分を貧しい庶民から回収するつもりかえ。

次の冷蔵庫はもちろん別のメーカーから選ぶつもりなんだけど、身の回りが壊れ物だらけで、良さそうな会社が見当たりません。

こまめに買い物に行くよう心がけ、冷凍室を冷蔵室の代用にして凌いでいます。冷えないからコンプレッサが1日中うなり続け、電気代もかかるし、うるさくてしかたない。近日中にどうにかしなきゃ。

実は・・・冷蔵庫が壊れるって、そう悪いことじゃないんですよー。
どんなメリットがあるかって? そのうち『ダイエット成功宣言』なんてカテゴリを作って書こうかと思っています。むふふ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:40 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1711202
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック