2016年03月29日

古いセル

ずっと前、フリーセルについて書いたことがあります。

シンプルながらも奥深く、ちょこちょことやっていました。連勝を伸ばそうと、つい時間を忘れて熱中したり・・・。

しかし、2013年夏にパソコンを買い替えてから、中止を余儀なくされました。

なにしろXPからWin8への激変で、慣れるまでがたいへん。というより、あまり慣れたくなくて、電源を入れるのさえ1日数分程度。最低限のことしかしていなかったのです。年を取ると、新しい物事に、脳がついていけないのです。って、同じようなこと、XPを導入した当時もぼやいてなかった?

少し落ち着いたころ、8にもフリーセルが入っていることに気づき、ちらっとトライしたのです。

これがもう、やりにくいったらありゃしない。
グラフィックが無意味に凝っていて、クリックのたびに音が出るし、一度でうんざり。こんりんざい手を出すもんかと、お蔵入りとなりました。

以来、長らくご無沙汰。そのままだったら平穏無事だったんですけどね。

このごろ、魔が差したというか、あの旧式フリーセルを新しいパソコンでもできないかしらと思ったのです。
調べたら、非常に簡単に移行できることがわかりまして・・・。

このページに載っていました。
http://omoituitaoboegaki.blog79.fc2.com/blog-entry-12.html

さっそく実行。私の場合、XPからfreecell.exe とcards.dllを取ってきてペーストしました。
それだけでなつかしの古いフリーセルが再現できました。

それでまた、ちょこちょこやるようになってしまいました。

XP時代から通算すると、かなりの回数遊んだようです。

ニブい私はなかなか奥義を窮めるに至りませんが、心がけるべきは、フリーセルを2つ以上空ける、空白列をひとつ以上設ける、など。カードをフリーセルに置くときは、戻ってくる位置をあらかじめ確認しておくこと。

とはいえ、そうそう思い通りに運ばないのが世の常。私はなにかとみっしり埋めちゃいます。
フリーセル

標準的なゲームの進め方としては、4種のカードのうち赤黒を含む2〜3種を、ホームセルにAから3くらいまでそろえ、下のカードは上げずに整えていき、最後にだーっとなだれのように終了させる、という感じです。

たまーに妙なものに出くわします。こういう上げ方ができる例って、めったにないでしょうね。
フリーセル
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:25 | コメント(0) | トラバ(0) | レトロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174684621
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック