2016年04月28日

セーラー服連想

遊びに来た友人に、ブリジット・セントジョンという女性シンガーを聴かせてあげたら、「じゃあ、こういうのも好きなんじゃない」と言って、アストラッド・ジルベルトのベストアルバムを貸してくれました。
音楽メディアは塩化ビニールのレコードか磁気のカセットテープという時代のことで、記憶にあいまいな部分もありますが。

私は別にブリジット・セントジョンが大好きというわけではありませんでした。
ケヴィン・エアーズのファンだったのです。ブリジットはケヴィンのアルバムにしばしば参加し、デュエットもしていたので、なんとなく聴いてみた程度。

アストラッド・ジルベルトは有名だから名前は知っていました。興味のないジャンルだけど、せっかくの厚意を無にできないと儀礼的にかけてみたら、とってもいい感じで気に入りました。

そして思い出しました。『イパネマの娘』がはやったころアストラッド・ジルベルトに夢中だったと、ケヴィンが述懐していたことを。
ははーん、なるほどね。世間ではこういうとき「腑に落ちた」というようです。

つまり彼はブリジットの声がジルベルトに似ているから重用したのではないかと。

声のみならず、けだるい雰囲気も共通点。
決定的な違いとして、アストラッド・ジルベルトには乾いた明るさがあるけど、ブリジットはずっしり暗いのです。やっぱりイギリス人は暗くなきゃ。しかしケヴィンは地中海っぽくて、明るい側だったかなあ。

心の片隅に小さくメモしておいたつもりもない、こんな些細な事柄がよみがえったのは、スーパーで買い物をしていたら、BGMに『セーラー服と機関銃』が流れてきたのがきっかけです。
それでひさびさにケヴィンの顔が浮かび、なつかしさに浸りつつ店を出たら、向かいのコンビニで風にそよぐ『イパネマ農園豆』ののぼりが目に入り、連想が膨らんだのでありました。

『セーラー服と機関銃』とケヴィンに、どういうかかわりが? かかわりはありません。
そりゃあ『Odd Ditties』でのケヴィンのセーラー服姿はなかなかカワイイけど、それはさっき思い出したこと。
↓このコラムのどこかにヒントがあります。
http://abc-abc.net/column3.html
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 14:41 | コメント(0) | トラバ(0) | 70年代ロック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175078426
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック