2016年05月31日

理に落ちず腑に落ちる

「腑に落ちる」という言い回し、今や違和感を持つ人などごく少数だと思います。
と書くからには、私はその少数派。

小説やエッセイ、新聞記事においても、「腑に落ちる」はしばしば目にします。「腑に落ちない」よりも数的に多い気がするほど。

「腑に落ちる」が間違っているかどうかはともかく、昔はそのように言わなかったのは確かです。

その根拠として、わが家の古い辞書の見出しには「腑に落ちない」しか載ってないことを挙げておきます。
「腑に落ちない」が「腑に落ちる」の単なる否定形であるならば、「腑に落ちる」を掲げておけば済むこと。そうでないのは、「腑に落ちる」が正規表現でないからです。

辞書がそうだから・・・では、いささか説得力に欠けましょう。
誰も疑問を抱かない以上、もはや新語としてじゅうぶん行き渡っていると見なしていいのではなかろうか。

そしたら、たまたま読んだ『かなり気がかりな日本語/野口恵子/2004年』という本の『「はやり言葉」考』という章に、『「腑に落ちる」は腑に落ちない居心地の悪さを覚える』という文章を見つけました。同じような疑問を持つ人はちゃんといたんですね。

語彙数と表現力の貧困ゆえ、自分の違和感を的確に言い表せない私と違って、日本語教師たる著者は、きっちり説明をつけています。

簡単に紹介しますと・・・。
食べたものは通常胃腸(臓腑)に収まるのが自然の姿であって、そうでないのは気持ちが悪い、つまり腑に落ちない。
「腑に落ちる」のが自然のなりゆき、大前提であるのに対し、「腑に落ちない」は特殊なケースを指す。
一方「納得できる」「合点がいく」「理解できる」などはそれぞれの否定形と対立関係にない。

世の中に、腑に落ちる事象などない、わざわざ言及するほどのことではない、ということなのです。

それで納得した私ですが、もやもやっとしたものが残りました。

つまるところ、理屈を説かれて「腑に落ちない」の成り立ちがわかっても、「腑に落ちる」がこれだけ世に氾濫する事態は説明がつかない。両者は別問題だということ。
私はそうなった理由を推測するのが好きなんです。

先月の記事で、『世間ではこういうとき「腑に落ちた」というようです』と書きました。こんな回りくどい書き方をせずとも、それを使わなければいいではないか。
ここで認めると、私はそのとき「腑に落ちた」と書きたいキブンになったのです。

私の辞書には、「腑に落ちない」の意味は「納得がいかない」くらいしかありません。
前述の本で引用されている福武国語辞典では「感覚的に認めがたいというニュアンスを含むことが多い」との説明が付加されています。

「納得がいかない」と「腑に落ちない」は言い換え可能ではないのです。

疑問点や気に入らないことについて、理にかなったていねいな説明を受け、最終的に、ああそうなのかとうなずくことができれば、それは「納得がいった」ということです。
理屈ではなく、諄々と諭されて、多少感覚的にではあるが、受け入れることにすれば、それも納得の範囲といえましょう。

それに対して、もともと疑いも嫌悪もなかった事柄(あるミュージシャンが誰かとセッションするみたいな)に関して、ひょんなことからへえーとうなずく発見があった、あるいは、パズルだとも思っていなかったのに、いきなりピースがはまってスッキリした(正解であるかどうかはさておき)とでもいいましょうか、そういう感覚を表すのに、「納得した」では大げさすぎます。

つまり、ほかに適当な言い回しがないことが、「腑に落ちる」を選んでしまう背景にあるようです。

もっとも、単に「納得がいった」と同じ意味で「腑に落ちた」を使っている例も多数あります。

現代日本人は、ソフトであいまいな表現を異常なまでに好むようになりました。
「納得」のように断定的でハードなイメージの熟語よりも、「腑」という一見生々しく不気味だけど、柔らかそうで、正確にはどこを指すのかはっきりしないところにふんわり落とすほうが、気分に合うのでしょう。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:13 | コメント(0) | イチャモン日本語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。