2016年07月29日

破滅願望

足の向くままウォーキング。
の途中、とある公園に入り込みました。あたりには人っ子ひとりなく、静まり返った平日の昼下がり。
小さな展望台があったので、上ってみました。きつい坂道を来たという感覚はなかったのですが、ずいぶん標高が高くなっていて、四方ともかなり遠くまで見渡すことができました。

さわやかな風に吹かれながら遠くを眺めたあと、展望台のそばの地面に目を移すと、低木の間の土が妙に黒々としていて、唐突に、そこから飛び降りたい衝動に駆られてしまいました。手すりは高くはなく、実際、身を乗り出して越えようとしたのです。

げ、いったい私は何をしてるんだ。我に返ったのは、手すりについていた鳥のフンで袖が汚れそうになったから、かも。
そもそも即死できればいいけど、三階建てくらいの高さだから、あちこちぐじゃぐじゃになって生き延びる可能性が大で、悲惨きわまりない。

これ以上妙な気分になったらヤバい。そそくさと階段を下りると、誰もいないと思っていた一階の外側のベンチに、郵便屋さんが腰かけて、スマホをいじっていました。近辺に配達対象とおぼしき建物はないから、きっとサボりだろ。
世はすべてこともなし、でんなあ。

それにしても、どうして急に飛び降りたい気分になったんでしょう。普段からうつ的傾向はないし、高所恐怖症でもないのに。
滝つぼをのぞいたら吸い込まれそうになるのと似たようなものか。でも展望台の地面なんて、滝つぼほど魅力的な情景じゃないぞ。


そして昔読んだ『不幸になりたがる人たち 自虐指向と破滅願望』(春日武彦/文芸春秋)という本が浮かんだのです。

人というものは、安全や快適、経済的利益、消極的に見積もっても無難さ、などを求めて行動するものですが、そういう法則とはかけ離れた、わざわざ不幸や悲惨を選ぼうとする人々の例を、精神科医の立場から書いたものです。彼らは一般の人々からは精神を病んでいると見なされるのが常です。

しかし普通に暮らす普通の人でも、深い理由なく、無意味で損なことをしたくなる瞬間があって、正常と異常の線引きは困難なのです。
羽が回っている扇風機に指を突っ込みたくなるとか、電車の非常停止ボタンを無性に押したくなるとか、すれ違った薄毛のおじさんに「ハゲ」と叫びたくなる、とか・・・。

触るな危険
このシール、回転中は見えないからあんまり役に立たないんじゃない。

治りが遅くなるとわかっていてかさぶたをはがしてしまうのも、ちょっとした自虐指向で、多くの人が納得するんじゃないでしょうか。

私なんか、しばしばデスペレートにお菓子を無茶食いすることがありまして、つくづく自虐的なのです。
とりわけ、食べ始めて「あ、この菓子パン、まずい」「ぐへー、スパイス入りクッキーなんて好みじゃなかった」なんて気づいたとします。だったら食べるのをよして、残りは捨ててしまうのが、脳のため、心のため、カラダのため。なのに、まずいときにこそ、「まずい、まずい」と言いながら、腹立ちまぎれにガツガツと食べてしまうのです。全部胃に収めることで、復讐もしくは征服したつもり? そして、お定まりの後悔。
・・・。

だけど、そういう日常的な軽い破滅願望と、展望台から飛び降りるのには、距離があり過ぎるのも確か。


ところで、その帰り道、蝶が自動車に轢かれるのを目撃しました。
タテハチョウっぽいのがひらひらと道路に飛び出すのが視野に入ったときには、あんな軽いもん、風圧で飛ばされちゃうだろって思ったのです。だから、車が通り過ぎたあと、無残につぶれた蝶に、いささか茫然としまして。
タイヤの幅なんて十数センチ程度なのに、なんて運の悪い蝶なんでしょ。

もしかして、あの蝶は自ら死にに行ったのかも。
吸蜜できる花も吸水できる水たまりもないアスファルトをうろつく理由なんて、人間には思い当たりません。


川べりの舗装されていない道も、私のウォーキングコースです。ここでときたまミミズに出くわします。

いつだったか、歩くのも躊躇するほどおびただしい数のミミズの死骸に遭遇しまして、いったいコイツラは何を考えてんだ、土の中でおとなしくしていれば天寿を全うできたのにと、あわれんだものです。

ミミズの謎』によれば、ミミズが大量に地上に出て干からびるのは、月の満ち欠けと関係があるらしく、下弦の月のころが一番多いとか。
月齢とは関係なく、雨上がりにも出てくる数が増えることもあるそうです。

先日、「おびただしい」には程遠いが、けっこうたくさんのミミズを見ました。
まだ生きてもぞもぞしているのも何匹か。
生存中

快晴の午後で、推定気温32度。月の情報は調べていないけど、確かにその日は明け方まで雨が降っていました。
いくら目がないからって、太陽が照りつけてくれば、感覚器が察知するものでしょ。その時点で急いで土に潜れば助かる確率は高かろうに。

人間の目には本能のみで生きているように見える小さな生き物ですが、破滅願望が芽生えないわけではないのでしょう。死ぬことだって本能の一部なのだし。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 18:32 | コメント(0) | トラバ(0) | 生老病死
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176277727
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック