2016年07月30日

ウェブはやっぱりカネ次第

あるとき、「ライター募集中」という勧誘メールが来ました。
ライターというものがどういう仕事をするのかよくわからなかったけど、自分のブログさえ書けない現状では、よそ様の文までとても手が回らないと思って、さっさと削除。

その件が頭に残っていて、数か月後『副業ライターのはじめ方』という本が目に留まり、読んでみました。

人形は売れないし、広告収入は低迷しているし、もはやなりふり構わずたつきの道を模索するほかないありさまなので、『誰でもなれる』『リスクなし』『初期投資なし』といった煽り文句にはそそられます。
ライターは今や『インターネット上の代表的な副業』なのです。不安定なアフィリエイトと違って、書けば書いただけ収入が入るという確実性が魅力らしい。

その本には、ライティングにはどんな仕事があるのか、それぞれどの程度儲かるのか、難易度や向き不向き、仕事の選び方や注意点などが詳しく記載されています。

初心者におすすめなのは「リライト」という仕事だそうな。
それを読んで、私はショックを受けた、いや、ムカッときてしまったのでした。

リライトというのは、発注者から提供された「元記事」を書き直すことです。内容は同じまま、言葉や表現方法を変え、通常は文字数を増やして納品します。多少の文章力や語彙力は必要ですが、自分で一から書き始めるわけではないので、慣れれば機械的にすいすい仕上げることができるようになります。
一記事が500文字程度で、単価は100〜300円くらい。

企業はどういう意図から、そんな作業にカネを払うのか。
文章を変えるのは、記事が同じものであると検索エンジンにばれないようにするためです。ひとつの記事を、何十人ものリライターに書き換えさせ、それら記事からリンクをはってウェブにばらまけば、相当数の被リンクを得られます。検索率がアップするわけです。

ウェブ上には、そういった1個100円の増殖クズ記事が無数に浮遊していることになります。

そのせいで、すべて自分で考えたオリジナルの記事や文章を、ほんのひとつずつ地道にアップしている良心的なサイトやブログが埋没し、検索されず、人が来なくなるという、恐るべき事態が発生しているのです。
良心的な発信者のひとりであるわたくしも、あわれな被害者でありますが、良心的な私のサイトに出会う機会を逸失したウェブ利用者も、ある意味被害者ですってば。

もともとは、検索エンジンが良質なページをより多くの人に見つけてもらおうと、あれこれアルゴリズムを研究していたのです。
それを逆手にとって画策したのが、品質はさておき大勢の人に来てもらって儲けたい業者たち。そこへ、ちょっとしたおこづかい稼ぎを狙う素人ライターが群がるという構図。
グーグルとて、ペンギンやパンダを投入して対策を講じていると聞きますが、しょせんいたちごっこでしょう。

もちろん私は、飢え死にしたって、リライトなんかに手を出すつもりはありません。
渇しても盗泉の水を飲まず、といえばかっこいいが、実は人の作った文章を手直しするだけってのは、性に合わないというか、矜恃にもとるというか、ワハハ。

ラブクラフト(H.P. Lovecraft)は不遇の生涯を送った怪奇小説家です。
自分で書いた小説が売れないので、ほかの三流作家がものしたヘタな作品を手直しして、どうにか読ませるものにするといった仕事で生計を立てていました。そういう作業は、おそらく彼のプライドをじわじわと傷つけていき、命を縮める一因となったようです。

たとえ内容がヘンでも、文章がまずくても、わずかな人にしか読まれなくても、自分の手で独自のものを作り上げてこそ、ウェブにかかわる意義がある。ということにしておきます。はいはい、自己満足ですわよ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 18:09 | コメント(0) | トラバ(0) | サイト運営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176290323
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック