2016年08月29日

迷い蝉

1匹のセミが地上に出てきたら、世界は戦争で滅んでいて、生き残っていたのは人間の少女がひとりだけ・・・という超短編マンガがありました。確か松本零士の若いころの作品。

世の移り変わりはめまぐるしく、6年後には何がどう変わっているか、予測もつきません。
かたや6年どころか10年も前から、なんの進歩もないブログを持つ人も、ここに約1名。

セミの幼虫って、数年間、種類によっては十数年の間、暗い地中で何を考えて過ごすんでしょうね。退屈じゃないんだろうか。

セミがあんなにも気ぜわしく鳴くのは、早く連れ合いを見つけて子孫を残さなきゃと焦っているからのようにも思えます。もう少しオトナの時期が長ければ、多少はのんびり過ごせるのに・・・。

住居の向かい側に小さな公園がありまして、毎日毎日、ジーコジーコ、ジャジジャジと鳴きまくっています。道路を隔ててもかなりの騒音だから、本人たちにはもっと大音量。難聴の心配はないんだろうか。

とまあ、退屈だの、気ぜわしいだの、難聴だのって、単純に人間からの見方なんですよね。
セミとしては、進化の果てに、幼年期と成熟期のバランスや鳴き声の大きさなど、これがベストという状態に落ち着いたのでありましょう。

昔、セミのそばで大砲ぶっ放したら逃げなかったので、セミは音が聞こえないんだと言った人がいましたな。

調べたら、ファーブル大先生でした。
ファーブルって人は、自分で芋虫の匂いを嗅いでみて、全然匂わないから、この芋虫を狩る蜂は嗅覚を頼りに探し当てるのではないと結論づけるようなところがあって、虫と人間の感覚を同一視していたような。

セミがやかましいのは事実だけど、やっぱり私も日本人、さほど気になりません。夏だからそんなもんさ。

ある朝、やけに大きな鳴き声が聞こえてきました。普段は気にしない私でも耳をふさぎたくなるほど。
そばの電柱に飛んできたんだろうか。ベランダに出てみると、足元からジジジジッ。床に大きなセミがへばりついていました。

ベランダのセミ

羽が透明でボディが黒光りしてるから、クマゼミかなあ。

セミは前後に這ったり、横歩きしたり、時々ぴょんと飛び上がったりして、その合間におなかを激しく震わせて、ジャジャジャーと鳴くのです。1回の鳴き時間は10秒足らず。
鳴き声は大きくて、一見元気よさそう。ただし、近づいても逃げないから、弱っているのかもしれません。

鳴き声はだんだん間隔があいてきて、午後にはほとんど聞こえなくなりました。
死んだんだろうかと、のぞいたら、まだうろうろしています。セミらしく鳴くのはやめたようだけど、時折りブジィー、ブジーと短く音を発します。あんまり無事とは思えないし、できればどうにかして飛んでいってほしいんだけどねぇ。

その後は排水口のふたにとまってじっとしています。
排水口のセミ

そうこうしているうちに激しい夕立が来て、ベランダは洪水のようになりました(セミにとっては)。
うちのベランダには屋根がないから、もろ雨に打たれてしまうのに、移動しないのです。

翌朝、まだ同じ場所でもぞもぞと動いていました。しかし音を立てることは全くなく・・・。

昼過ぎにはお亡くなりになっていました。
仰向けセミ

それから3週間。
公園はめっきり静かになりました。ときたまツクツクホウシが鳴く程度です。

排水口のセミは原形をとどめたまま、まだそこにいます。
公園に落ちた死骸や抜け殻は、微生物や小さな虫たちがさっさと片づけてくれるだろうに。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 08:42 | コメント(2) | トラバ(0) | 虫のいい話
この記事へのコメント
こんにちは〜大変ご無沙汰しております。
ルノさん、お元気で何よりです。

自分は既にご存知だと思いますが…
情けない事になってしまいました。
運よく、運動機能や記憶は残っていますので
殆ど今まで通りですが、なにぶん
「頭」
のことですので、無理はいけないと
この暑さの中、家の中にこもっています。

しいて言いますと
「右足のしびれ」
「言葉がしゃべりにくい」
です。しびれはどうなのかなぁ?
これからずっと付き合うのかなとも?
言葉は時々、聞き返されますが概ねはいいようです。

病院、医者嫌いのツケか回ってきたのかな?

でも次は手術が待っています。
もうちょっとで…
頑張るしかないかな?
と、小心者は思うのでした。

さて、蝉ですが…
本当に成虫である期間は短く、かわいそうでもあります。
小さい頃に親が
「蝉は1週間くらいしか生きられないから捕ってはいけない」
と言われたことがあります。

ところどころで見かける死骸…
無事に結婚できたのであろうか?
と思いつつ…。

夏の盛りの頃は鳴いていましたが、今はもう
殆ど聞かなくなってしまいました。
また来年、聞けるといいなと思いながら。

それでは自分のようになりませんように!
くれぐれもご自愛下さい。
shibaさん  2016年09月02日 12:51
たいへんな時期にもかかわらず、ご訪問いただきありがとうございます。
うーん、ほんとうに微妙な時期だし、考えすぎたりしてしまいそうですが・・・。
今はただ、快癒を願うばかりです。
ルノさん  2016年09月03日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176660757
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック