2016年09月18日

きのこ女子脱落

秋はきのこの季節。
いやあ、スーパーには1年中あります。山森や野山にも四季折々のきのこが発生します。野生のエノキタケは雪をかき分けて顔を出すそうです。

きのこ写真家・新井文彦の『きのこのき』には、実に美しい、かわいらしいきのこ写真が満載。
ようし、私もきのこ写真を撮ろう、と短慮発奮、デジカメ片手に墓場や公園に出かけました。

近所で木がたくさん生えている場所は、私有地でなければ公園くらいです。たくさんといってもたかが知れてるから、きのこの数や種類も期待できません。
いくつか見つけるには見つけたものの、いざカメラを構えると、気持ちがしぼんでしまうんですね。

だって、きのこがキタナイ。
落ち葉のかけらや泥やゴミにまみれ、虫に食われたり、傘が裂けたりえぐれたり。健やかなきのこ美を維持しているきのこって、ほとんどないんです。

汚れきのこ

きのこパン
道端の街路樹の根元の草むらにあった、メロンパンみたいな大きのこ。

虫食いきのこ
反対側に回ったら、穴の中に虫が落っこちて死んでた。まさか食虫きのこ?

大きのこ
これも巨大。直径20センチくらい。てっぺんに積もっているものはなんだろ。

穴あききのこ
クッキーみたい。毒キノコのテングタケかな。


余談ですが、撮影が難しいといえば、蝶。
飛ぶスピードは遅いけど、いっときもじっとしていない。ひらひらふわふわと飛び回るから、シャッターチャンスがつかみにくいのです。蝶にしてみれば捕食者から逃れる方策だろうけど。

運よく静止中のに出くわし、そーっと近づいたら、今度は角度の問題が。どうせ撮るなら、広げた翅が左右対称になる真後ろが一番。あるいは真横から端正に。斜めや歪んだ状態って、ぱっとしないでしょ。

キアゲハ
翅の広げ方が足りないような。

どうにか対称に撮れたと喜んでも、よく見たらそうでないことばかり。蝶自体が非対称なのです。翅のあちこちが破けたり欠けたりして。小さな蝶でも満身創痍で生きているんですね。

アゲハ蝶
お墓のそばで見かけたアゲハ。

蝶撮りの第一歩は、無傷の蝶を探すこと、なのです。きのこ同様。


『きのこのき』には、写真を見ばえよくするために、ピンセットや小さなブラシなどの「お化粧セット」を持ち歩くようにとのアドバイスがあります。これでゴミや土などを取り除くわけです。
私はそんなの無視して・・・まだ偵察程度の気持ちだったからね。

草むらにポツンと立つ、わりとかわいいきのこを発見。傘にへばりついた木の葉をつまんで持ち上げたら、傘が葉っぱにくっついて柄から外れ、台無しになってしまいました。

きのこって、もろいものなんです。
サルノコシカケなど、蹴っても壊れない硬いものもありますが。

桜きのこ
公園の桜の木にくっついていました。

なお、森の中に入るときは白っぽい服装を、というアドバイスも載っています。スズメバチや蚊は黒を好むのです。
私はそんなの無視して、全身黒ずくめ。あちこち蚊にたかられてしまいました。あとで数えたら、右手11か所、左手2か所、背中首筋ふくらはぎなど、被害点は数知れず。愚かな。

まあそういうわけで、わずか2回の遠征ならぬ近征で、きのこ撮影は挫折に至ったのでありました。

考えたら、挫折のもっと大きな理由は、私が九州人だから・・・だったりして。

きのこ探しに行くにあたり、『九州で見られるきのこ なば』という図鑑も用意したのですが、現実のきのこと照らし合わせても、さっぱり同定できません。同じきのこでも、色や形の変化が大きいし、別のきのこでもよく似たものがいろいろあるのです。
せっかく見つけたきのこの名前がわからないってのも、なんだかつまんないですよね。

白きのこ
柄がささくれているのが特徴か。

きのこ家族
幼いうちは丸っこいものが多く、だんだん開いてそり返ってきます。きのこの成長と消滅はものすごく早いらしい。

『きのこのき』という本で、一番気に食わないのは、ベニテングタケの写真が多すぎるってこと。
九州にいる限り、ベニテングタケとは出会えないんだあ。

そりゃあ九州には、北国にはない、珍しい、美しい、かわいい、面白いきのこがたくさんあるでしょう。
でも『九州で見られるきのこ なば』では、『九州では見られないきのこ』というおまけページまで設けて、ベニテングタケを紹介しています。それほどベニテングタケは魅力的なきのこなんです。

自分のきのこ写真コレクションにベニテングタケを加えることができないなんて。という俗物根性が、きのこ女子への道を妨げたのでした。

せめてぬいぐるみでも・・・。
きのこぬいぐるみ
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:11 | コメント(0) | トラバ(0) | るれろライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176924579
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック