2016年10月31日

ミミズ茎の跡

劣等感を英語で、inferiority complexといいますが、日本では上を取っ払って、コンプレックスだけで劣等感を意味します。

○○コンプレックスという複合語はけっこうありますが、それらを劣等感と結びつけることは通常ありませんね。
現代人は省略好きだから、マザコンのコンがコンプレックスの略だと知っている人は案外少ないかも。ちなみに、マザー・コンプレックスは和製語ですよー。

自分の劣等感について述べるにあたっては、「劣等」という字はよけい気を滅入らせるから、コンプレックスを使いたくなります。
カタカナ語はそういう点便利です。

劣等素材には事欠かないわたくし、字がヘタってのも長年の悩みです。

ミミズがぬたくったような字しか書けない人は、知性も教養もないように見え、人格下劣の烙印を押されたりして、ものすごーくソンなのです。
キレイな字をすらすら書けると、美人で頭が良く性格も優しいような印象を与えて、とってもお得。

これって不公平じゃありませんか。
字の上手下手も、絵の上手下手も、おおむね生まれつきで決まります。
絵が拙くても人生において困る事態はめったに発生しないのに、字がミミズだとどん底だなんて。

ま、世の中そんなもんです。

私は真面目なコドモだったから、お習字も硬筆も真面目に練習いたしました。でもいっこうに成果が上がらない。

あるとき真面目に考えたのです。12歳ころ、だったかな。
こんなに努力しているのに、どうしていつまでもヘタなんだろ。
きっと字を覚えたてのころ、手や指に変な癖がついて、それが固定されてしまって、修正のしようがないのだ。私は右利きだから、字を書いた経験がない左手を鍛えれば、一からやり直せるはず。

今振り返ると笑止ではありますが、さっそく新しいノートを用意して、ヴァージン・レフトハンドに鉛筆を握らせ、大真面目にあいうえおから取り組み始めたのです。

一週間後、辛苦の甲斐あってか、左手特有のがくがくゆらゆらも薄れ、漢字もまずまず形を成してきました。
が、線がなめらかになって、やっと気づきました。それらは右手のヘタ字を再現してきたに過ぎない、と。やだやだ、もうやめ。すぱっと放棄。

字を書くのは手ではなく、脳です。

なんらかの事情で両手の機能を失った人が、筆記具を足指にはさんだり口にくわえたりして字の練習をすると、代償作用も手伝ってめきめき上達します。それはかつて手で書いていたのと同じ筆跡になるんだとか。

オトナになってからも、ペン字の練習帳を買ったり、簡単に字がうまくなる本なんてのを読んだり、何度かトライはしましたが、結局ものにはならず。

読むだけで「うまい」と言われる字が書ける

手先の練習でも、ある程度まではいけるでしょうが、限界があるのです。私が人並みの字を書けるようになるには、並大抵の研鑽では足りません。こんなコスパの悪いことの優先順位を上げるのはバカバカしい。余生は短く、ほかにいろいろ抱えているんだし。

ありがたいことに世はペーパーレスで、汚字をさらす機会が減りました。せいぜい問診票とか複写式の申込書や発送伝票程度。
ますます書かない→ますますヘタになるの悪循環だけどね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 09:36 | コメント(0) | トラバ(0) | おつむてんてん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177482652
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック