2006年11月21日

スポンサー・ドリンク

本日はスポンサー様のご好意により、ダイエット・コークが飲み放題です。
違うって。

ホームページに広告を載せたいというメールが来ました。
お目が高い、というべきか、金をドブに捨てるようなものだ、というべきか。

その30ドルというのが相場的にどうなのか、見当がつきません。自サイト名を伏せているのも怪しい。断り文を考えるのは億劫だなあ・・・保留。返信そっちのけでブログネタにしちゃう、あざといウェブマスター。

メールの件名は“I'd like to sponsor your website”でした。

ああ、そうだった。sponsorはむろん名詞なんだけど、動詞でもあるんだよね。
あちこちで見かける『スポンサードリンク』という見出しはsponsored linkだと改めて気づいた次第。

接尾辞-orは-erと同じく、『行為者』を表す名詞を作ります。actする人はactor、confessする人はconfessor、directする人はdirector、という具合に。
ではsponsorはsponsする人かといえば、そんな単語は存在しません。翻訳ソフトCROSSROADによればspon(お金)の複数形とな。たぶんspondulicks(おぜぜ)の省略形。このsは複数にあらず、spondulixというつづりもあります。
なるほど、sponsor(語源spondere)とのつながりが見えてきたような。英語っぽい形の動詞にしたければsponseだけど、それならsponserが妥当かな。laborする人はlaborerだから、sponsorする人=sponsorerという単語ができてもよさそうなのに、それも見当たりません。
そういえばdoctという語もないですね。doctorとはdoctorする人。

ランダムハウスでorを見ると、『主にラテン系の語幹につく』とあります。フランス系なら-eur。なんにでも好き勝手にくっつければ済むわけじゃないんですね。
その点、いろんなものに「らー」をつけて人(愛好者?)にしちゃう日本語は気楽でよろしいどす。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 15:32 | コメント(0) | トラバ(1) | 英語・英文・英会話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1776927
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク
Excerpt: 最近、やたらに目に付く・・・スポンサードリンク・・・   マラソン放映のスポンサー「xxx」と思いきや・・・!正解はこちら! ⇒ スポンサー・ドリンク(「貧盗恋歌」さん)
Weblog: Doodle
Tracked: 2007-03-31 12:22