2016年12月13日

男の襟足

女性のうなじや襟足は、そこはかとないお色気が発現する部位として好ましく感じる男性が多いようですが、はてさて男性の襟足は、女性にとってどうなんでしょう。

五木寛之といえば、「めったにシャンプーしない人」として有名です。
この人の小説には没興味ですが、先日エッセイを読んだら、30年前に書いた「年頭の誓い」とやらのひとつが『月に一度は洗髪をしよう』というものでして、ずいぶん年季が入っているんだな〜と、感嘆しました。

「癌は放置せよ」の近藤誠が五木寛之の指導のもと、シャンプーしない訓練にチャレンジして、1か月で挫折。以後は週に1度洗っているとか。
ボディは基本的にお湯で流すのみだが、週一シャンプーでは首の後ろの汚れがひどく、そこだけ石けんを使わざるを得ないらしい。

シャンプーしないから襟足が汚れるなんて、がん患者が死ぬのは抗がん剤のせい、と同じくらい短絡的な論理じゃないのかね。

はっきり言います、男ってのは襟足がキタナイ生き物だー。

「勝手に決めつけるなよ。オレはいつもきれいにしてるぞ」
お怒りの殿方もいらっしゃいましょうが、洗う洗わないの問題ではなく、首から出てくる物質が女性とは違ってるんじゃないかって気がします。

会社勤めをしていたころの話です。単身赴任の部長が、「白洋舎に出したワイシャツの襟汚れがちっとも落ちてないから、文句言って洗い直させた」と憤懣やるかたないようす。
「1週間くらい着まくってから出したんじゃないですか」とおちょくったら、「失礼なっ。1日着たらクリーニングするようにしている」と、ますます憤慨してしまいました。
その人は、いかにも脂ギッシュなおじさん、ではなく、色白でどちらかというと清潔そうな印象だったので、見かけによらないもんだと記憶に残っています。

ときたま古着屋でメンズ衣料を買います。
等身大人形に着せたこともあり、自分で着用することもしばしば。

服を選ぶ際のチェック事項は、おおざっぱに、デザイン(形、色、柄、素材)、サイズ、価格ですが、古着では「状態」が加わります。色あせ、縮み、毛玉、擦り切れ、傷み具合など。

私の場合、まず価格。次いでデザイン。
サイズにはあんまりこだわりません。SでもLでも着ちゃいます。(どーゆー体型してんだ?)
使用感はわりと歓迎。パリッとした新品よりも、気分的に落ち着くものです。

それでパパッと衝動買いし、家に帰ってからしまったなあと思うことが何度かありました。

全体にまあまあ良い状態でも、襟がひどいってケースが多いのです。

綿麻混の襟つきカーディガンは、襟の折り目の汚れを落とそうと、ブラシに洗剤つけてこすったけど、無駄でした。汚れではなく、繊維の変質・変色だったのです。しかたなく、その部分をうんとけば立てて、目立たなくして着ています。ブランド品だし、ほかはきれいなので、残念。まあ、価格相応ですけど。

これはかなり使用感ありのイミテーションスエードのジャケット。安いし、アウターだからいいや、と購入決断。

茶色のジャケット

よく見たら襟はボロボロ。どういうふうに着たら、ここまで損傷するの? 首筋から腐食性のガスでも湧いてるんじゃないかしら。

8個あるポケットの中を掃除機で吸い、ダウン入りライナーとフードは取り外し、いっしょに洗濯機にブチ込んで、普通にお洗濯。
完全に乾いたあと、襟にファー布をまつりつけ、表側をすっぽり覆いました。
雰囲気をそろえるために、フードも同じファーで縁取り。スエードは針が通りにくい上、へたすると中からダウンが飛び出るので、慎重に縫う必要があり、やや手間取りました。
薄くなった袖口も、裏側に折って縫いました。

見ばえが向上し、暖かさも増した感じ。昨今は暖冬傾向だから、防寒は重要ではないんですけど。

ファーつきジャケット

男性諸氏には気に障ることも書きましたが、なにとぞご寛容に。
もしほんとうに男性の首から独特のものが分泌されるとしたら、もともとは女性を惹きつけるためだった可能性があります。ならば男性の襟足に魅了される女性がいても不思議はないかもね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:30 | コメント(0) | トラバ(0) | 下着・ファッション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178025715
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック