2017年03月31日

サポセン怠慢

国内某大手メーカーのパソコンを、3年半ほど使用しています。
しょっちゅう異音を発したり、うなったりするし、処理が妙に遅くなることもあり、そろそろ買い替え時かとも思うけど、今までのところ深刻な故障には見舞われていません。

それでも、サポートセンターに頼ったことが3度あります。

どんな商品であれ、サポセンへの用事はトラブル発生時だから、フリーダイヤルでも24時間対応でも、電話は億劫なもの。
電話嫌いの私が勇気を奮ってコールするには、些細な件ばかりだったって気もする半面、メーカーの対応も不適切でした。

国内メーカーの製品にはたいてい、メーカー提供のアプリがうんざりするほどたくさん入っています。
その中には、時の経過や状況変化によって、プログラムの修正が必要なケースがあります。そういうとき、アップデートをしろという表示が出るんですよね。
内容をチェックすると、どうせ使わないソフトばかりだから放置するのですが、警告ポップアップがうるさくてしかたない。
やむなく手をかけてダウンロードし正常にインストールできたものの、なぜか毎日毎日メッセージが出ます。ちゃんと済ませたのにぃとぼやきつつ、再度アップデート。
それでもまだ警告が消えないのです。鬱陶しいったらありゃしない。

業を煮やしてサポセンに相談しました。
すると、アップデート後には、アプリ画面の端っこにある「更新」ボタンを押さないといけないのだ、と。
それならそうと、注意書きを載せといたっていいでしょもん。

ともあれアップデートは終了したのですが、どういうわけだかその後1度も、その種のメーカーアップデートは行われていません。

それより少し前、使い始めて間もないころ、バッテリの駆動時間がかなり短いことに気づきました。
パンフレットでは5.5時間となっていたのに、ACアダプタを抜いて使っていると、3時間も経たないうちにバッテリ切れの警告が出るのです。バッテリリフレッシュという作業(これもメーカーアプリのひとつ)を行い、バッテリの状態を良好にしておいても、やはり2時間余りでアウト。

不良品かしらと、サポセンに尋ねてみたら、画面の明るさや使用中のソフトの種類などで誤差が出るのだという説明。
私は標準よりも暗くしているし、重いソフトも使いません。誤差というなら、6時間になったっていいはず。
2時間が誤差の範囲とは、ずさんではありませんか。この会社では2、3時間の遅刻も誤差の範囲と許容してもらえるのかね。

納得できないと言うと、しばらく沈黙のあと、では点検に出していただき、バッテリに問題があれば交換します、と。
どうもその口ぶりでは、交換しても5時間以上になる見込みはなさそうだったので、話を打ち切りました。
点検に出ている間、パソコンを使えないのは不便です。
考えたら、どうせ室内で使うだけだし、持ち運ぶには重すぎるから、バッテリなんて不要です。性能表示に虚偽があったのは事実としても、それで困るわけではありません。

このパソコン、OSはWindows8でしたが、あの悪名高い強制アップデートに負け、とうとう8.1にさせられてしまいました。

特段の支障はなく、普通に過ごしておりましたが、ある日、前述の「バッテリリフレッシュ」を要求するメッセージ。
バッテリの性能を保持するために、3か月に1度行うことが奨励されているのですが、1回の処理に7時間から十数時間かかるから、面倒なのです。
どうせ使わないバッテリだからとほっとけば、メッセージがしつこい。バッテリが劣化するとパソコンに影響するらしいし、渋々やり始めました。

すると、突然異常終了。しかもその理由として「ユーザーがスリープ状態にしたから処理できませんでした」というような文面が。
ふざけんなよ、こちとらスリープにした覚えなんてないぞ。そもそもこのソフトの稼働中には、スリープにできない仕様になっているじゃないか。それをユーザーのせいにするなんて。

2、3度試みて無駄だったので、サポセンに苦情。
相手が言うには、マイクロソフトが勝手に8.1にしちゃったのが原因で、当社ではどうしようもない、と逃げの姿勢。
放置してくださいとのことでした。

ならばこの先ずっと、リフレッシュしろしろしろという警告に耐えないといけないのか。

それにしても、ユーザーに罪をなすりつけるあのメッセージにムカッときた人は多かろうし、ウェブでは非難ごうごうかもしれぬと検索したら・・・ごうごうではないにしろ、困った人々が知恵袋や教えてGooに投稿しているのを見かけました。
なるほど、サポセンよりも巷の知恵者のほうが当てになるというのが、まともな認識なのですね。

さらに調べると、なんだ、メーカーからちゃんと修正プログラムが出ているではないか。
サポートがそれを知らないとは、なんたる怠慢。

自力で修正可能とはいえ、設定を確認し、現行ソフトを削除し、ダウンロード、インストール、再起動・・・と、作業は面倒です。
だいたいね、こういう修正こそ、メーカーアップデートで最優先に行うべきでしょうが。会社あげて怠慢の極み。

どうにか正常稼働するようになり、年に2回ほど実行しています。つまり警告から3か月は無視してガマン。
終了するといつも「バッテリは良好です」と結果表示。2時間しかもたないバッテリが良好かどうかはともかく。

その後Windows10への強制移行は全力を挙げて阻止し、8.1のまま現在に至ります。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:25 | パソうつ