2009年01月08日

うるさい身体

公共手洗所の婦人用個室で昨今よく見かける小さな装置・・・ボタンを押したり手をかざすと、水の流れるような音を出します。『音姫』などというこじゃれたネーミングのものも。
これはつまり、用足しの音をはばかる上品な方々が水を流して音消しをすることを防止しようとの意図で生まれたアイデア商品です。

水を余分に流すことが反エコでもったいないのは認めますが、装置の費用、設置費、維持費や電気代が水道代よりも安くつくかどうかは大いに疑問です。
そもそもその音を恥ずかしいと感じなければ、そんなへんてこな商品が生まれることもなかったはず。

排尿・排泄音はなぜ聞かれたくないのでしょうか。

短時間とはいえ、何か起きてもおいそれとは中断できない無防備な状態でありますゆえ、敵や大型獣に襲われたらわややーってことで、できるだけ静かに済ませようと祖先が努力した結果・・・とはこじつけっぽいですねえ。音だけ隠しても臭いはごまかしにくいでしょ。
ほんとうに重大事なら、音を抑える方向に身体が変化しても不思議はない。実際の話、量や勢い・角度などによっては無音で終えることがままあります。

第一、これを恥ずかしがるのは主に日本人女性のようです。
男性は平気だし、欧米の女性はあまりかまわないようです。たぶん多くのアジア女性も同様ではないでしょうか。

じゃあなぜ日本女性はそうなっ(てしまっ)たのか?
水洗トイレが普及する前は気にする余裕などなかったと思われます。気になっても隠しようがなかったし。
きっと学校あたりで始まったんでしょう。我が国の女子中学生や高校生は、なぜだか連れ○○○が大好きなんです。トイレだけでなく、何事もひとりで行うことを避けたがる、みたいな。ドアの外で友達が待ってるから派手な音をたてては決まり悪い、しかも水代は自分が払うわけじゃない・・・とだんだん広がり、OLになっても引き継がれた、とか。

公共の水を無駄遣いする人も、家庭では慎んでいるはず。実に悪しき習慣です。
座って水を流すのは衛生上も危うい気がしますが、『音姫』をつければ済むという問題ではないと思うんですよね。日本女性の意識改革が必要です。

もっと一般的な話として、体が出す音というのは、往々にして「はしたない」「下品だ」ということになってるみたいです。
はなをすする音は気持ち悪い、咳やくしゃみは控えめにすべきだし、空腹時におなかが鳴るのはおならと同じくらい恥ずかしいと思う人もいれば、舌打ちや関節をポキポキ鳴らすのは野蛮な印象。
人間、極力静かに生きるのが無難といえば無難なようです。

いつだったか、スーパーでレジ待ちの列に並んでいるとき、スニーカーの底が床とこすれた拍子に、ぶりっと妙な音がして赤面したことがあります。こんな局面では平然と同じ音を何度も出してみると誤解されにくいかと思いますが、再現できないことも多かったりして。

それらの音も、受け止め方は歴史・文化や国民性に左右されます。
欧米では下の音にはわりと寛容だけど、上の音にはかなり神経質らしい。大きな音立ててそばをすする日本のマナーは、海外ではときとしてひんしゅくを買うでしょう。
中国人は食事の席でゲップをするのは「おいしかった」という意味であり、招かれたときの礼儀だと聞いたことがあります。かの国の人と伴食した経験はなく、真偽のほどは知りませんが。

それはそうと、このごろ私の右膝は、曲げたときにガギッと音を立てるようになってしまいました。なんだか不安を呼び起こすような音だなあ。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:07 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25306040
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック