2009年01月09日

あっ、膝痛が治った

なんだか怪しげな健康食品の宣伝みたいなタイトルですなあ。

前回、右膝の異音に言及しました。膝が鳴るのは初めてですが、ひざ痛の予兆かもしれません。
なにぶん私、ひざの痛みを2回経験しているのです。

膝痛はなぜ起こるのでしょう。
変形性なんたらとか軟骨が磨り減ったとかが浮かびますが、関節リウマチなど特定の病気を除けば、根本的な要因は3つあるといわれます。

まず老化。加齢によって膝関節が弱ったり変形したり。
でも私が最初に右膝の痛みを感じたのは、ずいぶん昔です。老化について真剣に考えてはいなかったころ。

次に肥満。膝に過剰な負担がかかって支えきれなくなるのです。
言っときますけど私の場合、痩身願望はあったけど、体重は常に標準以内であって、太っていたわけでは決してありません。

最後は運動不足。
これは認めます。体を動かすことは子どものころから嫌いでした。
もっとも、激しい運動はかえって膝を痛めます。スポーツ選手に膝の故障が多いことを見ればうなずけるでしょう。

要は、日ごろから適度の運動を続けて足腰の筋力を高めておけば、年をとって多少関節がヘタっても膝痛にまで発展しない可能性はあるということです。

ともあれ、若かった私は毎日うだうだ過ごしていたせいか、右膝の鈍い痛みを感じるようになったのです。
走ったりしゃがんだりするとちょっと痛いけど、歩いたり階段を上り下りするのに支障はありませんでした。だから別に困ることもなく、ついつい放置していたのです。
ついつい放置は数年に及びましたが、悪化も回復もせず、「あ、信号が変わる、ダッシュ!」というときに思い出す程度。

それがいつの間にか治っていたのです。走っても飛び跳ねても平気のへいざ。

いちおうありがたいけど、謎だー。

振り返ったら、痛みが消えたのに気づいた数日前、部屋の大々的な模様替えをおこなっていました。
ベッドやたんす、冷蔵庫、食器棚に本棚など重い家具をすべてひとりで動かす大がかりな作業で、まる2日かかりました。結果は広々すっきりで大満足でしたが、確かに疲れ果てました。

それで手足を動かしたのが効いたのかなーとちらっと考えました。が、確信はなく・・・。

そのまま相変わらず運動不足な日々を送っていたら、数年後、再発してしまいました。今度も右膝。
前回よりもいくぶん痛みが強いような気がしたので、膝上げ運動などやってみましたが、すぐに飽きて挫折。結局放置ってことになりました。

2年くらい経って、突然の大地震。抽斗は飛び出すし、たんすの上の百科事典やパソコンの箱がどさどさ落ちてきて散乱し、ほこりは舞うし、足の踏み場もない状態。おさまってから調べたら、被害はグラス1個だけでしたが。

部屋を片づけ始めたのは数日後です。せっかくきれいにしても余震でぐしゃぐしゃになったらやだもん。
で、どうせだからこのたんすをこっちへやって、本棚をこうすれば倒れにくくなるかも・・・とあれこれ考えたあげく、またも大がかりな模様替えとあいなったのです。
これも2日くらいかかりまして、その間膝のことなどすっかり忘れていたのですが、気がついたら痛みはなくなっていました。

やっぱりそうだったのか。
膝痛の特効薬は模様替えだ!

それから3年余。踏み台昇降や霰粒腫食事法が効いたのか、体重は8キロ減りました。自然観察ウォーキングなどで体力もついたし、膝痛とは無縁の健康ライフだと自賛していたのです。
が、その後よんどころない事情により健康的な生活がぶち壊れまして、この半年は踏み台もウォーキングもお預け。ほとんど動かない日々でした。体重は減ったままだけど、ウエストサイズは目標58が遠のいてしまいました。
このままだとなんかやばそう。と危ぶんで、ラジオ体操を始めました。そしたら膝が変な音を出すじゃありませんか。

また膝が痛くなれば、今度こそ模様替えの威力を確認するチャンスだとは思うのですが、現状では家具を動かす気力はないし・・・音だけに終わることを祈るばかりです。
投稿者:ルノ 21:48 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25348184
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック