2009年06月22日

ニュー・マイミク

気がつけば、ミクシィに入ってはや3年。

ログインはめったにしません。いつまでも居座ることになんのメリットがあるのだと自問したくもなります。
以前はアクセス解析のリンク元がmixiだったとき、会員ならチェック可能だから助かっていました。でもリンク元がダイアリーなら見に行かないし、今ではアクセス解析をほとんど見ないから、メリットというほどのこともないのです。

会員数は増え続けてはいるようです。年齢制限を緩和したし、近々招待制を廃止して登録制にするとも聞きます。事務局が増やそうとすればするほど、増えるのはスパマーばかりで、価値が下がっていくような印象も・・・。
SNSはほかにもいろいろあるし、このごろはtwitterに熱中してmixiの日記を書かなくなったなんて人もいるし、交流の場としては衰退気味のような気もします。

そんな中、この私のマイミクになりたいという人が現れたのでございますよ。
「なんたる物好き」「よっぽどもてなくてmixi内でつまはじきにされてるような人だろうな」・・・そ、それはあまりに失礼じゃありませんか、私に対して。

私はマイミクになるための作法など全然知らないのですが、一般的な見解としては「ある程度交流を持ってから申し込むべき」「知らない人からいきなり申し込まれたら断ったほうがいい」といったところでしょう。
その人はブログや日記を介して知り合ったあと、「マイミク申請していいですか」と打診してきたくらいだから、慎重で良識的なタイプです。
マイミク数や日記の更新頻度などミクシィ内の活動も適度な、言ってみれば典型的標準的会員(無知な私が何をもってそう判断できるのだ?)って印象でした。もしかしたら私のマイミクがあまりに少ないから気の毒に感じたのかもしれません。

もちろん忠告はしたんですよ、私なんかのマイミクになってもろくなことはない、と。
それでもいいと言われれば、あえて拒絶して気まずくなるのも得策でなし。

というわけで、めでたくマイミク申請のメッセージが届きました。あとは「マイミクに加える」をクリックすれば、晴れて互いのページに顔が載ることになります。

おもしろいことに、ここにmixiが介入するんですね。申請に対して「お返事を出しましょう」と。例文も提示してくれます(文面は忘れたけど)。
そこまで手取り足取り、親交をサポートしなければうまくいかないものですかねえ。
何百人ものマイミクを抱える人々は、こんなプロセスを何百回も経験したのかと思うと、まじ頭が下がります。

サポートといえば、ミクシィからのお知らせもまた懇切丁寧なものです。
普段は日記の更新や参加コミュニティへの新規投稿などを教えてくれますが、誕生日が近づくと「もうすぐ○○さんのお誕生日です」「今日は○○さんのお誕生日です」となります。当日その人のページには「お祝いのメッセージを送りましょう」と。ここまでやられたら、そのまま引き返すと罪悪感がどよ〜ん。

そんなふうにしてミクシィの人たちは楽しくお付き合いを続けていくのでしょう。

私といえば、マイミクさんが増えたとてログインは増えず。特に変化はありません。たぶん私のような人も増えつつあるのではないかと思います。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 22:52 | コメント(0) | トラバ(0) | mixi 潜入記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29998282
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック