2009年06月23日

女の子の名前

奥田英朗によれば、子どもの名前をつけることは生涯に1、2度しか巡ってこない『自己表現のチャンス』だとか。自己です、自己。親が自分自身をアピールする舞台が我が子の名前なのです。
そりゃもう、ブログみたいにさっと消え去るものと違い、子どもが生きている限り続くわけですからね、けっこう重みありますよ。
ここぞとばかりにスゴイ名前をつけたい気持ちもわからなくはないなあ。時として子どもは被害者になっちゃったりしますが。

名前って実に時代を反映するものであります。そしてそれは我が国特有の現象に見えます。
西欧では何千年も代わり映えしない聖人の名前とか伝統的なものが主体であり、自力で創造することはめったにないようです。

ちょっと前の日本人はわりと命名に無頓着でした。長男が太郎で次男は次郎。あるいは長男は一男、三男は三男。
家族計画なんてのもいいかげんで、もう打ち止めにしようと思ったら、スエ子とか〆男とか? 私にもトメ伯母さんがいます。叔母じゃなくて伯母ってことは・・・へえ、その下にも続々と。
現天皇ご成婚の際は美智子ちゃんが大量生産されたようです。

名前の流行りすたりに加えて、人名用漢字はコロコロ変遷してきました。おかげで名前を聞けばある程度トシがわかるというやばい事態に・・・。
とりわけ女性は名前の最後に「子」がつくかつかないかが判断材料になりそうです。ちなみに私の同級生は過半数が子持ちでした。あうう、自らばらしよる。私の母の世代は少なめだったようです。

新聞や雑誌では我が子を写真つきで紹介する投稿コラムが人気のようです。治安のよい我が国では、そうした情報公開が犯罪につながることはまれですし。
その特集版が新聞の折込に入っていたことがありました。乳幼児の顔写真と名前に親(99%母親)の名前とひとことをつけて並べたもの。記念になるからつい応募するんでしょうね。

ちびっこ写真

この地方版には500人を超える子どもが載っています。その半分が女児として、ぱらっと数えたら「○子」「○○子」が9人いました。まだ絶滅してなかったんですねえ。哩璃子とか苺子みたいに、いくぶんか現代的だけど。
かたやコメントを寄せた母親は多くが30代と思われますが、子のつく名前は1/3程度。子が疎んじられ始めた世代ってところでしょうか。

上で述べたように、命名は自己表現のチャンスです。わずか2〜3文字のうち1字を「子」に占領されたら、表現の幅が狭まります。子が嫌われるのもちょっと納得です。

めいっぱい好きな字を使えることはハッピーとしても、「虹々南」「夢可愛」のような難読名は子どもも苦労するかもしれません。
国が人名漢字を制限したことは、歯止めとしては評価しますが、読み方が自由だなんて野放図すぎます。
むかーし筒井康隆を読んでいたら、ラリオという男が出てきました。薬夫だか薬男だか、まあそんな字でした。ヤクでラりるってとこから来たんだろうが、たいしたセンスだと感嘆したものです。
芥川龍之介は自分がしょっちゅう「たつのすけ」と呼ばれたうらみから、子どもたちには決して読み間違えられない名前をと工夫したと聞きました。ヤスンシくんとは呼ばれなかったのかな。

字面がきれいで、読みやすく、響きがよく、しかもありきたりでない名前を考えるのは至難の技です。
最近の親は個性を優先する傾向がありますが、ずいぶん変わった名前をつけたつもりが、同名人物に遭遇したとなると、平凡な名前のときよりもヤな気分じゃありませんか。子どもの将来も慮ってよくよく考えましょう。

さて、ヤングペアレントの皆さん。女の子の名前は男の子に比べてバリエーションが豊かで、なおも開発途上です。

ユニークな名前にしたければ、文字数にこだわってみませんか。
男の子には「りゅうざぶろう」みたいな長い名前が珍しくないのに、なぜか女の子の読みは3文字止まり。4文字はちらほら、5文字となるとまず見かけません。
村上春樹かぶれの連中がすでに空豆や緑豆などと名づけ始めたかもしれないが、これからのトレンドは長い名前です。
文字数が多いと表現の多様性も広がります。男の子はほとんど漢字に偏っているのに、女の子にはカタカナ・ひらがなという助っ人もいます。

それとパ行の活用(性別には無関係みたいですが、パ行の漢字はないのでやはり女の子向け)。
パズル系ミステリ作家高田崇史のキャラクターぴいくんの本名は「パズル」だと推理した小説家がいました(その後撃沈?)。漫画家ますむらひろしはP音愛好者らしく、葉鈴(ぱりん)ちゃんとか辺太(ぺんた)くんとか、いろいろこじつけています。
イニシャルPは日本人には珍しいから、存在感を示すのにもってこいです。
「巴里絵羅ポ」「ぷまのん蝶」などは絶対に模倣者は現れませんって。それが人の名前か。

参考文献:
赤ちゃんに最高の名前をつける本 2009-2010
たまひよ女の子赤ちゃんのしあわせ名前事典
試験に出るパズル(高田崇史)

モバイルのかたはこちらのほうがわかりやすいでしょう。
赤ちゃんに最高の名前をつける本 2009-2010
たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典〈2010~2011年版〉

付記:
「パ行の漢字はない」と書きましたが、よく見たら、辞書に「椪」という字が載っています。さて、読み方は?
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 20:26 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30020935
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック