2007年01月14日

捨て身、捨て鉢、捨て台詞

しつこく冷蔵庫を話題にします。
巨大冷蔵庫が消えてから部屋が広くなりました。
そんなに大きかったのか?
買った店に引き取りも依頼したのですが、こんなちっちゃい冷蔵庫を選ぶくらいだから、古いのもその程度だろうと思い込んでいたらしい配達人が一目見て「げ、でかすぎ」とのけぞったほど。
なにせキッチンに入り切れず、居間に置いていたんです。
だからって、牛小屋みたいな冷蔵庫を想像しないでくだされ。台所があまりに狭いだけ。

新しい冷蔵庫は台所に収め、それを契機に簡単な模様替えを行いました。

すると我が家はゴミの山だと気づいたのです。押入れや戸棚にはガラクタしか入っていない。10年も暮らしているとどこの家にもたまってくるようなものではありますが。

たとえば・・・。
古本、古雑誌(2000年ころの日経ネットナビとか、どろろなど古いコミック)。十数年分のレシート、領収証、請求書、給料明細の類(おお、失業給付書類もあったぞ)。ほとんど未使用でかつ決して使う予定のない語学学習教材(高かったので捨てられず)。同じくほとんど未使用のゴルフセット。切れかけた乾電池(目覚まし時計などに使えそうと思うのだけど、時計の電池が切れるのは数年に1度のこと)。パソコンや周辺機器が入ってた段ボール箱(地震のときホコリとともに散乱したんだあ)。用途不明の接続コードやACアダプタ。わけのわからんフロッピーディスクやCDロム(FMタウンズの天晴や太っ腹シリーズなども・・・ふぅ)。紙袋、紙箱(型紙の材料やビーズなど小物整理にしようと。ケーニヒス・クローネの箱なんか何十個もあって、これが全部体脂肪に変わったと思うと恨めしい。でも頑丈だから何かに使えそうだし)。お菓子の缶も数十個(資生堂パーラーやアルカディアの缶ってついとっとくのよねえ。阪神タイガース仕様の高砂屋ゴーフルの缶とかも)。いただき物のポーチ、枕カバー、コースター、その他好みに合わない雑貨群(す、すみません)。全く使わない高価な食器類。密閉容器やジッパー付き冷凍袋、風月のプリンカップ、グリバーミのつぼ、その他装飾的空き瓶など(使い捨てなんだから捨てろっ)。一時は利用したが長年しまいこんだままの調理器具・・・ホットプレート、ホットサンドトースター、コーヒーメーカー、ハンドミキサー、すき焼き鍋、てんぷら鍋、一人雑炊用土鍋。テフロンがはがれた安物フライパン(染物にでも使ってから捨てようとか思っているうちに、もう3個)。むろん服や下着はほとんどがたんすの肥やし(そしていつも着るものがないと悩む)。

年末でもあったし、スパッと捨てることにしました。いや、実際は迷いに迷って再度しまいこんだものも多数。

個人情報が載った書類は、細かくちぎろうと試みたけど、これだけ膨大な量だとちょっと面倒です。シュレッダなんて気の利いた凶器はないし。いくつかに小分けしてスーパーの袋に入れ、水で湿らせてベランダで風雨と太陽にさらしたあと、生ゴミと混ぜ、数週間かけて発酵させることにしました。

紙箱は畳んで生ゴミといっしょに出します。ゴミ袋は1枚45円。我が自治体は古紙など資源ごみ回収のシステムが整っていない(いちおうあるらしいが、ほとんどの住人は出し方を知らない・・・知っても遠くて運べない)ので、非常に不経済なのです。

燃えないゴミは数か月に1度くらいしか出さないのですが、その月は2袋になりました。
ゴルフバッグなど大きなものを入れた袋を集積場に運んだあと、もうひとつの袋を出そうとしたら、玄関扉横に立てかけていた傘が見当たらない。あれ? さっき最初の袋を出そうとしたときに倒れたから、持ち上げて・・・いけね、ゴルフクラブとまとめて捨てちゃっんだ。安物だけど別に壊れているわけではなく、捨てるにはもったいない品です。
ゴミ置き場を覗いたら、はたせるかな、私が捨てたゴルフバッグの中に、傘の柄が見えました・・・しかしなぜか2本も。いぶかりながら引っ張り出すと、どちらも私の傘とは似ても似つかぬ破れ傘でした。油断もすきもありゃしない。全く世知辛い世の中になったもんです。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:23 | コメント(2) | トラバ(0) | 生活の浅知恵
この記事へのコメント
ネットを検索していて、このサイトに来ました。私は、ブログの意味もホームページの作成もまだ始めたばかりの初心者です。ですから、メインページに記載してあることがすごく勉強になりましたので、コメントからで申し訳ないのですが書き込みさせていただきました。
結構な時間をかけて、いろいろと読ませていただきました。感謝いたします。
アクセスアップをする為には、どうしたらいいだろうと思い、バナーの交換や検索エンジンへの登録など最良の方法を得ようとしていたのですが、目に留まってから長く読ませていただきました。ルノさんが記載されていることを参考にして、改善、工夫をしていきたいと思います。途中でメールの送信画面もでてきたのですが、その後もあちこちを読ませていただきましたのでどこから連絡したらいいのかがわからなくなり、ブログのコメントからにしました。
ありがとうございました。
Nekoyanさん  2007年01月17日 10:13
こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
我流で作成・運営しておりますが、1ページでも役に立つと評価していただければ嬉しく思います。
今後のご発展を期待しています。
管理人さん  2007年01月19日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3053801
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック