2007年01月25日

映画嫌い

私は映画が嫌いです。
何がきらいって、映画ぐらいきらいなものはないんだ。僕の前じゃ、映画のことは、口に出さないでくれ。
と、ライ麦畑のホールデン君は言いました。
私は筋金入りの映画嫌いのようですが、ホールデンほどではないでしょう。映画のレビューを読むのはわりかた好きです。レビューが上手だと映画も面白そうだと感じたりします。文章を読むことが好きなのです。

幼いころから映画は嫌いでした。
入学から2年間を過ごした小学校では、年に何回かの土曜日が映画鑑賞に充てられていました。その日は授業がなく、登校したら生徒全員並んで映画館へ歩いていき、映画を見たら学校に戻り、給食終えて下校・・・というスケジュールでした。
たまたま我が家は学校と映画館の途中にあったので、家の前まで来たらこそこそと列から離れて家に入り、ひとり遊んだり本を読んだりして時間をつぶし、2階の窓から眺めて映画帰りの列が見えたらまた列に紛れ込んで学校へ行く・・・要はサボっていたのです。親も教師も黙認、というか、レクリエーションだから無理に参加しなくていいという雰囲気があったようです。勉強をサボるような子ではありませんでした(ホントだよ)。
もっともすべてパスしたわけではなく、ディズニーアニメを見た記憶があります。

今思うと、私はひどく落ち着きがなく騒々しい子どもだったので、長時間映画館の椅子に座っておくことに耐えられなかったのでしょう。テレビは好きでよく見ていましたから。

大人になってからは一か所にじっと座っておくことが大好きになりました。落ち着きのないお子さんをお持ちのお母様、あまり将来を悲観せぬように。えっ、よけい心配になってきた?

映画が嫌いだなんて損な人生じゃないかと言われそうですね。しかたありません。嫌いなものは嫌い。

こんな私にも映画好きの男友達ができて、いろんな映画館に連れ回された時期がありました。気が弱くてイヤと言えない性格なんですよねー。
当時見たのは、シュワルツェネッガーやスタローンなどのアクション洋画がほとんど・・・幼稚なヤツ。ダイハード、ロボコップ、バトルランナーとか、けっこう面白かったような気がします。

それでも映画館で洋画を見るのはひどく疲れます。
視力が弱いので最前列でなければ字幕が見えません。

家で吹き替えモノ見たらどう?
登場人物の見分けがつかず、筋立てをなかなか理解できないんです。ガイジンさんはみんな似たような顔をしているし、いや、日本人でも同様なのです。私の人物識別能力は黒田勝久くん並みでありました。
高校時代は教師の顔と名前が一致せず、とりわけ体育教師は男女の区別さえつかないありさま(これは向こうの責任だ)。クラスメートもなかなか覚えられず、友達ができません。社会に出てからも社長と部長を取り違えたりいろいろと危うい思いをしましたが、どうにかごまかしごまかし・・・結局挫折してリタイア。
インターネットで顔のない世界の素晴らしさを満喫できるかと思いきや・・・やっぱり殻にこもってしまいそう。顔だけの問題ではなさそうです。

そうそう、インターネットを始めて映画嫌いのもうひとつの要因を発見しました。動画がダメってこと。
動くものが苦手なんです。ちょろちょろ動き回るゴキブリより、仰向けになって干からびたゴキブリのほうが好き、いや、ましだもん。あなただってそうでしょ?
ビルの壁を流れる電光ニュースさえ読めません。動体視力ゼロ、じゃないかしら。
いまやウェブはあまりに多くの動くものに埋め尽くされかけていて、動くものを見せるためにOSもパソコンも進化してきたといえましょう。その恩恵を受けたくない私は、確かに損な人生を歩んでいるようです。
スポンサーリンク
この記事へのコメント
私は落ち込む映画が全て大嫌いです。十数年前に無理やり知人から『ターミネーター2』を勧められて鑑賞して落ち込んだ後苦痛の人生を過ごす羽目になりました。そして『アメリカン・ビューティー』で人権侵害者への不満を覚える羽目となりました。最近から超苦手なものは『余命1ヶ月の花嫁』。乳ガンは人事ではない事や生命の大切さを知るという事は良いが、勝ち組から負け組への転落の恐れがあるリスクを負う事やバカ騒ぎするだけのアイドルやお笑いタレント・そして身の回りの人権侵害者への不満を覚えるリスクを負う事という理由で鑑賞が不可能です。
名無しさん  2009年10月18日 21:36
〈続編〉
でもって、見るだけ私ならマスコミや人権侵害者への不満を覚える動機でしか出来ず、かつ精神面・社会的地位・人間関係の悪化を招くという理由で落ち込む映画は大嫌いです。これだけでは愚か、バカ騒ぎするだけのアイドルやお笑いタレントも大嫌いです。
名無しさん  2009年10月19日 20:48
落ち込む映画、のみならず、落ち込ませるものはなんでも好きにはなれませんよね。
映画というものは観客を勇気づけたり面白がらせようという意図で作られたものが多いようですから、それを見て落ち込んでしまうのは不幸です。
バカ騒ぎアイドルやお笑いタレントなどに関しては、私など全く見ないものですから、もはや好きだの嫌いだのとは無縁の場所におります。心の平穏のためにはよろしいかと思いますよ。
管理人ルノさん  2009年10月20日 22:35
「余命1ヶ月の花嫁」で人生の負け犬にさせられるのが嫌だというから、この映画に対抗する方法のひとつとして乳ガン防止に良い食生活を常時やれ、と私も思います。
名無しさん  2009年10月23日 22:33
『余命1ヶ月の花嫁』は苦手どころが、大嫌いだぜ。「何なの、あの涙脆さは?」と思うだけで私を負け犬にさせるんじゃねぇぜ、という気持ちがたぎるぞ。
名無しさん  2009年10月31日 18:36
私は「余命1ヶ月の花嫁」は人生の中で最も大嫌いな映画です。
。さん  2009年10月31日 20:26
見るだけ落ち込む映画ははっきり言って見る価値無し
、さん  2009年10月31日 23:42
落ち込む映画ははっきり言って「金を返せ」と言いたくなる様なものが多いと思うぞ。そういう事を一切相手にしない気持ちでお金の節約にも役立つぜ。
,さん  2009年11月01日 07:13
全然落ち込まず、これはおすすめだという映画があれば、ぜひご紹介ください。
管理人さん  2009年11月01日 12:53
今年の中盤からは落ち込む映画が嫌いだ、という影響で映画は超苦手です。とは言いつつ絶対おすすめ映画のひとつは過去にさかのぼって『トップガン』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー三部作』です。
No Nameさん  2009年11月02日 03:54
私はもう「事実上の映画離れ」です。自らの好きな分野と関係がある映画以外は全く興味を持つ事が不可能です。かつ、映画以外の趣味が完全に主導権を握っているからです。
No nameさん  2009年11月03日 09:16
私は『トップガン』も『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も見たことはないのですが、お涙頂戴ものは嫌いなので、「余命1ヶ月の花嫁」よりはずっと面白いのではないかと思います。
世の中には映画以外に素晴らしいものがいっぱいありますから、映画離れもいい人生ですよね。
管理人さん  2009年11月03日 20:47
映画離れは当然の決断よ!!落ち込む映画は嫌いな一般人同士がネットで仲良く語り合う場所も必要だね!!
No nameさん  2009年11月06日 06:31
全くその通りです。私は見たことはありませんが、2ちゃんねるなどにあるのではないでしょうか。
管理人さん  2009年11月06日 21:49
管理人様、この件に関して大至急情報の仕入れをお願いします。
No nameさん  2009年11月09日 07:11
えーと、すみません。前回は何も調べずに書いてしまいましたが、映画全般が嫌いな人は少数派ですから、意図に合うものを見つけるのは難しいかもしれません。その場合、自分でスレッドを立ててみるという方法もありますけど・・・。
管理人さん  2009年11月09日 22:46
「映画離れ」と言ったらかえって落ち込む映画への不満を覚えるという心理が止められません。だからこれからは落ち込む映画は全て完全無視・それ以外の映画は興味を持つか持たないかという辛口な判断でしのぎます。
No nameさん  2009年11月22日 16:59
ひとつでも「落ち込む映画」というものに遭遇したら、かなり強い心の傷を植えつけられることもあるのですね。
私がそのような立場だったら、いい映画も悪い映画も全部無視して、心を癒すことにいたします。世の中には楽しいことが山とあるわけですから、映画に拘泥するのは損だと思いますし・・・。
管理人さん  2009年11月26日 23:01
私はもう『余命1ヶ月の花嫁』なんか映像も見たくない程大嫌いにさせられた。こういう気持ち持っているのは私だけじゃないと思う。こんな私の気持ち、もう絶対理解してよ!!よろしく頼むぜ!!
名無しさん  2009年12月20日 07:07
管理人様、もう大至急理解して下さい!!
名無しさん  2009年12月20日 16:08
・・・心の痛みは個人差がありますから、安易に「理解しました」とは書けません。ただ、よっぽどひどい映画であるらしいとは思います。
管理人さん  2009年12月21日 19:20
いいですか。私は最近『余命1ヶ月の花嫁』への不満という心理に振り回されたんだからね。だから私はあの映画を無理矢理勧められた事で精神面や社会的地位等の不安定に振り回される心理なんかもう一切受け付けしないという気持ちでいっぱいいっぱいだぞ。絶対にこれを承知して下さい。
のーねーむさん  2009年12月22日 05:28
承知しました。
管理人さん  2009年12月22日 11:26
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3168372
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック