2009年08月29日

金メダルは誰のもの

自国の人が国際的に活躍するのは喜ばしいことです。ノーベル賞を受賞したといっては騒ぎ、金メダルを取ったといっては歓声を上げ・・・。
ニュースではイチローが何本ヒットを打ったとか報道するけど、チームが勝ったのか負けたのかわからずじまいってこともあります。

オリンピックでも世界選手権でも、日本人選手がメダルを獲得するたびに、「○○選手が日本にメダルをもたらしました」「これで日本は何個のメダルを獲得しました」みたいな表現をしますよね。
むろん勝った選手から国家がメダルを取り上げるなんて非道は行わず、それどころか褒賞金あげちゃったりすることもあるようです。
日本人選手がメダルを取れば、日本国がメダルを得たことになるのです。

練習中に冷遇されていた選手は内心「メダルを取ったのはオレだ、日本じゃない」とか思ったとしても、それを口にしようものなら総スカン喰うおそれがあるから黙っているのかも。

さて、金メダルを喜ぶにしても、地域によって温度差があるようです。
当該選手の出身都道府県の人は「我が県の誇りです」とか言うだろうし、同じ市町村民は「郷土の誇りです」、同じ学校の後輩は「母校の誇りです」と胸を張ります。
リッパな人と同じ学校出たからって、あなたが偉いわけじゃないし、賞金の一部やメダルのかけらをもらえるのでもないんですよ。いったい何が嬉しいのさ。

そういえばローカルニュースでは、地元の高校やプロ野球チーム、郷土出身力士の成績などを必ず報道しますね。
担当キャスターたちは転勤で回ってくることも多いから必ずしもファンとは限らないのに、地元の人と同じように一喜一憂しなければならず、内心鬱屈してるんじゃないかな。

とまあ、ずいぶん辛らつなことを書きましたが、別に私はこういった傾向をバカにしているのではありません。
私だって、名前も聞いたことのない中国人選手が優勝するよりは、名前も聞いたことのない日本人選手がメダルを獲得するほうが嬉しいし、相撲になんか興味ないのにK皇が勝ち越したと聞いたらちょっとホッとしたりします。まあフツーの人なんです。

私は単純に疑問を抱いているだけなのです。
どうして一般の人は同じ国の人にいいことがあると喜ぶんだろう。そして場所的に近ければ近いほど嬉しさが増すんだろう。

それは「愛国心」なのでしょうか。

愛国心というと、かつて邪道に利用されたせいか妙に拒絶反応を見せる人々もいるようですが、要は拡大された「自己愛」ですよね。
自己愛とは自己保存本能です。生物が生きてゆくのに必須の能力です。

自分個人が快適に生きるには家庭円満にこしたことはないから家族を大切に思うし、収入は多いほうがいいから会社への忠誠心も生まれるし、地域で揉め事に巻き込まれるとやりにくいからご近所と仲良くするし(どれもいちおう理想形ですが)・・・と徐々に広がっていって、国家まで来たら愛国心だ、と。

世界で国家間の紛争が絶えないのは、愛国心でとどまっているからではないでしょうか。もう一ランク上の愛星心となると、異星人が攻めてこない限り問題にならないようです。

ところであなた、お隣の奥さんが宝くじで高額賞金を当てたと聞いたら嬉しいですか?
どこか遠くの見知らぬ人が当てたのなら、そりゃ誰か当たることになってるんだからと平気だけど、近くの知り合いの誰かにそんな幸運が舞い込んだとなると、穏やかな気分ではいられないのが普通ではありませんか。やっかむあまり、ドロボーにでも入られればいいとのろったりするかも。
人の心理というものは実に・・・ですね。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:43 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31719457
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック