2007年01月27日

シズルではない

むろんテレビも大嫌いです。
納豆騒動の顛末も新聞で知りました。

映画と違って、テレビは見ずに済ませることが難しい場合があります。
実家ではのべつ幕なしにテレビがついています。しかも各部屋で。あれさえなければ盆正月ゆっくり帰省して親孝行するのに(言い訳か)。

中でも耐えられないのがコマーシャル。
ビールや清涼飲料水を飲むじゃないですか。ごっくん、ごくごくと喉を鳴らして。あのはしたなさに身の毛がよだつのです。
カップラーメンやインスタント焼きそばをズルズルっとすするじゃないですか。吐きそう。

どうして日本人はこうも下品なのか。マスメディアがあんなみっともない映像を流すので、若いもんや子どもはあれがマナーだと思い込んではいないか?

無音でものを食べるのは無理です。しかしそれを抑えるのが礼儀だと習いませんでした?
まして、ことさら人に聞かせるように大きな音を立てるなんて。
まして、それをシズル効果だとか名づけて悦に入ってるなんて。

あんなもんシズルじゃありません。言うならばslurpだ。
sizzleとは、ステーキがじゅうじゅう焼ける音などを指します。その音が惹起するイメージ効果で売り上げを伸ばした広告戦略を指すのです。
鼻水をすする音と同じ下品なラーメンの食い方とごっちゃにするのはやめてくれ。

ついでながらsizzleには『かんかんに怒る』という意味もあります。はい、怒ってます。
スポンサーリンク
この記事へのコメント
こんにちわ。
先日、コチラにコメントさせてもらった者です。
蕎麦やラーメンは、ずるずる〜って音を立てて啜って食べたほうが、美味しい気がします。
怪訝な顔する人も、たまにいるけど、気にしませ〜ん。
友人にもいますが、麺類を、ふぁふぁ、って食べる人がいますが、私は、見ていて、美味しそうに感じません。
彼女は、恥ずかしいといいます。
恥ずかしい?
日本人特有の伝統?(勉強不足のため、当てはまる言葉が浮かびません)
が、なくなってきているのが、寂しいです。
たんたん♪さん  2007年10月19日 14:04
こんにちは。
おそらく日本や中国ではたんたん♪さんと同様のご意見が多数派です。ヨーロッパではそうでもないと思いますが、皇帝ペンギンと違って脱出したくはありません。マイノリティが生きにくいのはどこの国でも同じですね。
ルノさん  2007年10月19日 23:07
はじめまして、ルノさん。私も
鼻水すすり音=麺類すすり音と感じます。

私にけんか売ってるのか!と思うくらいひどく下品な女性がいます。昼、すするたびに箸を置いてみて、雰囲気で知らせてますが、棒弱無人なそのひとが私のその方法で気づくわけありません。何回か口頭で注意しようかと思ったけど、躊躇してしまう。
ひどい固めの鼻水を激しくすすってる音と同じなの。

お互い、なんとかがんばっていきましょう。
嬉々さん  2009年04月18日 04:39
嬉々さん、ご訪問ありがとうございます。賛同者がいらっしゃると知って心強くなりました。
派手に大きな音をたてられると、ほんと「けんか売ってるのか!」と言いたくなりますよね。おまけにおつゆが飛んできそうだし。
だからって犯罪でも不道徳でもないというところが、かえって困りものです。ふぅ・・・。
ルノさん  2009年05月02日 07:56
きちんと作法というかお約束を守って食べた方が味覚も気分も満たされる食事だけでなく、反対にマナー無用の庶民料理もいっぱいあるのだな、世の中には。大衆社会化が進んだ日本では品の良し悪し、格の上下が完全に混同・混乱してわけの分からん話が一人歩きしやすいけどな。まぁ、蕎麦ごときで行儀の良い悪いを言い合っても全くの無益だな。粋・無粋を論ずるのであればまだしもな。
反日グルメ戦線さん  2010年03月02日 09:34
こんにちは。世の中にはいろんな考えの人がいますから、蕎麦ごときで粋・無粋を論ずるのはもったいないという意見もありましょうね。日本文化において蕎麦は価値が高いとも思えますが。
ルノさん  2010年03月07日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3177113
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック