2007年02月08日

やぼな十手は見せたくないが

綾辻行人・・・1、2番目ではないけど、好きです。
ほとんどの作品を読んでいます(エッセイ以外は)。お館ものの推理小説で名を上げましたが、ホラーも味わいがあります。
トリックは奇想をつく本格派、仰々しいまでに凝った設定、フェアプレイ精神・・・ますます脂が乗ってきたって感じです。

数字の十が詰まるとき、「じっ」ではなく「じゅっ」が正しい発音だと思っていました、子どものころ。五十歩百歩を「ごじゅっぽひゃっぽ」のように。
詰まるというのは促音便化って認識かな。基本が「じゅう」なんだから「じっ」より「じゅっ」のほうが自然じゃありませんか。それを「じっ」にしちゃうのは「じゅ」の発音ができない東京人の陰謀じゃないかと。

むろんそれは勘違いでして、十には「じゅう」のほか「じつ」という読み方があるだけの話です。

促音便というのは「ち」や「り」などイ音を詰めるのが普通で、「う」は対象外でしょう。「つ」や「く」は中間で「っ」になるケースがままありますが、「じゅう」と同列の「しゅう」や「にゅう」が詰まる例は思い当たらないし。

ただし、私の周りでは「じゅっぷん」とか「じゅっかいだて」みたいな発音もちゃんと通用していたような気がします。方言みたいなものかもしれません。

あ、それでね、綾辻行人の館シリーズに『十角館の殺人』というのがありまして、奥付には確か『じゅっかくかんのさつじん』とルビが振られていたのです。で、トッテモ親近感を持っちゃいました。

悲しいのは、当の『十角館の殺人』がどんなお話だったのか、さっぱり思い出せないこと。ひょっとして私、白髪痴呆?
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:50 | コメント(2) | トラバ(0) | イチャモン日本語
この記事へのコメント
私も普通に、五十歩百歩を「ごじゅっぽひゃっぽ」と読みますが、これはやはり話し言葉のスラングなのでしょうね。 訓読みで無い限り、元は、呉音、漢音で、古い音の写しは読経の発音ではないのでしょうか。 経文を読む時のリズムなども関係して「じっ」と成るのでしょう。 謡曲などの純邦楽でも「じっ」ですね。
音の数と、リズム感が関係するのかも知れ万。どなたか言語学に詳しい方がいたら、是非掘り下げて聞いてみたいテーマですね。
traviataさん  2007年05月16日 21:35
おお、ごじゅっぽ派でしたか。なんとなくそう発音したくなる字面ですよね。
「リズム感」という見地から考えたことはあまりないのですが、言いやすく口や耳になじみやすい音が、長い年月のうちに残っていくのだと思います。
ルノさん  2007年05月17日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3314352
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック