2010年01月06日

目病み女

当ブログで一番訪問者が多い記事は、ずっと前から『霰粒腫を自力で治す』であります。次が『内攻型ものもらい』。
両記事はつながっていて、ものもらいを切開治療したはずなのに、霰粒腫(さんりゅうしゅ)となって復活、巨大化した体験談をつづったものです。
このふたつで全アクセスの半分を占め、トップページなどほんの数件しか・・・涙。

うちは霰粒腫ブログじゃないぞーと、ブツブツ。
じゃあ何ブログだ?
・・・三流ブログ。
たくもう、少しは想定外のことを言え。

ならば、三銃士ブログ。
『三銃士』を読んだのは子どものころです。こういうタイトルでありながら、主人公は三銃士ではなくいなかもんのダルタニャンだということに、納得がいきませんでした。
成長するにつれ、そんな読み物は山とあり、また、最初は正真正銘主人公だった者が脇役に食われてしまうことも珍しくないと知りました。

これといって主人公(主要テーマ)のないブログで、圧倒的存在感の現代病「霰粒腫」がしゃしゃり出るのは当然の結果かもしれません。それほど昨今は霰粒腫が増えているのです。ライフスタイル、とりわけ食生活の変化が影響していると思われます。
治っても再発を繰り返すことが多いので、かかりやすい体質というものもあるようです。

自分がなってみるまでは、霰粒腫なんてほとんど聞いたことのない病名でした。だから珍しいんだろうなと思っていました。
めでたく完治して2年半、再発もなく、順調に経過していました。

ところが!
正月早々、なんだかまぶたが熱っぽい。
以前の霰粒腫は左の上まぶたにできたのですが、今回は右の下。下まぶたは自力でひっくり返すことができるので、鏡に映したら、裏全体が真っ赤になっていました。
放置していたら、だんだん目の縁が腫れて、白目まで充血。まばたきするたびに痛みが走るようになりました。上まぶたにも細菌が移動したのか、縁が赤くなってきました。

冷たい水で洗ったり、冷やしたりしたけど改善せず、あっためてみましたが、かえって悪化。目の前がかすんできました。
とうとう病院へ行ったのが、1月5日。

「ただのものもらいです」と軽あしらいされましたが、「下に脂肪のかたまりができてますね」と、気になる指摘も。
5ミリくらい離れてはいますが、確かにコリコリしたもの(腫瘤)があるのです。触っても痛くはない。まさしく霰粒腫の根っこに違いありません。今のところ、目立つほどふくらんではいませんけど。

とりあえずクラビットとプロラノンとタリビッド錠をもらって、翌日には痛みも引き、充血や腫れもかなり治まりました。ただし縁はまだ赤く、結膜の異常な赤さは以前のまま。

今回のものもらいが霰粒腫と関係あるのかないのか、それは不明です。
通常、霰粒腫には痛みがありません。化膿もしません。消滅もしません。わかっているのは、ものもらいが治ったあともその腫瘤は残り、下手すると大きくなる可能性があるということです。

一昨年から昨年は、ウォーキングも激減した上、お菓子三昧だったし・・・。体質に加えて、甘くだらしない生活も祟ったような気がします。
初心に帰って取り組まないと、『2度目の霰粒腫は手ごわい』なんて記事を書くはめになりそ。

ときに昔の人は、目病み女と風邪引き男は色っぽいとか言いました。
近くで見ると決してそんなことない(とりわけ眼病ってのはフケツっぽいんですよー、治るまで人前には出たくないもんです)が、腫れが治まりかけて目の縁が赤い状態って、案外いけるかも。歌舞伎の女形が目のまわりを赤く塗りますよね、あれは目病みを真似たんじゃないかな。
などと言い聞かせて慰めております。
投稿者:ルノ 21:02 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34594613
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック