2010年02月12日

酢割る通し利害タイ

先般からなんとなく座り心地の悪い状態が続いておりまして、ありていに言いますと、座ったときお尻が痛いのです。

前立腺癌など厄介な病気の前触れかと危ぶみ、検索してみることに。

「座ると」と入力したら、検索候補の一番目に「座るとおしりが痛い」が出てきました。
世の中には座るとお尻が痛くなる人が大勢いるんだと、検索前から安心してしまったのでした。

実は私、こうやって検索窓で候補の顔ぶれを見ただけで満足して、実際の検索にまで至らないことがままあります。
主にうろ覚えのものごとについて、正式名称や漢字表記を確認すれば済むような事柄(固有名詞など、辞書に載ってないものが大部分)などで。ごくたまに、大勢の人が間違って覚えているような語句では誤記のほうが上に現れたりして、そのあたりは経験と勘に頼るのですが。

今回はそこで中止したわけではなく、ちゃんと検索いたしました。

無事検索まで発展しても、そこから個々のページへ飛ぶ確率は、一般的検索者に比べてかなり低いはずです。

あちこちのサマリーをつなぎ合わせたら、たいてい必要な情報が得られるものです。もともと過剰な期待を抱いてるわけではないし、貪欲なサイトを不用意に訪ね、個人情報を落としたり、クッキー仕入れたりなんて避けたいではありませんか。
相も変わらず心配性

とかなんとかぼやきつつも、結果的にいろんなサイトへ出向いているのが事実です。
とはいえ、それにもワンクッション。検索結果ページのURLをコピペして、隣のタブで開くのです。ちょっと面倒だけど。私が使っているブラウザでは2タッチでコピーできるので便利です(乗り換えると言いながら、いまだ捨てない理由)。

クリック惜しみというか、クリックに慎重な性格なんですよね。
検索結果のリンクをじかにクリックすると、どういう語句で検索されたかが当該ページの管理人にわかってしまうかもしれません。
そんなことを恐れていてはネットを歩けないじゃないですか。そもそも自分がお尻痛いで検索した事実をここで明らかにしていながら。頭隠して尻隠さずってこのことですなあ。

尻痛に関して数ページ見ましたが、結局のところ、自分の症状がどれに該当するのかは判断できませんでした。「骨盤のゆがみ」あたりが妥当かなー。

よくある、固い椅子だと痛くなるけど、柔らかいソファなら平気というケースに比べると、私は逆です。そこがちょっと不思議。
固い椅子に座ると臀部の底しか座面に密着しませんが、ソファは体が沈み込むので、背中から太腿まで、広範囲に体重がかかります(その分重みが分散されるのも事実ですが)。ソファに接触する「背中に近い部分」に問題があるのかも。
ソファではくつろぐだけで、何も建設的なことをしないので、椅子に座ってしゃきしゃき仕事せえという、潜在意識の危機感からの働きかけだと、前向きに受け止めることにしよう(でいいんだろうか)。

以上、個人的なお尻(と性格)の話をしてしまいましたが、せっかくだから、貧盗恋歌らしく締めくくりましょう(もう手遅れだい)。

脳、肌、肝臓など、人体の各部を表す漢字には、月のつくものがたくさんあります。これは「にくづき」といって、肉が変形して月になったもの。お月様とは別物です。現在では形の上で区別しなくなっていますが。
服は人体に着せるものだけど、にくづきではなく、ただの「月へん」です。

尻と同じ意味の「臀」には月が含まれますが、尻のほうはなぜこんな形なのか、ちょっと興味を持って辞書を引いてみました。
この部首(たれ)である「尸」は、なんと「しかばね」という不気味な名称を持っているのです。ほかに「おのたれ」とも呼びます。

尸のなりたちは象形文字で、人があおむけに寝ている形だとか。それで屍のほか、「形代(かたしろ)」という、祭事において人の代わりに祀る人形のようなものを指すようになりました。

だから尸たれを持つ漢字は、人体に関したものが多いのです。それも下半身っぽいような。格調高いブログなのでいちいち書きませんから、頭の中でくっつけてください。毛、水、比・・・。
そういえばも下のほうです。
比喩的に「屑」とか。
人間の屑といっしょにされたら、尼さんは怒りますね。

で、尻ですが、人体を表す尸に数字の最後である九を組み合わせて、体の端っこを意味したのではないかと思います。体だけでなく、帳尻や言葉尻など、抽象的な端っこも表します。

しかしま、お尻は体の中心部でこそあれ、端には見えないんですけどね。漢字ができたころ、人類はまだ四つん這いだったのでしょうか。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 21:42 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35280637
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック