2010年02月16日

ひがみ根性

一姫二太郎の起源がいつごろか知りませんが、子沢山だった明治時代よりは新しいのではないでしょうか。あるいは、何人産むにしても、一番目は娘、次に息子が良いということかもしれません。
最初に生まれたのが男の子(跡継ぎ)でないことにがっかりしている人を慰めるために言われ始めたとも聞きます。
実務上も女の子は育てやすいから、まずは育児の練習台。育て慣れて稼ぎも増えたころ、本番に着手という算段であります。

二夫にまみえずが貞女の条件で、寡婦の再婚にはいろいろと障害がありました。
昔の中国では、夫が死んだら妻や次号を殉死させるケースも。「結草」という成句の背景にはそのような事実があります。
貞婦、節婦、烈女も貞女と同様の意味です。両夫を並べずとか、二夫を更(か)えずなどの言い方もあります。

三界に家なしの宿命を持つのが女性という存在。貞婦でなくとも生きづらいことに変わりはありません。

四徳は、婦人が修養実行すべき4つの道。言・徳・容・功。
功(わざ)は料理や裁縫でしょうか。
容はお化粧。女性の見た目は非常に重要です。玉の輿に乗れれば、一族が繁栄します。その期待から、女の子=門楣なのです。

五不取(ごふしゅ)。こんな家の娘は嫁にしてはいけないのです。
謀反人を出した家、家庭の乱れている家、代々罪人のある家、悪質の遺伝病、父を失った長女。

六親はいっさいの血族のこと。
管子では、父・母・兄・弟・妻・子。姉妹は含まれないんですね。嫁に行っちゃうからでしょうか。
老子だと、父・子・兄・弟・夫・婦。えっ、母もつまはじき?

七去は、妻を離縁する7つの条件。儒教の教えです。
男子を産まない、浮気する、姑に逆らう、おしゃべり、盗癖、やきもち焼き、不治の病気。ひとつでも該当すれば追ん出されるそうな。

八八(はちはち)は、かけて六十四。瓜という字を分けるとふたつの八になる(そうは見えないけどね)ことから「破瓜」ともいいます。
同じ破瓜でも、男子は64歳、女子は8+8で16歳のことです。男でない64歳はババアであって女ではないんですね。

九族とは9つの親族です。自分を真ん中に直系9段階を指すこともあれば、父の族4、母の族3、妻の族2を合わせたものという説も。父母の差1は誰でしょう。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 10:21 | コメント(0) | トラバ(0) | 辞書と戯れる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35343199
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック