2010年03月30日

立つ鳥後を絶たず

冬鳥の北帰行の季節となりました。
近所の川では、1年中鴨の姿を見かけます。たわむれにお菓子やパンを与える人が多く、居心地がいいから帰らないのです。かくいう私もラーメンまいたことがあります。
北へ行くのは夏の暑さを避けるためなのに、酷暑の夏をよく耐えるものですね。

「立つ鳥跡を濁さず」という成句は、引っ越しや転勤の際に身辺をきれいにしておけよとの忠告を込めてしばしば使われるのですが、別に渡り鳥が出発する前に巣の掃除をしておくということではなく、水鳥が水から飛び立ったときに、水面がきれいという程度のことらしい。鳥の心がけではなく、水の自浄作用に過ぎません。

昔、雀のヒナを育てたことがあります。目も開かない、毛も生えていないヒナは、餌を食べるとウンチをします。そのとき、もぞもぞと体の向きを変え、おしりを巣の外に出して行うのです。親が教えたわけではなく、本能的にそうするみたいです。だから巣の中はいつもきれい。
そのウンチはぷよんとして弾力があり、割り箸でつまんでもつぶれません。鳥によっては親がくわえて遠くに運んで捨てる習性がありますが、そうしやすいようにできているのです。

歩けるようになると、巣の中でもどこでも、ところかまわずウンチしまくります。そこが巣だったという記憶がないんでしょうね。質も変化して水っぽくなるから、掃除がたいへん。鳥が飛び立ったあとはちっともきれいじゃありません。

・・・またも無意味な前置きを。

本日は、跡を絶たない「後を絶たない」という表現にイチャモンをつけます。

「後」と「跡」はどう違うのか。何かをした後に残るのが跡だから、まあ大いに関連はありますが、通常はさほど意識せずとも区別がつくものでしょう。

「跡を追う」を「後を追う」と書くことも多いようですね。
死んだ人や見えなくなったものを追うのなら「跡を追う」って感じだけど、背中が見えている人を追っかけるなら「後を追う」が合っていそう・・・てのは屁理屈?
それはおいといて。

私が持っている辞書には「後を絶たない」という言い回しは載っていません。
「跡を絶つ」ならばあります。「痕跡をなくす」から転じて「物事が起こらなくなる」といった意味。「あとを絶たない」がその否定形であるならば、「後を絶たない」ではなく「跡を絶たない」が正解です。

しかるに世間では、マスコミも含めて「後を絶たない」が横行しています。

別に私は「後を絶たない」が間違いであると断じたいわけではないのです。
これが実際「跡を絶つ」の否定形として使われているのかというと、微妙に差異が感じられるんですね。

ひとつは、通常は否定形しか用いられないこと。「児童虐待は後を絶たない」とは言うけど、「児童虐待が後を絶つ日がはたして訪れるのか」なんて言い回しには、まずお目にかからないでしょ。強引に肯定形とするならば、おそらく「跡」が使われるのではないでしょうか。

もうひとつは、通常「好ましくないこと」に対してのみ用いること。「好ましくない」というのは、むろん使う人の感情ではありますが、常識的に多くの人が同感するだろうといった含みがあります。

おおもとの「跡を絶つ」には、そういった感情判断が入り込みません。

始まりは「跡を絶つ」の否定形の誤記だったと思われます。
消滅すべき嫌な事柄が、なくなるどころか「後から後から」続発するのだから、「後を絶たない」のほうが受け入れやすいではありませんか。この件の「後」に来るものを絶えさせてしまえば、「跡を絶つ」ことになってメデタシメデタシですからね。

跡を絶ってほしいものに対して、「○○はあとを絶たないなあ」と嘆いているうちに、否定形のみはびこるようになってしまい、「後を絶たない」は「跡を絶つ」から独立した、いわば「新語」として定着してしまったということでしょう。おそらくはここ十数年かそこらの変化です。

昨今は「後を絶たない」という言い回しを見たり聞いたりしない日はないといっていいほどです。「後を絶たない」があまりに使われすぎる、ひどい世相が「後を絶たない」をますます大きく育てているのです。
投稿者:ルノ 22:40 | コメント(0) | トラバ(0) | イチャモン日本語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36765931
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック