2007年04月28日

魅惑の変態

昆虫変身3D図鑑』は実に見飽きない本です。好きな人はハマりますよー。
いろんな虫の孵化や羽化の瞬間を捉えた写真や幼虫と親の比較、立体視写真などがずらり。立体視をするための専用眼鏡の作り方も載っていますが、裸眼でじゅうぶん可能です。

昆虫の面白さは変態にありますね。
あんな青虫や芋虫や毛虫が、あんなさなぎになって、あんな親虫になる必然性はなんなのか・・・実に不思議。

とりわけ蛹(さなぎ)は興味深い状態です。
さなぎにならず親と同じ姿の子がちょろちょろするゴキブリは不完全変態だからつまらない。

卵→幼虫→さなぎ→成虫という経過をたどるものが完全変態ですが、ファーブルが見つけた事例には、幼年期が2つに変化する過変態というものがあるとか。なんだか充実した人生、というか虫生のようだけど、実は苛酷な環境に耐えるための適応つまり進化なのでしょう。
もっともファーブルはコテコテの反進化論者でした。

さなぎの中には目も口もないどろりとした粥状のものがあって、時を経るとどこがどうなるのか知らねど翅や肢になるのです。その無防備なお粥をストローで吸って成長する天敵もいて、食うか食われるかの厳しい世界。

考えれば卵だって、どろりとした均一の状態から顔や心臓ができるのだから、さなぎは第2の卵ってところか。
そこまで還元されるからには、成虫には幼虫やさなぎ時代の記憶なんてないでしょうね。そもそも昆虫に長期記憶なんて不要みたいだし。

おざなりで作ったフェルトのてんとう虫ぬいぐるみ。ナナホシテントウのつもり。
テントウムシ

現実の虫は苦手だけど、写真を見たり文を読むのは好きです。
我が家の貧弱な本棚には、『ファーブル昆虫記』のほか『クモの不思議』『昆虫学への招待』なども。

その他昆虫関連のおすすめ本。
ゴキブリだもん』・・・『美しきゴキブリの世界』をたくさんのカラー写真で紹介。知らず知らずゴキブリ好きになります。なるかっ。食用ゴキや妖精のように美しいゴキもいて圧巻。
素数ゼミの謎』・・・アメリカで13年もしくは17年間の幼虫時代を過ごして一度に大発生するヘンな蝉の進化を推測したもので、なぜ素数なのかという数学的解説には感動さえ覚えます。豊富なイラストも魅力。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:25 | コメント(8) | トラバ(0) | 虫のいい話
この記事へのコメント
おぉ〜何てかわいいてんとう虫!素晴らしい!!1つ欲しいなぁ〜。
shibaさん  2007年05月02日 20:50
虫ってとても綺麗に見えても、接写で見ると結構不気味だったりしますね。哺乳類みたいな親近感が得られないのですが、昆虫愛の人たちはどういった心情でかわいがられているのでしょうか。 虫を食べるって言うと気持ち悪い〜って大合唱が聞こえそうですが、同じ人たちに、エビ、カニ好きですかって聞くと大好きですって返ってきます。蝦、蟹ですよ。ある昆虫学者が山火事の森でタランチュラの焼けたのを見つけて食べてみたら、おいしかったそうです。山の蟹ですか。
traviataさん  2007年05月03日 00:27
どうもありがとうございます。
こういうボロで小さいのは役に立たないけど、大きく作ってクッションなんかにしたらいけるかも・・・。

エビやカニとクモは近縁なのですよね。小さいクモは食べ出がないけど、タランチュラだったら身もありそう。
アメリカでは17年ゼミのフライが好評だそうです。今年は五大湖の近辺で発生予定。
虫って低カロリー高蛋白でビタミンも豊富だそうですよ。
ttp://zup.seesaa.net/article/39094333.html
ルノさん  2007年05月04日 22:58
ルノさん、いえいえ。小さいものもアクセントなどになるものです!大きいものも確かにいいのですが、お値段が…(汗)。そう、ちょっと大きいものですと5000円位は当たり前。お財布の限界線(笑)。おぉ!いいなぁ〜なんて値札を見ると思わず「スルー」してしまうものまで…やはり大きいから手間がかかるということなんでしょうね。

巷にある「ぬいぐるみ」は殆ど「中国製」。仕方ないのかな〜。結構旅行へ行くと自身のおみあげに「ぬいぐるみ」を買ったりします。そう、ご当地キティちゃんってのがあるねぇ、あれはよく考えたね!コレクターなら買うよ、その場所でしか売ってないんだからねぇ〜なかなかの販売戦略?(ちなみに私は違いますが)
shibaさん  2007年05月06日 08:23
お財布の問題ですかあ。
実のところ手作りぬいぐるみは手間がかかるので、商業ペースに載せるのは非常に難しく、何か付加価値がなければ成功は無理でしょう。
ぬいぐるみの値段って、両極端みたいです。ビンテージベアなど小さくても何万円もするし、トイザらスでは1000円未満で大きいのが手に入るし。安いのはやはり中国製でしょうね。
安物が売り場にどさっとつまれているようすは幻滅ですが、そういう場面をあまり見たことない人へのプレゼントにはなかなかいいかもしれません。ご当地キティちゃんは噂に聞いたことがある程度ですが、相手によってはお土産に向いていそうですね。
ルノさん  2007年05月10日 21:12
>お財布の問題ですかあ。
全く〜悲しいけど事実なのですよぉ(汗)。

手作りは手間がかなりかかるんでしょうね。その分愛着もわくのではないでしょうか?商売ベースにするのは確かに大変でしょう。ルノさんのファンを作るか、ブランドを作るかすれば…それが難しいんだけどね。そう、ちなみに画像のてんとう虫でおいくら位なものなんでしょうか?

素晴らしい技術をお持ちですので、頑張って頂きたいと思います!

shibaさん  2007年05月10日 22:11
すみませーん。売るために作ったのではないので、価格など想定してないんです。じゃあなんのため? 写真を撮るためです。写真だけならメチャクチャいい加減でもごまかせるし。もう無価値ですが、タダでも売れません。ともあれ気に入っていただきありがとうございます。時間があればもっとちゃんとしたものを・・・。
ルノさん  2007年05月14日 20:29
ありゃま、それは残念な事で…。

>タダでも売れません
いや、タダなら頂きますよぉ!(爆笑)
ルノさんのプライドが許さないだろうね!

はい、また楽しませて下さい!!
shibaさん  2007年05月14日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3857229
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック