2007年05月24日

エセ『虫好き』

私が子どものころは、いろんな虫が身の回りにいました。
田舎のことでもあり、虫を怖がる子は珍しかったほど。
夏休みには昆虫採集をしたものです。標本セットを買うと、オモチャみたいな注射器が2本入っていて、ひとつは虫を殺す毒液、もうひとつは防腐剤のようでした。虫に注射するときにはドキドキしました。
川の近くの草むらにはたくさんのハグロトンボがいて、青や緑に輝く細いボディを眺めたり、指をくるくる回して遊びました。これでトンボが目を回すなんてウソだと思うけど。ハグロトンボなんて、もうどこにもいないのではないでしょうか。
夏の夜には蛍の乱舞を見ることができ、ほうきを振り回して捕まえました。
アゲハチョウも大きくて派手なものがいっぱい飛んでいました。

文明社会は小さな生き物たちを徐々に駆逐してきました。
ゴキブリとダニは別です。繁栄の一途をたどっています。
それでも我が家ではゴキを見かけることはなく、ダニは何億匹いようが悩まされません。幼いころ虫に触ったり泥んこ遊びをすると、アレルギーになりにくいそうですね。
気休めみたいにホウ酸ダンゴを置いてるけど、蚊取り線香は買ったこともない。窓を開けるとたまにハエが飛び込んでくることがありますが、カーテンを全部閉めて一箇所だけ細く開けると、そこから出ていきます。

今では虫嫌いで、触ることもできません。
もしゴキとダニがいなくなるのであれば、その他の昆虫もぜーんぶ絶滅してかまわない、くらいに思っています。もっとも、先に絶滅すべきは頭の黒い巨大ゴキブリたちです(黄色や茶色、白、赤、ハゲもいるでよ)。

きれいな虫や可愛い虫の存在も貴重には違いないけど、思い出の中だけでじゅうぶんです。

何トンボ? 知らぬ。フェルトのボディにチュールの翅。
トンボ
蜻蛉

カタツムリは虫か? でんでんむしっていうくらいだから、いいんじゃない。
かたつむり
そういえばカタツムリってものも長いこと見た記憶がありません。殻の後ろがどうなってるのかわからないので、テキトーに仕上げました。
投稿者:ルノ 20:53 | コメント(2) | トラバ(0) | 虫のいい話
この記事へのコメント
おお、トンボですかエミール・ガレ風ですね。小さい頃は昆虫採集とかやった覚えがあります。 確かに最近はトンボもカタツムリもとんと見ませんね。 もっとも、料理されたやつなら時々食べるのですが・・・
で、ガレとエスカルゴで仏国つながり。虫さん成仏してください。 ご馳走様。
traviataさん  2007年05月24日 23:25
時々カタツムリを召し上がるのですか。ゴージャスな生活ですね。
フランス人は英国人からfrog eaterなどと侮蔑的に呼ばれますが、カエルを食べることに抵抗のない日本人にとって、フランス人は長らくカタツムリイーターというイメージでした。
昔は田舎に行くと田んぼで食用蛙の鳴き声が聞こえたものです。その食用牛蛙はアメリカ原産だとかで、英米の食事情はかなり異なるのですね。
ルノさん  2007年05月28日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4097564
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック