2010年11月02日

来年のカレンダー

光陰矢の如し。ぼうっと過ごしているうちに日々は容赦なく消え去ります。

新たなカレンダーやダイアリーを準備する時期となりました。
普通に暮らしている人なら、カレンダーや手帳は銀行や取引先からもらうものから選んでいるでしょうが、世間との接触が少ない私にはそういう当てもありません。
年末になると店先や窓口などにさまざまな販促用カレンダーが置かれていたものですが、不況のせいか減ったようですね。質も落ちたし。

無料のカレンダーはデザインがいまいちだから、値が張ってもインテリアにマッチするすてきなものを買うって人も多いかもしれません。
私個人はカレンダーごときにお金を投じたくはない気分です。去年はつい買ってしまいましたが、曜日の配列が見にくくて後悔しました。

私好みのカレンダーは、絵や写真がないシンプルな構成、数字が大きくて遠くからでも見える、大判で厚手の紙、などです。
紙質にこだわるのは、型紙作成に再利用するからです。だから両面印刷はペケ。
しかし昔に比べると、ペラペラで薄手の紙ばかりになりつつあります。薄くて大きな紙なら封筒に作り変えて、型紙整理に使ったり。

ところで、ボロッとなったふきんを取り替えようとキッチンの抽斗をあさったら、出てきたのは1977年のカレンダークロス。ここに住んで十余年、どうしてこんなものが我が家に?

77年カレンダー

麻布に印刷されたもので、大きさから推測するに、いわゆるテーブルセンターとして作られたものではないでしょうか。壁飾りにもなりますね。
洗濯して色あせていますが、生地はしゃっきり。

これがたまたま2011年と同じ曜日なのです。
30年も経てば祭日なんか激変しちゃってますが、祭日の記載がないので、問題なく使えそうです。
次に同じ曜日が巡ってくるのは2022年? それまで生きている自信はないなあ。

このクロスを提供したMelody Houseというレコードショップはとっくにつぶれたはずです。でもその名は我が家の抽斗の中で生き続けることでしょう。
なにぶん花柄の変なデザインだし、字も小さすぎて好みに合わないから、たたんで抽斗に戻しました(使わないならさっさと捨てろ)。
投稿者:ルノ 10:34 | コメント(0) | トラバ(0) | レトロ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41568738
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック