2010年11月28日

悲しくないのに

新聞や雑誌の人生相談コーナー、くだらんと思いつつ、ついチラ読みしちゃいます。

他人の不幸は蜜の味。悩み苦しむ人々と引き比べて我が身のささやかな幸福を味わおうという魂胆? いえいえ、ひまつぶしです。

そもそもほんとうに困り果てている人は、返事をもらえる当てもない誌上相談室宛てに手紙を書く余裕なんかないと思いますよ。結果的に、採り上げられる悩みは「んなん自業自得だぜい」とか「しょーもないことに拘泥する前にもっとやることあるだろうに」などと突っ込みたくなる些末事ばかり。
でもまあ、本人にとってはそれが一番の重大事なのでしょうね。ある意味、うらやましい。

ある日見かけた相談。「真剣に話をしようとすると涙が出て困る」というような内容だったと思います。
ふーん、そんなこともあるんだなと読み流し、回答者の意見については全く覚えていません。

だいぶ日が経って唐突にそれを思い出し、私にも同様の経験があることに気づいたのです。会話の最中、決して涙が出るような局面ではないのに、なぜか涙ぐんでしまうといったことが。
若いころ、特に学生時代にはわりと頻繁に起きたような気がします。

とりわけはっきりと覚えているのは・・・。
カッコーが自分で子育てをせず、ほかの鳥の巣に卵を産んでを育てさせることはよく知られています。それをうまくやり遂げるために進化してきたようです。カッコーのヒナが孵化してまず行うのは、養い親の卵を巣から放り出すこと。そのためかヒナの背中は、卵をのせやすいようにくぼんでいます。
そのことを何かで読んだ私は、うわー、必要は外形を変えるのかと、造形の妙に感嘆しました。
数日後、友達に教えようと詳しく話して聞かせていると、急に涙がこみ上げてきて、驚くとともに、非常に当惑したのです。殺されるオオヨシキリのヒナはかわいそうだけど、別に泣くほどのことじゃあるまいし。

今思えば、まさに私は「真剣に話そうとしていた」のでした。

くだんの相談者は若くて、真剣に話す機会がたびたびあるから、どういう状況でそうなるということを分析できていたのでしょう。
私はその場その場では困ったとしても、過ぎればどうでもよくなり、引きこもっているうちに歳月が過ぎ、「真剣に話す」ことなどなくなりました。だからその悩みを読んだ当初は、完全に他人事としか捉えられませんでした。

涙は起きている間、常に分泌されています。それはごく少量です。目を守り、栄養を与えているのです。
ときたまどっと出ることもあります。あくびをしたり、ごみが入ったり、タマネギを刻んだり、わさび食ったり、ひどく痛い思いをしたときにだって。大笑いしても涙は出ます。
そういう反射性の涙のほか、人間特有の感情性涙があります。悲しい、悔しい、せつない、嬉しい、感動や同情・・・さまざまな感情に伴って涙が出ます。涙腺の分泌神経が頸部交感神経と顔面神経の中間にあるからとかなんとか、百科事典に書いてありましたが。

真剣に話すことは「行為」だから、「感情」とは無関係に見えます。だから涙が出ることは理解されにくく、当人も困ってしまうわけです。
しかし「普通に話す」から「真剣に話す」へ前進するには、なんらかの意志、やっぱり感情の後押しが必要。また真剣に話せば、表情筋だって普段よりもよく動くでしょう。いずれにせよ、神経の密集した部分が刺激を受けるのだから、ご近所の涙腺神経が連動する可能性は大いにあります。

「将来の夢を熱心に語る彼女の瞳はキラキラと輝いていた」
何の変哲もないありふれた文章です。この「キラキラと輝く瞳」は単なる比喩ではなく、きっと実際に輝いているのです。それには目が通常にうるおっているだけでは不十分。
真剣に話すときにいつもより余分の涙が分泌されるのは、特殊なことではない。これが私の結論です。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 13:26 | コメント(0) | トラバ(0) | 人生燻
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41886328
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック