2010年12月31日

暗黒実話

『目を閉じて何も見えず〜』とか歌って人気を博した人がいまして、一部で「そんなん当たり前じゃん」などとつっこまれていたとか。

当たり前なんかじゃありません。目を閉じると、さまざまなものが見えます。

私は歯を磨くときに目を閉じるのが癖で、その理由を尋ねられたとき、「こうすると口の中が見えるから」と答えたらバカにされちゃいました。よけいな視覚情報がない分、歯や歯茎に意識を集中できるってことで、単なる比喩ですが。

目を閉じているときに見るものの代表は夢です。
が、はたして夢は「見る」ものか? 夢の中では歩いたりしゃべったりもするから、「体験する」ようなものかもしれません。時として自分の姿が見えることもあるし、全般的に「見る」に近い感覚ではあります。

睡眠が「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」に分けられることをご存じのかたは多いでしょう。そして、レム睡眠のときにはしばしば夢を見ていることも広く知られています。
レムとは Rapid Eye Movement の略で、その最中には眼球が急激に動くことから名づけられました。

夢を見るときには目が動く、つまり目を使うのですね。「見る」に近い感覚になるのはそのせいでしょうか。

夢のように非現実的なものはおいといて、目が見える現象を理論的に説明しますと、『視覚とは網膜の細胞に達した光エネルギーが刺激となって生じる感覚』だそうで、光がなければ視覚は機能しないことになります。

目を閉じても明暗の判断はできるし、視野を何かが横切ったことくらいわかります。瞼の皮膚が薄いから光を透してしまうのです。
すると透明人間は目を閉じても閉じなくても視界は同じということで、うっとうしいでしょうねえ・・・。

光をさえぎってしまう、つまり真っ暗闇の中では「暗黒」しか見えないかというと、そうでもなくて、形が定かではない灰色のものが動いているように感じます。これを『網膜固有光』と呼ぶそうです。

子どものころは、暗いところでぎゅうっと目をつぶると、石ころのようなものがいっぱい詰まっているように見えて、地球の内部が見えるんだーなんて、わけのわからんことを思っていました。

今や闇の中の情景はより多彩になってしまい、老化の進行が身にしみます。

私はかなり度のひどい飛蚊症なので、明るいところで目を閉じると、薄暗いバックに蚊がうじゃうじゃ残っています。暗い場所ではさすがにいなくなりますが。

代わって飛来するのが蛍たち。光視症もかかえているのです。
とりわけ朝起きた直後や夜寝る前などは、パッパッとたくさん光っては消えます。稲妻のように見える人もいるそうですが、私の場合、丸い輪っかのような形です。
光視症は外部からの光刺激でないものを光として感じる症状です。網膜が引きつったり癒着を起こして、不要な刺激を与えるためだそうです。だから激しくまばたきをしたときなどにもよく現れます。せめてもの対策として、普段はなるべく目を動かさないようにしています(動体視力ゼロはそのせいか?)。

インターネットの発展は、現代人に「見る」ことをより多く強いる傾向にあります。
ときには目を閉じて闇を見つめることで休養してはいかがですか。自分の内面が見えるかもしれませんよ。
投稿者:ルノ 23:06 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42330975
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック