2007年06月13日

ゴキブリぬいぐるみ

朱川湊人の短編『凍蝶』を読んでいたら、蝶の数え方について『正しくは一頭と数えるらしいが、・・・』との記述がありました。

日本語にはモノによって数え方の接尾語が異なるという厄介な決まりがあります。
手持ちの辞書の「数え方と助数詞」というページには、「頭」は大型の動物(哺乳類)、小型の動物や虫は「匹」とあり、一般人的な認識もだいたいそのようなものでしょう。
うさぎは例外的に一羽と数え、馬には一蹄というのもあり、犬ではマスティフなら1頭、チワワには1匹が似合いそうです。

いずれにせよ、小さな昆虫を1頭、2頭と数えることには違和感が伴います。
『正しくは一頭』というのは言い過ぎではないかと思います。

このところ昆虫関連の本を漁っている私は、「頭」という数え方には気づいていました。昆虫学会(?)ではそのように統一されているらしいのです。
「頭」は主に学術書や専門書で使われ、子ども向けや一般のポピュラーな本では「匹」となっていることが多いようです。「頭」には気取ってるとか、通ぶってる印象がある・・・とは偏見ですかね。

先だって魅惑の変態で紹介した『ゴキブリだもん』というビジュアル本でも、ゴキさんを1頭、2頭と表記しています。うげー、ゴキブリにはもったいない・・・とは偏見ですわね。
しかしま、これほど熱心にゴキブリと付き合う専門家ならば、対象に敬意を払いたい気持ちも湧くに違いありません。「通ぶってる」だなんて失礼です。

それほどこの本の内容はスゴイですよー。世界中のさまざまなゴキブリの写真を初めとして、生態、飼い方、料理法など盛りだくさん。ゴキブリ本につきものの「駆除法」がないのはジャンル上致し方ないとして、個人的には、おなかからの写真や図があればもっと良かったのに。
表紙は超リアル(ゴキブリの部分がわずかに隆起していて立体的)なので、ゴキブリ嫌いの人は卒倒するかも。

この本を参考に作ったフェルトのゴキさんどす。
ゴキブリだもん

ゴキブリ退治法については、『ゴキブリ取扱説明書』(ダイヤモンド社/2002年/青木皐)、『ごきぶり撲滅大作戦』(2002年/国際ゴキブリ駆逐協議会)などがおすすめ。
どちらもリアルな画像を排して、嫌ゴキ派への配慮もじゅうぶん。前者はゴキブリのイラストがカワイイし、後者は草履のイラストで代用する徹底ぶり(袋とじに注意)。

ちょと古いけど、『黒のもんもん組』(猫十字社)というマンガにはしばしば人物大(?)のゴキさんが登場します。なかなか愛嬌がありますぞ。

ゴキブリぬいぐるみ
ずさんに作ったてんとう虫のころに比べて、わりと悪ゴリしてきました。触覚は毛糸。脚には極細の針金入り。フェルトだからてらてら感がなくて、触ると気持ちいいですよ。
体長6センチ。ある程度大きいほうが作りやすいし非現実的ですから。なお、世界一大きなゴキブリは11センチもあるとか。

小さく作ってブローチに加工するのもオツだけど、タオル地などで巨大ゴキブリを作ってクッションや枕にすると、ゴキアレルギーの人も次第に慣れて嫌悪感が薄らぐんじゃないですか。

おなかのあたりはよくわからなかったけど、想像でテキトーに仕上げました。
ゴキブリ昇天

デスクトップのペットに。
ごきぶり


付記:
その後、実物大ゴキブリマグネットの作り方を公開し、好評(?)をいただいております。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 12:24 | コメント(12) | トラバ(0) | 人形・ぬいぐるみ
この記事へのコメント
う〜ん、ゴキにいいイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか?ギラギラした体(さすがは油虫!)、すばしっこさ、飛んで来たなんてったらもう大変!!

冷静に対処する私は、姿や形だけで嫌われているのかな?と。ゴキブリに関するページがありましたので見てみたところ、なかなか面白かったですよぉ〜!↓
http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/342488/%A5%B4%A5%AD%A5%D6%A5%EA/detail.html?mode=0

放射能に侵されても、食料が乏しくても生き抜くと聞いたことがあります。本当だとしたら凄い生命力ですね…
shibaさん  2007年06月17日 23:18
興味深いページをご紹介くださってありがとうございます。夏の季語ですか。それにしても、あの写真の光り具合、イヤですねえ。
蜘蛛なども姿や形で嫌われる部類でしょうが、ゴキブリほど毛嫌いされませんね。乾いたイメージで不潔っぽくないからでしょうか。
ゴキブリの生命力や繁殖力はすごいみたいですが、ゴキブリに限らず、虫の中には長期間の絶食に耐えるものが多いようです。大量に飼った人によれば、ゴキブリはしぶとそうで意外にひ弱な一面も持ち、飼育が難しいとか。
ルノさん  2007年06月22日 23:02
いえいえ、でも調べるとまだありましたよ!↓
http://members.at.infoseek.co.jp/dentan/

単にゴキブリといっても、凄い種類がいるんですねぇ〜。こりゃまた恐れ入りました。
shibaさん  2007年06月25日 22:18
またまた面白いサイトをお教えいただきありがとうございます(うちほどではないけど、更新止まってますね)。
『ゴキブリだもん』という本にも載っていますが、マダガスカルゴキブリはヨロイモグラゴキブリとともに、世界中でペットとして愛好されているそうです。
でもどちらも翅が退化していて触角が短いところがゴキブリらしくなく、ややつまらない印象です。やはりあのいやらしげなテラテラ翅でちょろちょろするのを眺めるのがゴキブリを飼う醍醐味かと。
その意味でペットタイプとしては、ドクロゴキブリがなかなか良さそうですよ。
ルノさん  2007年07月05日 09:15
タイトルとは外れてしまいますが(汗)、最近夜になると子供達が
「虫、見に行こう」
ということでほぼ毎日、出動しています。その虫とは「カブト」「クワガタ」です。やはりタイミングしかないでしょう?いるときはすぐにいる(見つかる)し、いないとなると全くです。

現在数匹いるようです。先日元気なカブトが虫かごを飛び出し、夜中部屋の中を飛んでいました。虫かごの蓋がしっかりしまっていなかったのでしょう。しかし「カブト」は結構力もちのような感じですね。子供の頃、蓋を開けてしまうところを見て驚いたことがあります。

同じ昆虫ということで…(笑)
shibaさん  2007年07月10日 22:56
カブトムシは大人気ですね。見た目がかっこいいし、肉食でないので飼い易いし。
革でカブトムシぬいぐるみを作ろうと思って、本を借りてきたことがあるのですが、まだ実現していません。国内外で角の形がかなり違っているので、ちょっと目移りしちゃうのです。
ルノさん  2007年07月11日 19:44
はいはい、外国の確か「ヘラクレスオオカブト」はとても立派な角を持っていますね。確かに種類によって角の感じが全然違います。ヘラクレス〜↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88

う〜ん、作られるのでしたら大きな「ヘラクレス〜」でしたら凄い人気になるかもね(?)。

ちなみに最近、捕まりません…あぁ〜。
shibaさん  2007年07月11日 22:48
実はその後、全然進展していません。
ぬいぐるみはやめて、ペーパークラフトでも作ってみようかと、ダウンロードしました。立派なカブトムシです。
ほかに種類も多くて、夏休みの工作にいいかも。
http://cp.c-ij.com/japan/
でもプリントしたら、難しそうな気がして放置。
ルノさん  2007年07月28日 21:58
はじめまして。
美しい春です。

リアルなぬいぐるみですね。
ちょっとびっくりしました。
キャラクターものだと思ったんで。

裁縫上手いんですね。
わたしは下手なんでちょっと尊敬します。

今度はカブトムシのぬいぐるみをつくってみてください。
よろしくおねがいします(笑)

ではでは。

美しい春さん  2008年10月18日 10:32
美しい春さん。ご訪問ありがとうございます。
カブトムシも作ってみたいと、ずっと思ってはいたのですけど・・・。
ルノさん  2008年12月09日 17:40
ゴキブリでたばかりなんですけど・・・
みみさん  2011年08月07日 20:53
みみさん こんにちは。
それは悲劇ですね。
ルノさん  2011年08月08日 06:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4361616
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック