2007年07月25日

言葉狩り

これまでグーグル八分だのエイジングフィルタだのとぼやいてきましたが、最近になってやっと原因らしきものが見えてきました。

数年前から男性下着サイトを運営中です。その英語版は手持ちのサイトの中で一番のアクセス数を誇っておりました。最盛期は日に千件近いアクセスがあり、いったいどんな人々がなんのために来るのかさっぱりわからない状態。当時は検索エンジンGで良い結果が出ていたようです。
もっとも訪問者は漸減していき、去年あたりからは200件弱で安定。めったに更新しないし、ページ数も少なくて、これでも御の字かなという気持ちでした。

それが今月に入ると、1日50件前後と大幅な落ち込み。いくらなんでもあんまりじゃない。
取り急ぎアクセス解析など入れて原因と傾向を分析すべきところでしょう。が、ここまで減るとサーチエンジンからは完全に見放されたと想像がつく。文章や構成の大幅改訂など、根源的な対応が必要みたいです。

予兆と目される現象はその直前に現れていました。
女性用も含めたアンダーウェア関連ページの多くで、コンテンツ連動広告が消えたのです。広告配信元Gは、デリケートな時事ネタやアタ"ルトページなどには広告を載せないとの方針です。
うちの子がアダ扱いされることには慣れっこですが、こういう形でぶん殴られるとは予想外であり、かなり不服です。
なんたってわがサイトは、実物を見れば100人中99人が健全だと認めるであろう、無益無害な暇つぶしコンテンツです。そんな簡単な判断さえできないインターネットはまだまだ原始社会。とゆーか、Gの頭脳なんざ水漏れしてるんだ。

文句を言っても始まらないので、迎合迎合。だって下着は人形などよりもはるかに効率が良いのです(広告において)。
応急手当てとして問題と思われる単語に絆創膏を貼ることにしました。それはたぶんパンのティーを英語に直した複数形。
だいたいね、全世界で数十億の人々が毎日ごく普通に着用している服を表わす言葉がいけないなんて、メチャクチャ理不尽な話じゃありませんか。

Gの専横を許すな。言論の自由を返せー。

とか息巻きつつも、その単語を取っ払ったところ、数日後にトップページなどで広告が復活しました。いまだに戻らないページもありますが、ファイル名やタイトル変更で対処することにしようかと、頭をひねっていたら、そのあがきをあざ笑うかのようにアクセス激減。うあああ。

私にとって打撃なのは、広告消滅よりもアクセス減なのです。
広告なんて個人的事情で置くものでしょ。気に入らなきゃ外せばいいんです。
でも人が全然来ないと自己満足が損なわれます。リンク縦横無尽の理論に基づき、自サイト内でリンクをはりまくって訪問者を誘導するのがこれまでの方針でした。昨今は通じなくなりつつあるとは感じていましたが、いよいよ見直しを迫られたってことですかね。

逆らって勝てる相手ではなし、今はG様にひれ伏して、さらなる迎合とご機嫌取り。あううう。

私の英語サイトはどれもこれもGに嫌われ、日本語サイトもおおむね見放されたような印象です。マイナーな言葉なら出てくるのですが、概して思わしくありません。特にABCが苦手でもの惨状ときたら・・・。(T_T)
もしそれらの原因がアダもどきへのリンクであったのなら、あるいは打開の光が射してきたのでは・・・と前向きに捉えとこう。

差し当たって隔離政策を実施することにしました。
まずは相互リンクの撤廃。ぼちぼちと外しています。根がどんなにいい子でも、世間で不良不良と阻害され続ければ、家族だって距離を置くんだい(すまぬ、わが子よ)。
しかしこのままだと完全に葬られてしまう。JavaScriptのリンクを敵が読むか不明ですが、無視してくれることを願って、取り入れることにしました。その後の対応はようすを見て決める予定。

さて、そうこうしているうちに、別の問題が進行していることに気づきました。

この貧盗恋歌が時々きわどい内容を扱っていることはかねてより承知しています。
すべて私の意図でおこなってきたことであり、責任は私にあります。
でもま、描写はきわめて抑制され(ホンマか?)、特に主義主張もなく他愛ない文面だから、懸念など持ちませんでした。内容によっては広告が出ませんが、一番ひどい(と思われるあの)ページにおいても表示されていたし・・・。
このブログはどうせもーからないから、広告なんかページのお飾り。最悪の場合、ワンアクションで撤去できるようにしています。

ところがどっこい、いくつかのページでキャッシュが削除されたことに気づきました。キャッシュなしでは検索されない。広告どころじゃない危機です。やばー。
確かにアクセスが減ったみたいとは思っていました。改めてチェックしたら、Gのシェアががくんと低下している。
この程度の単語にペナルティをかけるとは、まさしく言論弾圧ではないか。

ブログの出現で、一般庶民も気軽にたやすく意見を放出できるようになりました。常識の範囲内であれば誰でも好きなことが言える。それはネットの収穫です。
その芽を摘む暴君に、ブロガーたちは一致結束して立ち上がるべきではありませんか。

・・・いや、無理でしょうね。皆さん、アフィでお世話になっているんだから。それにほとんどの人が、どこからもつけ入る隙のない、明るく爽やかなコンテンツのみで勝負しているのだから、底辺の苦悩は理解できない、と。

さりとて暴君が正気に戻るのをべんべんと待っても詮方ない。

言葉狩りには言葉で対処。
まして相手は日本語苦手の外資系です。抜け道ならいくらでも転がっていそうな気がします。
どの言葉が問題なのか、どの程度の類義語辞書を備えているのか、見当をつけてつぶしていくのもちょっとしたゲームみたいで楽しいかも(私ってとことん前向きなヒトですねー、いや、こういう事なかれ主義は後ろ向きというのだよ)。

そういうわけで、こちらもぼちぼちと見直しを進めています。コメントやトラックバックも含め、著作権は私に存します。朱筆にご不満のかたがいらっしゃるかどうかわかりませんが、どうぞご寛容に。

ひとつ不安は、それが言葉の域にとどまっているだけなのかということです。

一部のページはアタルトからリンクされているようです。それは上記下着サイトも同様。
世間ではリンクに制限をかける注意書きが横行していますが、私個人は「アダがなんだ、リンクフリーはインターネットの理念だ」と無頓着でした。だけどそれが影響するとしたら、自力ではいかんともしがたい。

こととしだいではページの削除もしくは大々的に引っ越しとなるかもしれません。
ふぅ、やはり後ろ向きだな・・・。

付記:
結局引っ越しましたが、この記事で述べたことは極端な意見だと自分でも思います。
続きは無能な検索エンジンで。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:00 | コメント(0) | トラバ(0) | ちょっとSEO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4814243
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック