2011年12月28日

グズにつける薬

自慢じゃないが私はグズです。筋金入りのグズです。骨の髄までグズです。私からグズを取ったら、抜け殻になってそよそよと飛んでいきます。ええい、取れるもんなら取ってみろ。

たとえば、メール1通書くのにさえ、何日もかかります。何日もぶっ続けで書き続けるという意味ではなく、何日も(どうかしたら何年も)なおざりにしてしまう(書き始めない)のです。借金の申込とか借金申込への断りなどのややこしい用件ならともかく、送信済みトレイからコピペして数十秒でできあがる簡単な内容であっても、です。
忘れているだけならただの脳天気ですみますが、あのメール早く片づけなきゃといつも心の隅に引っかかっていて、夢にまでみるのです。せっせとメールを書いている夢から醒め、メールが仕上がっていないことを知ったときの疲労感は、あらためてメールに取り組む気力を失わせてしまいます。

どうして私はメールいっこ書けないほどのグズなんだろ、そうだ、図書館に行ってグズ対策本でも読んでみよう。こういうときだけやけに身軽にホイホイ出かけてしまう。そんなヒマがあるならさっさと書いて出せば解放されるのに。

そういうわけで、目についたグズ本は片っ端から読みました。
今や私はグズのエキスパート。ますますグズ道を究めつつあります。

筆頭は『グズをなおせば人生はうまくいく ついつい“先のばし”する損な人たち』(斉藤茂太)
なんと魅力的なタイトルでしょう。これで人生がうまくいったかた、おめでとうございます。

『グズをきっぱりやめるコツ!』(ジェーン・ブルカ+レノーラ・ユエン)
グズな著者によるグズ脱却の指南。本書が完成したのは締め切りから2年後だったとか。えーっ、大丈夫?

『今日できることを、つい明日に延ばしてしまうあなたへ』(ウィンディ・ドライデン)
長年グズピープル指導を行ってきた人による実践的な本で、本人は全くグズでないと豪語しています。
人がやるべきことを先延ばしする理由を分析し、心理面からの解決策を提示。考え方を変えなければなおらないということ。
この本では「グズ」という言葉は使われていません。

『グズの人にはわけがある』(ランダ・サパディン+ジャック・マガイヤー)
グズのタイプを6つに分けて分析。それぞれ対処法が違います。

『「あとでやろう」と考えて「いつまでも」しない人へ』(和田秀樹)
「のろま」受難の時代を乗り切る仕事術、つまりビジネス書です。「グズ」はわりと愛嬌あるけど、「のろま」ってのはグサッとくる表現じゃないかなあ。

『あなたはなぜ段取りが悪いのか』(渋谷昌三)・・・副題『要領がよくなる心理学』
万事モタモタしてうまくやり遂げられない人へ、心理面からアドバイスしています。私に言わせれば、この本自体、あまり要領を得ないように感じられ、段取りが悪い見本のようです。

キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』(上大岡トメ)
ミリオンセラーの人気本だから、手に取ったことのある人も多いはず。
一見グズとは関係がなさそうですが、『だらだら地獄を抜け出す』きっかけとなる小さな行動の提案です。『難しい仕事はカンタンな仕事をひとつ終えてからすぐにとりかかる』など、グズ対策の実践的項目もいろいろ。冒頭の『脱いだ靴はそろえる』のような些細なことでも、『あとで、ではなく、その場でやる』習慣を身につける第一歩なのだと。

こうしてみると、グズ本には海外の著書が意外に多い。グズで悩む人々は全世界に分布しています。
概してあちらの書は論理的・分析的で、本気でグズをなおしたい人々のために書かれた専門書って感じ。あまりかたくならないよう、訳者も苦労しているようです。
日本人の手になるものは、情緒的でやや未整理、読み物としては面白く、読めば納得するけど、グズ脱却にはあまり結びつかないような気もします。

英語でグズは“procrastination”といいます。正確な訳は「遅延、先延ばし」(“cras”は「明日」という意味)。

日本語のグズ(愚図)は「行動がのろいこと」です。ぐずぐずすることと先延ばしすることはたいていくっついているから、ひとくくりにできそうですが、世の中には先延ばしせず直ちに着手しても、あまりに不器用で要領が悪いからいつまでも仕上げることができない「真正グズ」だって存在します。
私がメールを書けないのは純粋な「先延ばし」です。汚れた食器をためこむのも「先延ばし」ですが、いざ洗い始めると、とろくてやたらと時間がかかるから、二重のグズなのです。

一般のグズ本が問題にしているのは「真正グズ」よりも、やるべきことを先延ばしまたは放置してしまう習癖です。そのために自分も損をし、周囲にも迷惑をかけていて、本人もすぐにやればいいことはわかっているのに、なぜか絶対にとりかかれないという厄介な症状なのです。症状? 確かにグズは一種の病気だ。

人がものごとを先延ばしする心理は性格によって違ってきます。
その分類を見ると、まさしく私はこれだーというのやら、これも多少は当てはまるぞ、など、けっこう思い当たります。

強制されるのがイヤ、なんでも自発的にやりたいんだというタイプは、命令されたことをやりたがりません。職場では完全なダメ社員。
私がメールの返信を放置するのも、返事を強要されているように感じるからかもしれません。ならばホームページなどさっさと削除して、メールが来ないようにしろ。

スリルを味わいたくてギリギリまで手をつけない人々もいます。
夏休みの宿題を最後の1日で仕上げるのが常だった私は、典型的スリル派のようです。その裏には、もしそれが間に合わなかったり、出来が悪かった場合、早くからやっていればもっと良い結果を出せたはずという言い訳を隠しているのです。

自分もグズ本を読破してグズをなおそうとお考えのグズさん、いまだに私がグズのままであるという事実は、いくら本を読んでもグズはなおせないことを証明しています。読むだけ時間の無駄ですよ。

要は私、単なる怠け者なのです。先延ばしする理由も半端ながら分析できていて、それは苦あれば楽ありに記載したので、ここでぐだぐだ述べません。

留意すべきは、どんなグズでも、万事にグズなわけではないってこと。
私だって3度のごはんは遅滞なく食べますし、目先のメールを放置して図書館に行く行動力はある。生存に必要なこと、好きなことならちゃんとできるのです。

嫌いなこと、したくないことを先延ばししてもいちおう生きていける恵まれた環境が、グズを育てているというわけ。

ほんとうに「恵まれた環境」なら申し分ないのですが、私の場合、自己実現にはほど遠い、最低限の生活しかできていません。
人がそれなりのことを成し遂げるには、多少の無理と我慢が求められます。その「多少」に耐えられないから、いつまでもダメ人間に甘んじるはめになるのです。

とはいえ、実のところ、私は真に自分が「ダメ人間」だとは思っていません。昨日もできなかった、今日も怠けてしまった、と後悔の連続にありながら、明日こそは必ずちゃんとやって、すべてが好転するだろうと楽観しているのです。Tomorrow never comes という真理を延々と実践しているだけなのに。

そんなとき手に取った本『読んだらきちんと自分の知識にする方法』(宮口公寿)。読む片端から忘れてしまう私には、ズキンとくるタイトルなのでした。
が、案の定、自分の知識にはならず。ただ、procrastinationが成功への唯一の障害だというあたりは納得。

そしてこの本で一番印象に残ったのは、著者の姿勢です。『人生はチョロい。でも、もし失敗したら気のせいと思え』とかなんとか。
この底抜けの楽天主義、まさしく私の生き方と同じではないか。
ひとつ大きな違いは、向こうは成功者、こっちは敗残者ってこと。・・・などと自嘲しつつ、やっぱり私は決して真の敗残者ではないと思っています。今は敗残者に見えたとしても、そのうちバリバリ働いて華々しい人生に突入するぞう、と。
それでいて、多少の無理と我慢をおして立ち上がろうとはしない。

こんな私につける薬はありません。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 14:19 | コメント(0) | 人生燻
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。