2012年04月28日

わんこステーキ

犬食いといえば、悪しきテーブルマナーのひとつです。犬が器に鼻先を突っ込んでガツガツ食べるようすはほほえましいのに、人間が同様のことを行うと、とたんにひんしゅくを買います。

犬は家畜の中でも最も歴史が古く、人間とともに生きてきた動物です。
それにしては「犬」という言葉はかなり貶められている感じです。スパイや裏切り者を指すこともあるし、犬死に、負け犬、犬侍などと軽んじられるし、最低の人間のことを犬ナントカにも劣るとか表現しましたね。それは犬が動物の代表ということで挙げられたということなのでしょうが。
英語でも、dogには「卑劣な奴」「ブサイクな人」「粗悪品」「失敗作」などの意味がありますし、spanielはおべっか使いを意味します。

「いぬくい」と澄ませて読めば、犬を食うことすなわち食犬(犬食)を意味します。かつてはさまざまな国で犬を食べていたようです。伝統料理として珍重している国もあるとか。

突如食犬について考えたのは、たまたま漢和辞典を眺めていて、「器」という字の成り立ちが目に留まったからです。4枚の皿に犬の肉を盛り上げた形を表しているのだと。
中国人にとって、犬は大ご馳走だった、というか肉の代表は犬だったんですねえ。

それにしても犬っておいしいんでしょうか。そりゃあ、猫よりはましな気がします。そもそも猫の体は食べるほどの量ないでしょ。
一般に、人の食用にされる肉は草食獣のほうが上質です。肉食獣は臭みが強くて筋張っていて、まずそうな印象。

食材目的で肥育されるチャウチャウには、肉類をいっさい与えないそうです。それでも牛肉並みにおいしくなるはずもなし。
チャウチャウの脚が棒のような形になったのは、食材として改良された結果だと聞いたことがあります。あの脚では早く走れないから逃げ出しにくく管理が楽だし、脚からも肉をたくさん取りたいってこと?

犬はたいそう身近な存在だから、犬食に対する欧米人の嫌悪感は鯨などよりも強いと思われます。が、ちらっと調べると、ヨーロッパでも犬食文化を持っていた国があるようです。

中国人はいろんなものを料理するから、人だって食うかもしれぬ。
そういえば『三国志』に、劉備が泊まった家で、そこの主人が何も食べ物がないから自分の妻を殺して煮てもてなしたという「美談」がありまして、読者はうげっとなります。どうせなら焼いたほうが香ばしかろうに。
ちょっとうろ覚えだけど、中国で病気の親に自分の腿の肉を食べさせた孝行息子の話や、薬効あらたかな人血入り饅頭の話もどこかで読んだ記憶が・・・(フィクションだったかも)。
今でも食人種というのは存在するらしいから、昔は何が行われたって不思議はなかったでしょう。

現代の文明国で人を食す理由は、おおむねふたつに分けられましょう。遭難など飢えに迫られてというのは、ごくまれに起きます。ほとんどは変態的嗜好によるもの。

欧米のホラーやサイコサスペンスなどでは、人食いはかなり好んで扱われるモティーフです。グルメアンソロジーには必ず1、2編の人肉料理が収録されています。
人肉なんて絶対にまずいと思うけど、味の問題ではなく、タブーだから食欲をそそるのですよ。ほんとうにおいしければ、もっと広まっていて、食人罪なんてものも堂々と成立しているはず。

『カニバリズム論』(中野美代子/1987)は、文学における人肉嗜食を論じたエッセイ集で、実におもしろい本です。取り上げられた作品を読んでいればなおさら深みが増すけど、ほとんどがそうでなかった私にもじゅうぶん楽しめました。60年代に書かれたものも混ざっているけど、全く古さを感じさせないところもすごいなあと感嘆。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 17:24 | コメント(0) | トラバ(0) | 辞書と戯れる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55567647
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック