2012年04月30日

早寝早起きは三文の徳

携帯電話の鳴る音に目を覚ましました。
暗闇でヨタヨタと起き上がって居間に行き(ちなみに私はケータイを枕元に置いたりはしません。寝ているときまで電磁波を浴びたくなんかないもんね)、あかりをつけて電話に出ると、「もしもし」と父の声。

実家の父が電話をかけてくることはめったにありません。用事があっても、いったんは女房(私の母)にかけさせるというものぐさぶり(別に関白じゃないんだけど)。いったいどうした風の吹き回しか。しかもこんな真夜中に(ちらっと時計を見たら3時40分くらいでした)。これはもう、母に何かあったに違いない。胸のあたりがきゅっと冷たくなりました。
が、電話の向こうは、元気か、ちゃんと飯食ってるか、などと、比較的のんきなムード。いぶかりつつ用件を尋ねたら、パソコンが故障した、と。

ええっ?
そりゃあ、パソコンに疎い年寄りには大事件でしょうが、だからってこんな時間に・・・再度時計を見たら、なんだ、8時20分でした(夜の)。
やや見えにくい角度だったし、気が動転していたのかもしれません。おまけにうちのボロ時計は、長針と短針の区別がつきにくいんだよ。と、責任転嫁。

思えば数日前から、朝の4時、5時ころまでバタバタと(非効率に)活動する生活が続いていました。
どんなに遅く寝ても、8時前には起きて朝ご飯を食べる(自由業にしてはかなりマジメでしょ)習癖なので、睡眠不足が蓄積していて、とうとうその日は夕飯抜きで6時前に寝てしまったのでした。

ちなみにパソコンの症状はどうしても電源が入らないというものでしたが、翌週帰省して調べたら、問題なく作動しました。まったく人騒がせな。

これはずいぶん前の出来事です。

今はすっかり改心して、適度な睡眠を心がけるようになりました。よほどのことがない限り、11時前にはベッドに入ります。起床は5時半ころ。

というのも『眠っているうちに病気にならない体をつくる本(根来秀行)』という本を読んで、感化されたのです。

人体は睡眠中に、成長ホルモン、メラトニンなどのアンチエイジングホルモンによって再生されるという理論のもと、再生を最大限に行わせるためのノウハウを説いた本です。眠っているとき体内ではどのようなことが行われているか、自律神経はどう働いているか等々をわかりやすく解説し、効率よくホルモンを出して若返りをはかるための朝昼晩の過ごし方、食事や運動の注意事項について述べています。

よりよい再生の第一歩が『夜11時に寝て、朝6時に起きる』ことなのです。

夜早めに寝ることのメリットは、どなたもすでにテレビや本でさんざん目にし、耳にしているはずです。主な理由は「成長ホルモンの分泌が真夜中にピークを迎えるから」ということも付帯的にごぞんじですよね。

しかし現実問題として、多忙な現代人にとって、日付が変わる前に眠りにつくのは非常に困難です。
そもそも早寝を勧めている張本人からして、早く寝ているようには見えません。テレビに出たり本を書いたりする人は、テレビを見たり本を読んだりする一般人よりもはるかに忙しいはずだしぃ。
医師で大学教授で、いろんな団体の顧問まで担当しているこの著者だって、毎晩11時に寝ることができているかは大いに疑問です(見た感じではあんまし若々しくもないし・・・ワハハ)。が、それは他人事。
私自身の乱れた生活への危機感が強まっていたこともあって、すうっと頭に入り込んで、妙にあっさりと説得されてしまったのです。その気になればどうにでも時間を律することができるのは、自由業のありがたさ。

だから、寝起きの時間を守るだけでなく、起きたら部屋中あかあかと照明をつけてなるべく強い光を浴びるようにしたり(最初に読んだのは冬で、6時に朝日を浴びるのは無理でした)、以前は午前中にやっていたエクササイズを夕方に変更したりと、可能なことは極力取り入れるようにしました。

それで効果が上がったかというと・・・うーむ、わからん。
投稿者:ルノ 17:22 | コメント(0) | トラバ(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55595216
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック