2012年06月20日

時代はキラキラネームを求めている

幼い子どもが親に虐待されて死んだり、瀕死の重傷を負ったりする事件があとを絶ちません。少し前には、パチンコ店などの駐車場で車に閉じ込められて熱中死した子どものニュースもよく耳にしました。

痛ましいことですが、同時に、その子がヘンな名前だなあと感じたことはありませんか。凝りすぎてるとか、甚だしい当て字であるとか。アナウンサーは読み間違えないように気を使うことでしょう。
死んでしまえば、本人が名前で苦労することはなくなるぞ、なんて皮肉は申しませんが。

最近は子どもの名が総じて珍妙化してしまい、その辺にいるフツーの子どもでさえ、AB女優(Bじゃないだろ)だかアニメのヒーローだかしれない名をもらっています。だから被虐待児のみがヘンな名前ってわけじゃないんだろうと思っていました。

ところが・・・。
このごろ『子供の名前が危ない(牧野恭仁雄)』という本を興味深く読みました。珍名奇名がはびこる現代ニッポンの社会事情と、そういう名をつけたがる親の深層心理について考察した内容です。

それによれば、奇抜な命名と虐待とは無関係ではないのだとか。どちらも『親の「我が子は自分の自由になるべきだ」という執念から生まれた類似現象』だと説明しています。

なお、時おりネットで目にするDQNネームというのが、そういう珍名を指すのだとは、この本で知りました。

この不況下、学生たちは就職難にあえいでいます。中でもDQNネームの子は落とされる確率が高いそうです。親のアホさ加減が端的にわかっちゃうから、採用担当者も用心するのでしょう。

自分ではどうしようもない自分の名前のせいで、学校ではさんざん苦労したあげく、社会に出ても差別されて就職も結婚もできないなんて、あまりに気の毒。犯罪に走る可能性が高いという指摘も、あながち誇張ではないようです。
犯罪者にはまともで良識的な名前の持ち主も多く、立派な人間になってくれという親の願いが込められているようですが、この「名前負け」現象も過度の期待から生じるとか。

親たちは、何も我が子を不幸せにしたくて珍妙な名をつけたのではありません。むしろ「キラキラネーム」と呼んで誇っています。
何もかも思い通りにならない世の中で、せめて我が子の名前くらい「親の個性」を発揮させてくれーという、親の気持ちだって理解できますよ。

それにまあ、芸能人が我が子につけた奇抜な名を得々と披露したり、小説やマンガにはかなり突飛な名前の登場人物がうじゃうじゃいて、若い親たちの意欲を煽り立てているようです。メフィスト系の作家など、トリックやストーリーを練るより、変な名を編み出すほうに、より多くの時間を費やしてるんじゃないかとかんぐってしまうほど(そのくらい話がチャチ)。

私個人は『女の子の名前』という記事でも述べたように、珍奇ネーム否定派ではありません。むしろおもしろがって煽りたい立場です。自分では変わった名前をつけたつもりの親御さん、まだまだ冒険が足りないよ。

我が国において、名前は時代を反映するものです。
時代小説を書く人は、登場人物の名前もその時代らしいものを選ぶでしょう。名前を聞けば時代が推測できる国は珍しいはず。つまり「命名の自由」は我が国の伝統なのです。
それでもまだ不自由だ、もっと好き勝手に名づけたいと、裁判まで起こされていますが、そんなことで争えるとは、なんてハッピーな国かしら。

平成の今、珍奇ネームは世の流れです。みんなで渡ればこわくないってヤツ。
同級生全員がそんな名前であれば、年配者いうところの「まともな名前」「普通の名前」のほうがかえって珍しく、浮いてしまうのです。

眉をひそめる年配者たちは遠からず死に絶えます。
DQNとさげすまれた人々は、数十年後には「今どきの若い親は子どもにラインハルトだのパトリシアだのってヘンな名前をつけるわね」などと眉をひそめるのかもしれません。

第一、いくら名前を制限しても片手落ちです。名字や地名にはむちゃくちゃ難読なものがあふれかえっているではありませんか。これらは時代を経ても消滅せず、延々と続いていくのです。

上記著者本人も珍名で悩んだとか。恭仁雄(くにお)という名は、響きは平凡でも、まず読めません。けっこう珍名を網羅しているIMEで「くにお」と打っても出てきませんでした。その中で「六合夫」ってのが変換され、これはいったいなんだぁと、辞書を引いたら、群馬県に六合村という地名があると知りました。
固有名詞にはいろんな読み方があるという事実を認め、それらを覚えていくことも大切です。

それはそうとして、苦しげな当て字や難読誤読を招く読み方は、やっぱり不便です。
読み間違えられず書きやすく、それでいてちょっとユニーク、あたりで妥協するのが命名のセンスですよ。たとえば「山田太郎」とか。山田太郎のどこがユニークなんだ? 下の名前がそれだよ、わはは。
投稿者:ルノ 16:17 | コメント(0) | トラバ(0) | 世相=世間相場?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56598710
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック