2006年04月18日

ロバート・スミス

ロバート・スミスの顔をプリントしたTシャツを着て歩いていたら、すれ違ったガキが、いや、小学生の男児が「ギャ、怖い」と、のけぞったのである。無礼者。

しかし・・・確かに怖い、かも。
これは本(A3豪華ポスターブック)に載っていた写真をスキャンして、アイロンプリントペーパーで貼りつけたものです。元もけっこう迫力あるけど、何度も洗濯しているうちにひび割れて、ゴスゴス(goth)してきたのであった。

ロバート・スミス
クリックすると、ひび割れのアップが・・・。

ロバート・スミスは英国のロックバンドキュア(The Cure)のメインマンです。パンクに分類されていたようだが、音楽や人物像はよく知りません。
1度CD(Bloodflowers)を借りて聴いたけどピンと来ず・・・。デザインは素晴らしいけど。
顔のどアップをあちこちで披露しているので、容貌には自信があったと思われます。実際きれいな顔です。体型は・・・まあまあ。

昔ヒマだったころ、セーターアーティスト(?)橋本治に触発されて、この写真を編み込んだセーターを作ろうと計画したのです。中細毛糸を10色くらい使い、2本の棒で編む、そりゃあ細かい精密なもので、製図だけで何日かかったことか・・・。
編み始める前に挫折しました。完成に近づいた製図を少し離れて眺めたら、なぜかマイケル・ジャクソンそっくりだったからです。うっうっう。


付記:
その後、別のTシャツも作りました。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 19:08 | コメント(2) | トラバ(0) | DIY・ソーイング
この記事へのコメント
わたしも、オリジナルT作りが趣味です♪
しかも、キュアーが大好きなので
キュアーTばかり作っています。

アイロンプリントがひび割れてくるの、わかります。
ぼろぼろになっても、それがかえって味があるので、ずっと着てます!!

セーターも同じデザインで編めたらいいですねー。
kazu-chanさん  2009年12月11日 10:01
こんにちは。
Cureファンのかたにお越しいただきまして、ほんとうに感激です。
また、そちらのブログですてきなTシャツやキュアー関連記事を読ませていただきました。これからも時々お邪魔したいと思います。

私は最近の作品はほとんど知らなくて、古いのばかり聴いていますが・・・もう30年になるのですね・・・ふう。・・・
ルノさん  2009年12月12日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/570753
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック