2006年04月21日

アクセス解析

サーバーとドメインを借りて10日。
サーバに付属しているアクセス解析の生ログを見ました。Webalizerというフリーソフトからの提供です。件数グラフもありますが、あまりに呆気なくて、詳細までわかりません。
これまで人のサイトやブログで、アクセス解析がちゃんとついているのになんでshinobiやらなんやら外部のサービスを使ってんだろと思っていました。やっと彼らの気持ちがわかった。普通にサイトを運営していれば、生ログを分析する余裕などありませんよね。
とにかく量が膨大。
初めは日に数行〜数十行で済んでいたのです。
昨日、数ページと100個余りの画像をアップして表示をチェックしたら、一気に数百行になりました。すべて私の足跡です。1枚1枚の画像へのアクセスまで記録するのだから当然です。画像への直リンクもチェックできるということですが、人の目で確認するのはたいへんです。
この調子では他人が来始めたら途轍もない分量になってしまいます。やはり必要に応じて別の解析ソフトを使うほうが良さそう。

最初に来た他者は、翌々日、whoisのロボットでした。これは納得。その数時間後、Ask Jeevesのロボットが来ました。いったい何をたどって? Ask.comがどんなエンジンかは知らないけど、英語サイトには日に数件くらいそこからの訪問者があります。数日後にblogoonbotってヤツ。名前からしてブログ専門ロボット。
以上は本サイトへのアクセスです。ブログにはブログ用のアクセス解析があって、けっこう緻密な結果が出ます。ブログは全くリンクをされていなくても、RSSというものに載るらしいので、たまに迷い込んでくる人がいるようです。
自ら宣伝しなくても人の目に触れる可能性がある点で、ブログのシステムはありがたいのですが、つまらなければたちまち見捨てられるのは、ブログも自作ウェブページも同じですよ。
投稿者:ルノ 20:37 | コメント(0) | サイト運営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。