2007年10月28日

サンタクロースがいる

サンタクロースの存在を信じる子供たちは日本にも大勢います。小学校低学年どころか、中学生になってもいると思い込んでいたと述懐する人々だって。

身も蓋もない言い方をすれば、子どもがサンタを信じたいのは、それが自分を益する(プレゼントをくれる)からかもしれません。子どもって計算高いでしょ。

サンタの存在に関する文といえば、19世紀末、サンタを信じる8歳の少女バージニアに宛てて書かれた、ニューヨーク・サン紙の社説が挙げられます。
その中ではサンタの存在がはっきり肯定されています。『サンタクロースは誰にも見えないけれど、それはサンタがいない証拠ではない』
このコラムはあまりに有名で、日本でも多くのかたがご存じのはずです。全文を読みたい人は検索すればあちこちに出てきます。

"Yes, Virginia, there is a Santa Claus" という書き出しなのですが、中身はいくぶん形而上的で難しいとか。読解力の乏しい私にはちょっと・・・。
それよりも注目したのは、Santa Clausに不定冠詞 a がつくこと。

定冠詞や不定冠詞の使い方は、日本人が非常に苦手とするところであります。
以前『A Happy New Year の A』というコラムを書いたことがありますが、自分でじゅうぶん理解していたわけでもなくてねえ。

サンタクロースという名は子どもの守護聖人セント・ニコラス(聖ニコラウス)から来ていると言われます。
もっとも現代のサンタクロースという存在は象徴的なものであり、大文字だけど固有名詞ではありません。クリスマスセールでサンタの扮装をした人もサンタクロースと呼ばれるし、ひとりひとりは a Santa Clausですね。

とはいえ、この場合、誰でも知ってるそのサンタさんのことなのだから無冠詞であってもよさそうなのに、と思うのは、やはり英語苦手の私くらいでしょうか。

きょうはまあまあ短文で済みました。メデタシメデタシ?

フェルトのミニサンタ

なのに、蛇足。
クリスマスとサンタクロースに関する雑学の詰まった『クリスマスおもしろ事典』は、クリスマスパーティの席で博識を披露したいかたや、西欧人のお友だちとクリスマスを過ごす予定のかたにおすすめですよ。

発行所が『日本キリスト教団出版局』と聞くと、宗教色が強いんじゃなかろうかと敬遠したくなりそうですが、中身は軽く奥深く充実しています。ありきたりの雑学本ではないとの自負は認めてよろしい。無宗教ならぬ反宗教派の私が楽しめたくらいです。
腹を抱えて笑うようなバカ話ではないけれど、文章のすみずみにソコハカとなくおかしいところがあって、もうどうしたものかと。
全部読み終えて、表紙絵をじっくり眺めると、ソコハカとなく2度おいしいのでありました。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:28 | コメント(0) | トラバ(0) | 英語・英文・英会話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6279029
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック