2006年05月06日

網戸の張り替え

夏を前にして、昨年からの懸案事項がいよいよ切迫してきました。
・・・破れ網戸。

ベランダに面したガラス戸に2枚の網戸がはまっていて、どちらも下半分が破けているのです。みっともないけどガムテープで貼りつけて去年の夏は凌ぎました。しかしすぐにめくれて効果がなくなります。
張り替え前

とうとう1枚の網戸の下半分は完全に外れて、90cm四方の網が数か月前からベランダを浮遊している状態(どうして片づけないんだっ)。

これまで張り替えを渋っていたのは、我が家にはそんな作業スペースがないから。

冬場はあまり窓を開けずにいたけど、この暑さではもう限界。
昨日、重い腰を上げて郊外のホームセンターまで網を買いに行きました。ウォーキングを兼ねて、てくてく片道40分。

選んだのは黒の24番(397円)とグレイの20番(297円)。数字が大きいほど網目が細かいそうな。
売場にはほかに、押さえ用のゴムやゴムを押し込むローラーなどがあったけど、とりあえず網さえあればと楽観的。

本日はありがたいことに曇り空で、ベランダでの作業も紫外線にさらされずに済みました。
以下作業手順。

まず居間のソファとテーブルを寝室に移して場所を確保しました。

網戸を外し、押さえゴムをドライバーでこじ起こして引っ張ると、網も取れます。
こうして見ると、網戸の作りは簡単なもので、枠の溝に網の端をゴムで押し込んでいるだけなのです。これまでホースで水をかけながらブラシでごしごし洗ったりしてたけど、そういう乱暴な扱いが網を早く傷めたのかもしれません。
外したゴムをきれいに洗って水気を拭きます。
泥やホコリにまみれた戸枠をぞうきんで拭いて、チラシなどを敷いた床に置きます。網を載せてその上からゴムを網ごと溝にはめ込んでいきます。四隅は十字ドライバーで押し込み、四辺はプラスティックの板で押し込み、ローラーはなくてもなんとかなりました。
ぐるりとはめ込んだら、余分な網をカッターで切り取ります。

最初の1枚はちょっとたるんでやり直したのですが、2枚目からはすいすい。2枚の網戸に計4枚の網を無事張り終えました。窓に取り付けるまで1時間半ほど要しましたが、大半は枠や窓を掃除するのにかかった時間です。

これまでグレイの網しか知らなかったのですが、黒い網はなかなか快適です。まるで網がないみたいに外がくっきり見えます。もしかして外からもくっきり?

仕上がり写真。枠にガムテープの切れ端が残っています。必死で拭いたけど取れなかったんです。ま、いいや。
張り替え後

そんなわけで、網戸の張り替えって簡単です。自分でやれば安上がり。未経験者のかたも1度トライしませんか。
投稿者:ルノ 21:35 | コメント(0) | トラバ(0) | DIY・ソーイング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/651157
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック