2007年11月30日

Not For Sale

私のサイトは「人形」のキーワードで長らくトップだったのですよ。しかし先だって突如として、51位よりもっと下にガタガタ蹴飛ばされました。どうやらそれが罠の入り口。
昨日、晩ごはんを食べている最中、ヤフーショッピングモールに出店しませんかと、代理店かどっかから勧誘電話。ただでさえ粗食なのによけいまずうなったやんか。
ヤフつとこはえろうあこぎな商売してはりまんな(何弁じゃ?)

検索結果の下落はやむを得ないというか当然のような気もします。以前が高すぎたのでしょう。
もはや売るための人形作りをするつもりはなく、完全に放置サイトです。大勢来てもらっても致し方ありません。第一、売りたくても誰も買わないので、存在意義が失せたというか。

せっかく販売するのなら、買いたい気分にさせるものでなければなりません。
しかるにうちの商品は・・・私が客だったら、絶対に買いたくない。そもそも人形やぬいぐるみが欲しいなどと思ったことなどないのです。

欲しくないものをなぜ作るのか。作りたいから。
私の欲望は作ることそれ自体で完結するのです。
作る行為はおもしろいし、まあ楽しいし、充実感がある。思い通りに出来上がったら目的は達せられたとしましょう。

完成品は邪魔だし、売れれば次の資金の足しになろうけど、売れるように作りたいとは(結果的に)望まないので、無用の長物と化します。ま、いっか。
ってアナタ、「いっか」じゃ暮らしがおぼつかないでしょ。作るだけで売らずしてたつきを得ようとの模索にえんえん時を費やしているのでありました。

嫌なこと、望まないことはさんざんやって(やらされて)きたから、余生は極力好きなことだけに絞りたい。
私の理想は半鐘程度の高さだからね、ちっとも贅沢な願いではありません。

販売を意識せずに作ることは、完成度を無視することです。しばしばずさんでいいかげんなものができあがります。時間もあまりかからないし、途中で投げ出すのも平気だし、解放された気分です。
その反面、思う存分試行錯誤ができるから、ひょっとしたら何かが生まれるかもしれないと期待したり。

話変わって、ハムスターに挫折のあげく、うさぎのぬいぐるみを作ろうと思ったのです。

私の認識では、ウサギってものは長い耳と丸い尻尾がスタンダードでした。
しかし昨今のウサギは違うんですねえ。耳は横よりも縦にやや長い程度、尻尾はあるかなきかのはかなさ。顔だって、因幡の白兎タイプの小顔はすたれて、お多福みたいな下膨れが主流ではないか。

世の動向に無知なのはちょっとしたホコリだけど、うかうかしていると自分の守備範囲だと信じていた事柄でも取り残されていくおそれがあります。

それやこれやで試作した垂れ耳ウサギ。顔やボディのバランスはまだまだ危ういなあ。カメラの角度によっても見た目がずいぶん変わるんだけど。
・・・そのうち改良版を。

素材はタオルの切れ端です。ファーは手がかかるので、練習台にはフリースやふつうの布を使います。赤ちゃんのおもちゃにはタオルでもいいですね。

人参を抱くロップイヤー
このウサギの作り方は『はじめてのぬいぐるみ―うさぎ・ねこ・いぬ・くま』を参考にしました。


付記:
なお、検索順位ですが、更新はしてないけど、その後少し回復しました。
スポンサーリンク
投稿者:ルノ 23:30 | コメント(8) | トラバ(0) | 人形・ぬいぐるみ
この記事へのコメント
趣味と実益がマッチングすれば、言うことなしなのですが…難しいですね。

えっ、いっぱいあるの?それってお部屋にいっぱい飾ってあるのでしょうか?

物を作るというのは、作るときの楽しさと、出来上がったときの達成感があります。両方が上手くかみ合うとこれまたいいですねぇ…といっても仕事となるとやはり難しい(汗)。

画像のウサギは可愛いですよ!これからの時期はプレゼント用などの需要でルノさんもお忙しいんでしょうね。

何にしましてもキャラクター用の大量生産ではなく手作り…温かさがあっていいと思いますよ。
shibaさん  2007年12月03日 22:30
励ましていただいたと思って感謝しております。
いやもう「手作りの温かさ」なんてきれいごとをつぶやいてる段じゃありませんです。付加価値がなければダメだーと叫びながら、付加価値ってのが具体的になんなのか、この私はさっぱり理解していないときてます。それもこれも人形やぬいぐるみをお部屋にいっぱい飾る人の気が知れないことがネックとなっているようです。そんなことしたらインテリアがだいなしですもの。
ルノさん  2007年12月05日 18:19
毎度です!

そうですかぁ、手作りもいいと思うんですけどね。そのうち何か発見できるかもよ?

付加価値って難しいですね。他では得られないものを見つけられれば…と言うは易しですみません。

>人形やぬいぐるみをお部屋にいっぱい飾る人の気が知れないこと
ぎゃははっ!それは私の家のことかも(汗)?中には車内ぎっしりって人も見かけます。安全運行上よろしくない(視界を妨げるなど)と思うのですが。また痛みも激しいのでは?

それで作られたもので行き先が無いものの行方はどうされてしまうんでしょうか?



shibaさん  2007年12月07日 22:14
> ぎゃははっ!それは私の家のことかも(汗)?
それは失礼しました。
女の子はぬいぐるみとか大好きですものね。DNAがそうなっているのか、まわりが買い与えるからか、はてさて?

> それで作られたもので行き先が無いものの行方は・・・
牛乳や野菜が消費不振や豊作で廃棄されるという話を聞きますと、生ものを製造している人々はたいへんだなあとつくづく思います。手塩にかけた作物を捨ててしまった経験のある生産者にとって、期限改ざんやらで消費者を欺いて、上層部だけのうのうといい暮しをしているような輩は許しがたい存在でしょうね。
とはいえ生ものでなくても賞味期限は存在するものですし・・・。
ルノさん  2007年12月10日 21:44
ルノさん、毎度こんにちは!

えとですねぇ、ぬいぐるみを買いあさっていたのは実は私自身ですぅ(汗)。最近は置くスペースがなくなり、殆ど買っていませんけどね。

作物の廃棄は生産者達にとっては身を切られる思いだと思います。しかし輸送コストも出ない状況下では何ともしようがないんでしょうね。

今年は「偽」の文字でした。まさしくルノさんのおっしゃってみえる状況です。一つの事件でそこの社員、取引先などどれだけ直接関係ない人達が迷惑するか考えた事もなく、自己中心的な考えで偽装?そういう発想をすること自体考えられないんですが…利益の為ならやってしまえ!となるのでしょうかねぇ??

そそ、うぅ〜ということは、ぬいぐるみもまた…?
shibaさん  2007年12月12日 22:31
> 実は私自身ですぅ(汗)。
それはまたまた失礼しました。脱固定観念の実践は難しいものです。もしや抱いて寝たり、話しかけたり、とか?

不要なものはあまり古くならないうちにオークションとかで片づけるとよさそうですが、押入れから取り出してみれば歪んでたりして・・・ふう。

人間の本質は「悪」だと思います。何千年もの間、世界中で戦争が絶えなかったという事実からも窺えます。普段のほほんとネットを楽しんでいるわれら小市民も、いざ戦地に駆り出されもしくは住処が戦場となれば、生き残るために敵を殺さなければならないのです。
ルノさん  2007年12月14日 20:47
ルノさん、毎度です!

>抱いて寝たり、話しかけたり、とか?
バレたか…って違います、流石にそこまではしていません、鑑賞?のみですよ。

むいぐるみは…そうなんですかぁ。なんだかもったいないような…近くでしたら是非、お引取りしたいところですが残念です。てんとう虫とかかわいかったんだけどなぁ〜。

最近は特に「お互い様だから」という言葉がなくなりつつあります。全てお金で解決というのは、ある意味さみしい気がします…。
shibaさん  2007年12月17日 00:19
そういえば、てんとう虫のときに、どうしてそんなに?・・・と、マニアックな面を感じました。
それはともあれ、ぬいぐるみは女子ども向き、というのはスカート同様偏見です。かわいいものへの感受性は男性こそ鋭くあるべきというのが私の持論のはずでした・・・。
ルノさん  2007年12月20日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7405120
※宣伝色の強いトラックバックは歓迎されません。
※トラックバックには言及リンクが必要です。

この記事へのトラックバック